スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏 休日・・・

.13 2011 お仲間Shop comment(2) trackback(0)
んまぁ~ ブログ放置がつづくこの頃

暑い日が つづいて Corona Extraを引っかけ
気付けばご愁傷の日々・・・

もちろん 業務はややこしいモンがつづいているし・・・

そんなかんだで 愛車のメンテ兼ねて 東の国ご帰還な休日
帰れば 全てクルマ三昧な時間が続くのだった・・・


マセラティツーリズモS


古巣の東の国 グループ会社には ご機嫌なクルマが
マセラティの限定車  フェラーリのV8Egを積むコイツ

マセラティ

聞くところによれば アッチより 良い音するらしぃ・・・

しかしなんだ この国のナンバー どーにかならんのだろうか
リアは諦めるとするが フロントのナンバーなど 最悪じゃ

クルマのデザインを台無しにする しかも漢字が入ってるのが許せん 

コイツを電飾する輩の神経は判らん


なぁ~んか メッチャ アジアンって話だ
コレって(漢字) もしかして日本だけか?

ピニンファリーナのエロいデザインが台無しだ

フロントナンバーは ダサさの極致なこの国
昔から そー思うのだった・・・



ブーツ交換とミッションOIL交換の為
悪友Shopへ 行けば


T-3 1

んまぁ~ 小奇麗なType-3 ファストバックの整備中


T-3 2

何故か ココに 鳥篭に入れられた カラスの子供が

カー・カーと 煩く鳴いている・・・なんじゃコレは

この日 半日 コイツの餌と水等 飼育をやらされる

悪友 生きてる鳥は苦手な様だった・・・(画像なし)


T-3 3


T-3の内装 は とっても綺麗だ
チョッと現代風で コイツはコイツでイイ

何処か 家族でのんびりドライブと そんな気にさせる

この日 納車のコイツは お仲間 エトー君の数台目となるクルマだ

一体 何台所有しているのか 訳判らん様になってきたゾ

納車後 エトーママが ご立腹

ドリンク・ホルダーが無い! って コレには笑っちまった

んじゃ 今月24日 バグ・ピクニックで会いましょう・・・

走り去る リアの姿 なんかイイね~ ファストバックのライン。


リアの姿といえば コイツもイイ


T-1 2

通称 オーバル・ウィンド  この小さなリアから入る
光は 室内を 幻想的で哀愁さえ感じさせるんだ

T-1 1



死角も多いが この味 好きなんだよなぁ
オーバルと言えば 身内の中じゃ ホコさんBUG
数百万かけて 新車になっちまった どーしょうもないオヤジだ・・・


悪友の家には 極上品が隠れていた


スプリットW


通称 スプリット・ウィンド 1950生まれの
超極上品は 生まれたそのままの形を維持していて
コイツは チョッと売るヤツを選ぶんじゃねー?
誰でもイイって話は 出来ねーよ と 勝手に思うのだった

スプリットW 2

私ぁ~ もしかしたら 始めて見るかも ココからの眺めは別格だぜ
リアのデザインも 何処か人の顔にも見える オールドBUGは


イイ味だしてるさ・・・




ちなみにコイツもある意味 イイのだ

T-2 1

TYPE-2 パネルバン

T-2 2

T-2は 窓が多ければ エライ?とされてるが

ん~ 私ぁ~ コイツもアリだ 薄暗い室内はコレマタイイ味してる

クルマを見ただけで その走る姿を妄想する事が出来る
そんなクルマが 欲しいとされる第一条件な私

見てくれだけの 動きを感じない車には 興味は湧かないのだった
そう ライフスタイルの画にならんモンは ただのオブジェって話なのだ




そんな中 コンピューターチューンのシルバラードが

イイ音させてやって来た!

シルバラード 1


ココのBOSS 池田さん登場

なにやらバイクを数台 引き取りにいくらしぃ・・・


極上マッパ


まぁ~綺麗なマッパ750 あり得んほど 生まれたまま

そんな感じで 一体何台持っているのかこの方は

私の中では 所さんなど目じゃない程の 多趣味で
常に面白い感覚を与えてくれる 楽しいオジサンなのだ

嫁との掛け合いは 何時も楽しい まったくマンガを超え
ドラマッチックなリアルな現実を与えてくれる




午後から一時退散 娘2号とお買い物・・・

暑さで窓満開 家に到着事件は起きた

オヤジ・・・窓閉まらん 

あらま・・・ホントだ なんか引っかかってる?

