スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じ・・・

.04 2012 妄想車物語 comment(2) trackback(0)
春近し なんとなく 暖かく感じ出した

今年は どんなドラマがやって来るのか


久しぶりに更新 妄想車物語 No’12



カーイベント

と あるカーイベント 空冷大集合ミーティング と題された
空冷なら何でもアリ バイクでもクルマでも

その時 知り合った方の 家にお呼ばれした時の話だ


屋敷

緑の中に チョッと落ち着いた感じの豪邸だった

Ari Cools 倶楽部 と言う会長をしている 通称:妖怪爺

影では皆 そう呼んでいた 初老の 紳士だった

色んなクルマに 乗り継いで 色んなドラマを持っている
海外にも その伝手を持つ 生き字引みたいな方と聞く


紅茶


クルマ談義を続けて 何杯目かの どこかの品の良い紅茶を注いでもらった頃

俺は 思ったんだ 数十年 色んなクルマを乗り継いで
一番 自分が良いと感じたクルマは何なんだろうと


爺さんは 一体 どんな事を言うのか 凄く興味が湧いた
なんたって 通称:妖怪爺だもんな よ~し聞いてみよう・・・


あの~ 最後に 一つ質問ですが

アナタが コレはイイ 好きだ そんな感じにさせる
クルマとは どんな感じですか?

今まで沢山の車を乗り継いで来た アナタにとって
どんな雰囲気を持つものに心を奪われるんでしょう?



会長

ん~~~と 言って 数秒沈黙が経つ

妖怪爺が言い出した 話は 予想を超えたモノだった・・・



爺: 君 感じ と言ったな だったら固有名詞は要らんのじゃな
   だったら 良い 答えよう!

   そして君も想像したまえ これから 言葉の遊び見たいなモノをしようか


俺: は・・・はぁ・・・


爺: 大体 人それぞれ感じ方は違うし モノの見方も
   人それぞれじゃしな でも 誰もが 感じれる話で答えてみようか

俺: はぁ お願いします。



私が 良いと感じる クルマとは


駄菓子屋


幼年期に 近所に在る 駄菓子屋で 何時もの


引き糸飴

糸引きくじ飴を 引いて 滅多に当たらぬ 大きい飴が
当たってしまった そんな感じの駄菓子じゃ


俺: はぁ~~?

爺: なんじゃ 判らんのか あの感じ
   何時もの イチゴ飴じゃなく ソレより デカイ飴が
   当たって 嬉しいやら なんかソレじゃないような
   
   いつものイチゴ飴 アレはアレで 旨く いつもの事
   なのだが 当たりは 嬉しいのだが デカイ飴は
   どうなんだろう と あの感じじゃ・・・
   君は駄菓子屋 行った事がないのか?それとも知らん時代か?

俺: イヤ 知ってます その飴も 食ってましたし
   同じ事を やってました ただ 何かピンとこないんです・・・


爺: 君は その当時 どんな感じで そこへ行っていた
   当時を 思い返せばいいんじゃ そして 君の中の
   糸引きくじ飴を当てはめてみればいいんじゃよ

そう言われた 俺は 思い返してみた

駄菓子屋 それは 幼年期の社交場だった 毎日通った そして
今じゃチープなお菓子やオモチャだったが 楽しかった
色んな物が そこには沢山在った・・・

くじ・・・俺なら スーパー・ボールだな

何時も遊んでいたサイズのスーパーボールが何処かに行っちまって
何時もの調子で なにげにくじを引いた時 そうだ 当たっちまったんだ
手のひら一杯の あのデカ玉 透明な中にキラキラ光った何かが入っていた
デカ玉  スゲー嬉しくて 興奮したんだよなぁ・・・

SBくじ



そうだ そいつは 後で困った事にもなっちまった
何時もの様には 扱いきれなかった 弾ませば 倍は弾むし
モノにぶつかれば ぶつかった物は壊れるし
ガラスも何枚か割って しこたま怒られたよなぁ・・・
遊び方は同じなんだけど キャパがなぁ・・・

今は 危ないって事で あのサイズは出回ってない・・・

て 意味が ワカリマセンって・・・


爺: なんじゃ 君は心が貧しい奴だなぁ
   情緒と想像の貧困な奴は 人として貧しい奴になるんじゃぞ!
   
