スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足音・・・

.06 2013 軽トラでGO! comment(0) trackback(0)
極寒の時期は 過ぎ去り

そろそろ 足音が聞こえてくるかなぁ~ と 思えば まだ 早いか~

しかーし

業務は 進む 輸入物 オリジナル商品の手配 等 年明けから続く

ヨーロッパ勢 ユーザーは 既に 準備万端でオーダー・ご成約が決まり

相方 西Pーも 次回 相棒を購入決定! 頭金を払いに

私ぁ~ 東の国へ 吹雪の中を ヤツを乗っけて 走っていったり

気分は もう スプリング はず カ~~~~ム!


Mt754.jpg


んでもって 輸入タイヤのコイツ MAXXIS MT-754

通称 バックショットの14インチ の話・・・

年明け そうそう  話がある と やって来た あの方


エブリー2

決して 土方のオヤジではない スウィート・ガレージFeelの代表

アホタレ ブッキーだ・・・


ブッキー:おじさん どー コレ デカイしょ! 届く 足? 乗れる?

私:・・・・


エブリー3

ちなみに 車格は1.5tのエルフ君と 同じ位

軽のクセに 生意気な車高だ 確か 軽の全高規格は190cm未満じゃなかったか?
コイツは 違反だろうが えー コラ!

ブッキー: おじさん アンタ どの口で言ってんだ? よく言うわ!


エブリー4

そして サイドシル クリアランスは ペールがスッポリ入る

思えば 10数年前から このコンセプト 多くの人が望んていた

東の国時代 港関係のお客さんや牧場・農家の方など

どーにかならんのか と 相談を受けてたなぁ~

当時は どーにもならんくて タイヤ外形とインチを換え

気持ち程度にやってたんだよなぁ・・・でも タイヤがなぁ~

彼らが望むタイヤがなかった 155/80R13のラリータイヤを付けてた様な


そして時代と共に ボディ形状も変わり

フェンダークリアランスも無くなり 装着不可・・・

それは今も変わらん ますます クソッタレになっていったんだよな~

働く車なのに 全然働けない 

ちょとした不整地で フロントがゴリゴリと

所詮 配達クルマか出前程度のクルマに成り下がったのか と

こいつの 最大の弱点 ライドハイト 低すぎじゃぁ~



海の向うじゃ 結構 楽しんでるのにな 本国じゃ 最低だ

そんな思いで 数十年後 今から 5~6年前

よせばイイのに やっちまったこの企画 今は 全て

アホタレ ブッキーに お任せ そんなかんだで 彼からのオファー

無下には 断れるはずもない・・・



軽トラ


立派な サンダーバード2号を 作り上げ 合法的でシッカリした

リフトUP キットを作り上げ  アンタは アホだ と言われ続けても

完成したのだった。 BUT この装着タイヤは 日本だけの特殊な法では無理ですが・・・



話は変わるが

大体 日本だけなんだよなぁ~ おかしな法がクルマ関係(免許含め)に

在るのはさー とっても先進国とは思えんし 世界基準からは離れすぎだちゅーの

アジア圏でも 飛び切りの 精神貧乏国に なって来たしなぁ

面白くないし 逆に 恥ずかしさを感じる まぁ こんな話は 何時か・・・





しかし シックリ行くタイヤが無かった

ATVタイヤ ラリータイヤ 色々試したんだけど どれも何かなぁ~

普段がダメダメだったんだよな 



そんな訳で コイツを 楽しむ 部品の1つとして 輸入しました

が このタイヤ 4本 8本 など じょぼい数じゃ生産される訳もなく

生産最低本数が ある ・・・・

簡単ではないのだ


納期未定 生産未定 の中から 国内に チョボチョボ入荷した

本数を ちまちま 首を長く待っていても 何時になるか判らんし・・・

ブッキー ついに キレやがって

年明け早々  おじさん! 俺はココまで来たぞ 後はアンタだ と

言わんばかりに・・・



答えは 簡単 強行突破のブッキー  

はい 私ぁ~ 力技行使 し 会社もMAXXIS JAPANも説得し

限りなく最低生産本数に近い数字で 無理しゃりオーダー

多分 イヤ 確実に? 3月末~4月上旬には 入荷する予定です

今回 入荷するタイヤは全て スウィートガレージFeel ブッキーの

商品となります また 軽トラ ハイリフトについて等


 お問い合わせは そちらへ どーぞ!



ちなみに 個人的意見 軽の1BOXより トラック コッチの方が

絶対 面白い 使用用途もカッコも 絵になるし 楽しいもんなぁ~

都心部じゃ こんなコンセプト 判らんかもしれんけど

片田舎なら 便利だよ コレは  

働く車  そう 本当に働いてもらおうじゃねーか!





                                 チャンチャン♫



スポンサーサイト

軽トラでGo! N'o6

.01 2010 軽トラでGO! comment(12) trackback(0)
気が付いたら 既に3月・・・

もうスグ春! ワクワクドキドキの春 
準備準備で すっかり気分は春です 本日は明け方雪だったのに


とまぁ 昨日は ついに来ました デモ・カー試乗会
何回か紹介している この企画 軽トラでGO!

スウィート・ガレージFeelから 例のアノ車

FeelスペシャルエブリーW

検対応 5インチUPの 軽ワゴン エロリーワゴン怪!

ロード・インプレッションをお届けに

ハッキリ言って 最高! コレ軽? 走行性能 リッター・カー以上
コラムAT・ターボとの相性は タイヤサイズ175/80R16でも十分速いし
イヤイヤ 外形デカイ分 はえーよ!