   まぁ ええわい! これから言う事を クルマに置き換え
   君なりに想像して見たまえ



百貨店

歴史と文化がある 百貨店 そのフロアーと各階

シックで落ち着いて 小奇麗なんじゃが 何処か空気が違うじゃろ?


俺: はぁ・・・ 育ちが悪いモンで そんな所
   あまり行った事がないんですが なんとなく判ります
   匂いもなんか 違うんですよね・・・


爺: そう その調子じゃ 想像を広げて

   
百貨店内1

仕立の良い 伝統ブランド品や 

ペルシャ

なにげに並べてある ペルシャ絨毯など

シャンデリア

さりげなく 無造作でも在るが キチンと並べてあるシャンデリア バカラ等
そこには 値札を見なくても 判る あの雰囲気

さぁ クルマを想像してみたまえ 君


俺: ん~ ロールス  ブガッティー マセラッティー等
   メルセデス・・・いや アレは違うなぁ


爺: そう そんな感じじゃ 人それぞれ 浮かぶじゃろう
   その数 そのイメージが 多ければ多いほど
   想像が膨らみ その意味も知ることが出来る

   何も浮かばん奴は 話にもならん 何にも知らんと言う事じゃ
   そいつは駄目じゃ 知識は大事じゃ 知識は心を豊かにする

   知識の無い奴は 想像も出来ないちゅう話じゃ 
   したがって心も貧しいって事になるのじゃ



俺: は・・・はい   どーせ俺 貧しい代表さ 



爺: 話を戻そう 私は そう言う百貨店の様な感じの
   クルマも 数台乗ってきたが アレは違うな

   心を奪われるモノとはチト違う 何処か 心の
   何かの隙間を埋める様なものだったなぁ・・・



俺: はぁ なんとなく ソレは判ります
   立場とか 何かの形としての 一つのステータス見たいなモンですね


爺: そして 一番嫌いな 感じでも在り
   そして多くの人にとって必要な感じでもある


ショッピングモール

ショッピング・モール やデパートの感じじゃ

アレは 私は 事クルマに関しては 一番嫌いじゃ




俺: ん~ 生活の必需品 消費と営利 ディスカウント
   チープなファッション 誰もが手に出来る そして
   絶対的な必需品・・・名ばかりの高級感もある

   今の全ての 国産車にピッタリだな 俺の中じゃ


爺: どーじゃ こんなモノの例えは
   感じ方も 人それぞれ 生きる時代も違うが
   想像の類は 同じ様じゃろう 


と この妖怪爺との時間は あまりにも自分にとって
とっても窮屈で 自分の心の貧しさを突きつけられる様にも感じ
苦痛でもあったのだが 大事な感覚でも在ると気が付かされた


日も暮れ また来ます と 軽い挨拶を交わし そこを出る
妖怪爺は また是非 来なさい と 何やら 俺と話をしていると
凄く楽しいと 言ってくれたんだ・・・

玄関を出て タバコに火を付けた 一服だ


見たもの



爺の話を コノ出来の悪い頭をフル回転で動かした為
残像の様に 残っちまった あの話

なにげに ガレージ前に停まってる アレを見ながら まさかなぁ~


73’カレラ


73’カレラRS アイツが爺の 当たりの駄菓子?

だったら そこは 随分 高価な駄菓子屋だぜ 爺よー!



俺が感じる 当たりの駄菓子

チンクのアバルト? ビアンキのアバルト?いや
あいつ等 ラテン・ブラッドが濃すぎて駄菓子にはならん・・・

クーパーは? いや あの辺は 何処か品がある
大衆車のクセに 何処か 英国紳士の雰囲気が出てるモンなぁ~


なんだろう・・・ヨタ8 エス6 とか ん~~~~



ホンダZ


頭が 変になりそうだな 色んな考えが 浮かんでは消える

リア ハッチが水中メガネと呼ばれた 俺の愛車
コイツで覗いて見れば 何か 見えるかもな と

すでに 頭の中は さっきの話で 一杯になっていた・・・






                            チャンチャン♪


たまには 自分の心と向き合うのも イインじゃないでしょうか
クルマが好き んじゃ どーなんだって 
突き詰めると色んなものが見えて来るはず

そして 答えが出れば また そいつが好きになるんじゃ
ないでしょうかネ!













スポンサーサイト

夏の終わりに

.28 2011 妄想車物語 comment(2) trackback(0)
今月も終わりに 8月 暑かった夏も もうスグ終わる

夏の思い出 沢山作れましたか

今年の夏は 私ぁ~ 何もなかったような・・・

だた 思い出すのは 休日のご帰還時やドライブで
ストリート上で出会う風景や匂い 天候など

過去のあの日の場面を思い出す その時 乗っていたクルマも

思い出が蘇る その瞬間 何時もクルマがある

そんな感じで 妄想物語 第11話 はじまり~・・・







街


生まれたコノ街を離れ 15年ほど経つだろう

中小企業が立ち並ぶ 小さな生産業を生業とした街
地方からの 依頼を受けるのが主流だ

大企業はコノ街には 入っていない

就職はそのまま コノ街の会社に入る事に
そして 街はとても安定している事になる

人口は増える事もないが 減る事もナイ
昔から ずーと 爺さんの時代から変わらない

その代わり 大きな発展もないしBIGなチャンスもない

俺は あるキッカケでコノ街を出て 起業したんだ
そして 今日は 営業契約の為に ココへ来た・・・


XJ6.jpg


ジャガーXJ6シリーズ1 コレが今の愛車だ
3年前 極上なモノに出会っちまって 衝動買いだった

10数年頑張った 自分への褒美のつもりだったし・・・


何故か ブリティッシュ系なクルマ達に惹かれるんだ
自分が心地よく感じる空間や時間は クラシカルな英国風味なんだよなぁ

久しぶりにコノ街にきて 思い出した
昨晩の道中 前を 走っていた あのクルマを見て


夜のミニ

オースチンミニ カントリーマン

免許をとって コイツに乗ったんだ 若き日の思い出のクルマだ
そして コイツと街を捨て 今に至る事になるんだが・・・


先に話した通り 中小企業が立ち並ぶ コノ街にいる限り 
若者にはBIGなチャンスは訪れない

小さな安定が続くコノ街には・・・


しかし 事 アフター5やホリデーになれば
コノ街は 最高な場所になる

四方を海と山で囲われた コノ環境は

夏はマリンスポーツ 冬はウィンタースポーツを満喫出来る
アウトドアスタイルが好きなら 最高なのさ



カントリーマン

そして 俺は コイツを選んだんだ 仲間は馬鹿にしていたが・・・

コイツは1964年 オースチンA型ユニット998ccの4MTだ

もちろんクーラーなど付いていない 
パワーが喰われるのがイヤだったし1300ccでATに変換された
モデルも在ったのだが 俺は嫌った 

世界中で 今でも愛され続けている このクラッシック・MINI
コノ街と 自分のスタイルには ピッタリな相棒だ

オプションの木枠が付いてる所なんて最高さ!
暖か味があるし 

観音扉

リア スペースに道具や荷物を積んで 半径200km位なら
トコトコト道を感じながら 風景を楽しみながら走るのさ


ミニ3


のどかな峠を通って キャンプなんて最高だった

森の木陰が こんなに涼しいなんて クーラーやエアコンを
持たないオカゲで こんな小さな幸せに気が付かせてもらったんだ

冬の峠道だって FFのドライブトレーンでホイールベースも長い為
結構 扱いやすい パワーも無いし 丁度イイ!