乗り心地 笑っちゃう位 ○です。タイヤが四隅に在る為
ピッチングなんか微塵も感じないし 厚みの在るタイヤは
衝撃を吸収して 逆にリッター・カーが 残念な位

ハッキリ言って ノーマルの軽ワゴン もう 乗れません!

今回は 当グループの若BOSSを交え 彼は200系ハイエース所有
ロード・インプレッションしてもらう

若BOSS曰く 乗り心地 ははは うちのより快適!
全然コッチの方がイイよ 特に後ろなんか!

そーです 軽ワゴン 新企画はコイルですもん


国道をメーター読み50kmで走行 前の100系ハイエースに軽く追いつくし
逆にアクセル緩める位 一体何キロ出てるんだコイツ?
巡航スピードは問題なし アクセル開閉度は逆に少なくなって良いんじゃない

出だしの加速は さすがに175/80R16では・・・ん 私から見れば
ジムニーより全然はえーよ あんな馬車より 十分だ!

まぁ 5インチも上がってりゃ タイヤ外径 選び放題だ

185サイズでOFF SETさえ気にしれば フェンダー内に収まるし
加速や人が乗った時重量加算された時の鈍さはどーにでもなるじゃん!

スライド・ドアのクリアランスは こんなに在るし
道交法・車輌法を 無視すれば 結構イケル!

スライドドアのクリアランス


それより 笑っちまうのが 隣に並んだドライバーの顔
皆さん 二度見! 一瞬疑うんでしょうか 軽が・・・って
十中八九 口を空けるのが 面白い!
ハイエースのおっちゃんは 目が2倍になってた はははは

コーナーリングも 相当安定! そう ノーマルのキャパ超えたタイヤ
サスペンションの長さも良い感じ  何もかも良かった 

軽トラックの利点
重量物は全て 下げて作られている 荷台スペースをとる為に

大げさに言えば レーシング・カーに近い構造 
チョッと上げた位では なぁ~んにも変わらんのよ!

しかも コイツの作り フロント・メンバーDOWN 
リアリーディングDOWNブラッケとで下げてるし ホイールベースは
変わらんのだ! あんな馬車の簡単リフトUPとは比較にならないですな!

FメンバーDOWN


リアリーディングDOWN

まぁ その他 モロモロのパーツを組んで 上げるのだが
デ・チューンには 何もなってません


なんたって 軽自動車 リーズナブルでカスタムは結構簡単
今の軽の装備・・・アリエンな程 豪華じゃん!

フル装備室内

コラムATにオート・エアコン ミラーヒーター パワステ・パワーウィンドウ
リアウィンドウまでとは・・・

リアシート

リア・ヒーターにセンターにドリンクホルダーなんて・・・

同じメーカーのジムニーと純正タイヤサイズ同じなので
 あえて比べれば
残念な位 ジムニーが可哀相です あれは人を乗せて走る車とは呼べません。

私の中では アノ車 日常的になんか使いたくもない
あれは どんなに弄っても 只の山賊車にしかならんもネ~
一人よがりのオナ○ー車 人を乗せて走るには 乗せた人に申し訳ない
乗ってる本人だけが 楽しい・・・こんな感じには使えません!

あっ 一人居た あのヘンタイ家族・・・


昔 嫁に乗車拒否され 家族で出かけるには無理があった 確かに・・・
喜んでいたのは 娘1号だけ 冒険だ~と一人 喜んでた 

そして つるしのノーマルなら
尚更 馬車だ!
誰が なんと言おうと 

昔こんなの在れば  コレなら なんて言ったんだろうなぁ~


若BOSS 俺のハイエースより豪華じゃん・・・
    日常的に考えれば コッチの方が 相当実用的で
    遊び心満載だ  ハイエース・・・無いな もう


私の次期マシーンに比べると 近代兵器と竹やり位の違い
装備が・・・全然ちがうし 用途も違うが 同じ車とは思えんほどだ
コイツは豪華だ

おまけに維持費が 安!税金¥7,200 車検¥5万位から これぞ日本の文化だ

そんでもって こんな弄ったって 低価格でカスタムできちゃうし
コスト・パフォーマンスを考えれば チョッとズルイほどだ!

このカスタム なにも OFFと考える必要は何処にも無い
アナタの使用目的でどーにでもなる レジャー・ビークルですな!
車を使うライフスタイルに幅が広がるのは間違いないです。


エブリーW5インチUP

まったく 想ってた通りの展開と性能で 一家に一台欲しくなる
もっと 早くこんなの 出て来てくれれば うちの家も 家庭円満になってたと思う

今じゃ 娘達も大きくなって 親離れしちまったし
単身5年を迎える 私ぁ~ 準家族に落とされているからなぁ~~~

 こんな車がほしぃと想う気持ちをブッキィーが夢と想いを乗せ 

 これからも 作っていくのでしょう・・・ってな訳ねーよな



彼は アホだ ただ 楽しさの誘惑に負けた 車屋さんなのだ
それが罰ゲームになったとしても・・・ははははは





ちなみに 働く車も 3インチUP車 作ってもらいました

働く車3インチUP


まだまだ 続く ライフ・スタイルの車のカスタム
カッコだけじゃ 飽きちゃうんだよなぁ 

乗り手と共に遊びの中に これからカスタムカーは存在するのでしょう



                           チャンチャン♪



 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。