コンパクトなコノ ボディだって 街にも良く似合っていた


シグナル

スピードとは無縁なコイツだけど 街のシグナルのタイミングが
変わる時間を感じて走る事が出来るんだ

そんな事だって コイツに乗らなきゃ気が付かなかったかも

何より コイツに乗っている時は 顔がほころんでしまう
楽しいんだ 普通に走ってるだけで・・・



そして あの日 暑い夏 それは今でも鮮明に覚えている

当時付き合っていた 彼女は とび切りのイイ女だった

暑さが続いた 夏のある休日に 暑さを避け 逃避しようとなった


山へ出かけるか 海へ行くかで 迷った二人

俺は避暑地って事で 山へと勧めたが 彼女の出した答えは



海

どーせ 何処へ行っても 暑いのよ 夏だもん!

だったら 思いっ切り 夏を感じましょう

灼熱の浜辺に 青い海よ そう 夏なんだもん!



まったく その通りだ 夏は海なんだ そうなんだ  が

道中の事を考える



内装


人を冷やす機能のカケラも存在しない アイツに
彼女の事を考えれば・・・道中快適性を・・・


よし ヒロシ(友人)のクルマを借りて 出かけようか!
アレなら エアコンだって 荷物だって積めるしな と言うと


なぁ~に 馬鹿なこと言ってるの?
カントリーマンで行くのよ そうしたいでしょ?

え? オマエ 道中死んじゃうぜ 暑くて大変だぞ・・・


なぁ~に言ってんのよ 朝早く出ればイイじゃない
暑くなる前にネ 私 結構アレでトコトコと走るの好きなのよ



俺・・・  まったくだ は 早く出ればイイんだよなぁ・・・



私ね~ 海までの道のりを あのクルマで行くのが好きなのよ
峠を上って そして下って 段々と海に近づくあの風景を
あのクルマなら 楽しいのよ 分かる~♪



彼女は 俺が思い描く全ての気持ちを 迷ってる気持ちも
全ての答えを 先に感じて言葉にする 不思議な女だった

呆気にとられてる 俺を見て


なぁに~ その顔 私の事 変な女だと思ってるんでしょう!


スネルその姿も愛くるしい そしてその感受性も 

オマエはとび切りのイイ女さ! ビックリしただけ
俺が 思う感じる事が オマエも同じだって事がサ~
 


ふ~ん そんじゃそこらの 頭の軽いオネーちゃんとは
一緒にしないでネー! 私は 十分色んなものが見えてますから~~♪


そー言って 彼女は 笑っていた まったく その通りだった





ミニ1


当日 俺達は 早起きをした 日頃の行いがイイのか
快晴の天気だったのだが・・・ それが






ミニ2


街を抜けるまでは まぁ~ そこそこの気温だったんだが

この日は 朝から 暑く  峠を越えた頃には

太陽様が えらく頑張っちまって  そりゃ~ 大変だ・・・

朝 早く起きたことが  無駄な位に・・・




朝から


太陽よ そんなに頑張ると オマエまで溶けてしまうぜ

カントリーマンの中は 灼熱だった EgとミッションOILは
共通だ 熱が中からもやってくる 

隣の彼女を気遣う  大丈夫か もうスグ 海が見えるさ・・・


私は 平気よ~ 丁度いい ダイエットにもなるしネ!
夏らしくて イイじゃない・・・ でもチョッと 暑すぎネ・・・




なんとか 半無事で 海に到着! 真っ先に向かったのは

海の家






ブルーハワイ



その時 飲んだ 350円の ブルー ハワイの美味しさは
今まで生きてきた中で 一番美味しかった 

そう 今だ アレを越えるのもナイ・・・


ミイラになりかけた二人は 水分を補給して 蘇る




青い海




灼熱地獄を味わった 二人には 海の青さと 波打ち際に
やって来る 渇いた潮風さえ 心地よかった


素敵な時間だった  浜の熱さなんて感じないほど・・・







夕暮れの海


アレほど 頑張った太陽も 地平線に沈む時間が来た

空と海を 赤く染める その風景は お金じゃ買えない
その一瞬が その時間だけの出来事だ


彼女と海



彼女は ご満悦だった  赤く染まる海を見て

ついさっきまで あんなに暑かったのがウソみたいネ

やっぱり アレで来て 正解ね だって こんなに
この時間が 素敵に見えるし まだ 暑いんだろけど
私達には 凄く涼しく感じるし







ビーチ


絶景な 夕日を見ながら 俺と彼女を乗せ カントリーマンは走り出す

朝の時間とは うって変わり 心地よい気温に
心地よい風景を感じる事が出来る

彼女は言った


あの道中の 暑さが 今の時間を 凄く素敵に感じさせるのよ

悪い事があるから イイ事を イイって感じさせてくれるんだもんネ




まったく  その通りだ 返す言葉もない・・・





峠の食堂

峠の手前の 食堂で 夕食を食べる 

ココを過ぎれば 暫くは店らしぃモノはない

それに 急いで どんなにアクセルを踏もうが アイツが出せる
スピードには 期待は出来ないし



冷麦


ココでは 夏の定番 冷麦を食べる

コレマタ 絶妙な味わいだった 今の俺達にピッタリの食材だぜ 
あっさりと 水っぽく そして ほんのチョッとしょっぱいし

彼女は言う 今日は 何を食べても 何を飲んでも美味しい日ネ!

はぁ~ん 何でもだと   だったら カレーも食うか?


そんな 馬鹿な話を していた あの暑い夏・・・


夜の峠


店を出て 家路に向かう 腹も膨れ 睡魔もやってきそうだ

帰り道 最後の難所 登りの峠  アクセルを満開に踏むが

スピードは 上がらない・・・ 

ガンバレ カントリーマン! ガンバレ 俺! と

心の中で 必死に叫ぶ 運転に夢中だった



突然 彼女が 叫ぶ 止めて~~~!


と 言われても ココで停めちゃうと 後がキツく・・・ え?







夜空には


峠の 頂上付近  登りの斜面から 正面に見えるのは

滅多に見られない 絶景の夜空の星雲だった 

彼女は 言った


ネー 凄い素敵だよね コレも このクルマのオカゲよ!
トコトコとユックリと走る このクルマだから気が付く瞬間があるの



必死で走ってる 俺には見えなかった部分を
彼女は ユックリと流れる 全ての風景を楽しんでいた

この日 最後のサプライズを 彼女は受け止めたんだ

そして カントリーマンを一番 満喫していたのも彼女だった


コイツは 楽しさを豊かさを 標準装備しているクルマだった・・・


今も 思い出す 暑い夏 あの日の大切な時間

あのクルマと 彼女の事・・・





夜のハイウェイ


契約が無事終わり 今の住んでる街へかえるハイウェイを
ジャガーXJ6の中で 思いにふける


幸せは 長くは続かなかった 彼女が 最後に言った言葉も


最後の言葉


アナタと カントリーマン 凄く毎日が楽しいわ

でも・・・ 楽し過ぎて あしたが(未来)見えなくなるが怖いの・・・




そう言っていたはず  意味は 良く判る

コノ環境の楽しさは 罪だ 忘れてしまう あすの事までも
そして 老いた時に気が付くのかもしれない
夢や手にしたいものがあった事に・・・
小さな幸せを楽しんでいるうちに



彼女が去って 俺も あすの(未来)為に 街を出て
大好きな カントリーマンを手放した

そして 今 ココまで来た オマエは今の俺を見て
どう思うのだろうか・・・


アレから 幾度と恋をしたが どーにもこーにも・・・
上手くは行かないのが 悩みの種でもある



そろそろ あの頃の気分にでも 戻ってみようか

仕事ばかり追いかけてきて チョッと疲れているのかもしれないし





クーパーMk1






数日後 もう一台のクルマがやって来た 




楽しさを標準装備した アイツ




それは ミニ クーパー MK1だった













思い出に残るクルマ達 クルマやバイクと共に人は多くを
感じる事が出来る筈 

ただの乗り物ではない 何かをする為の道具でもない
アナタにも 在るとイイですね 想いを込めたクルマ達
そのモノを感じる瞬間を そして素敵なドラマも



 
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。