娘2号 ボロイ クルマ乗ってるからよー! と

捨て台詞と共に 家にさっさと行っちまう 娘よ~~~



その日2度目の悪友Shop来店 事なき事をすまし

その日 コレマタ2度目の再会 タケちゃん


タケちゃんBUG


暑さに バテバテな お仲間達は すでにグロッキー気味

立派なスティンガーの直間マフラーのタケちゃんBUG
この音を聞けば この暑苦しい気温を更に上昇させるだろう と


消音機


イヤイヤ 消音機入れたんだモン と タケちゃん・・・


奥の方に見えるのが・・・ 

夕刻時 ご帰還するタケちゃんBUGの音色は

はぁ 確かにチョッとだけ静かになったかも・・・


何にしろ BUG乗り 何処か 頭の中に BUGってるモンがある

空冷 FLAT4 乾いた音と振動が好きなのだが

この日は何故か ソレが はたしてホントに良いのか考えてしまった

まぁ 何はともあれ 短い北の夏 今月は 週末走りまくるのだ

二度と来ない この時間 クルマは何時だって楽しいんだ

飽きる事の無い 仲間たちと空冷サウンドは ご機嫌な
時間を 自分に常に与えてくれるのだった・・・










24日は 昭和新山 しんちゃん 無事に来ておくれ

道南の道を満喫しましょう



                          チャンチャン♪



スポンサーサイト

休日

.07 2011 お仲間Shop comment(5) trackback(0)
昨日は 約一月ぶりの 東の国ご帰還

3月と言えば 卒業や引越し準備等 何かと世間行事がある?

私的事で言えば 娘2号の入学準備だったり 家の修理とか
嫁の車 いきなりEgチェック ランプが点いて 大騒ぎ 等々
なんとも 私ぁ~ 分刻みで行動する羽目だった

まぁ ご帰還したって 家に居る滞在時間 寝る時間を省けば
何時も2~3時間位がいいところなのだ・・・

ご帰還ついでに 私用と営業訪問を取引先に出向く


ブレイク

ここは2年振りに 訪問 ブレイクさん

カスタム系Shopでもあり 板金塗装が得意 そして
何とも 走る魅せる感じる を 楽しむ常連達

うす

代表の ウスは 結婚して なにやら 全体的に大きくなっていた
原因は幸せ太りだ  羨ましいぜ

この日も 若い賑やかな常連組みの為 工場開放中であった

トロフィー


トロフィーの数々 は ボーリング大会でもなくゴルフのコンペでもない
まして プロレス・ボクシングの大会でもナク
走り系 ドレコン系 での結果らしぃ・・・

まぁ 何でもアリって事なのだが この手のイベ トロフィーってのが
私ぁ~ ビンボー臭くて嫌い 失礼だが 車のイベには 似合わないと
何時も感じるのだった・・・もっと カッコイイの在るのだが どーなんだろう



7th


まぁ 何か懐かしい 7thスカイライン・・・
一体どっから持って来たんだい ハイソ・カーと呼んだ時代の車

何だかんだと 話をして ココを後にするのだった

ドリ系極悪塾 若手No1 と馬鹿話 今シーズンもしっかり
楽しんでくだせー 東の国は 相変らず 馬鹿ポクって楽しい








何時も必ず寄る アノShopは


FAT1.jpg

悪友が居るココは やっぱり 皆さんポツラポツラ現れ
馬鹿話が はじまる マジ 面白話の宝庫でもある


なにやら 見た事ある車が・・・


C1500 454ss1

シボレーC-1500  レギュラーキャブ ショートベット だが
只の C-1500ではない


C1500 454SS2

シリーズ最軽量の このピック 454ssの心臓部には
ビックブロック7400ccが乗っている

コレは タケちゃんの愛車  売りに出したようだ
さては タケちゃんBUGに金かけるのかー?
それとも 家族の為の ファミリー・カーか?

数々の悪行を繰り返した コイツは 街中真っ白にしたに違いない
ラインロックを装備しているが そんなもん要らないほどだ


シフター

このシフターを見れば 判る人には判るでしょう



ん~ お金があったら 譲り受けただろうなぁ~
ミクロ家族と呼ばれる 私達なら このシートで家族乗れるし

あ・・・ もう一人居たんだ 娘1号  暫く会っていないなぁ~

なにはともあれ お買い得品ではある 
牙を抜かれた 腑抜けから 暴力的な魅力を求めるのもイインじゃない






ん~ 東の国 お仲間・知人達は 春を感じて
ウズウズしているよーだった  今年も楽しくいきましょ~~~~!




                       チャンチャン♪
















BUG.jpg


片道 約200kmの 道を 何時もご機嫌にさせてくれる
コイツ  今回も 日勝峠は 6合目から アイスバーン

行も帰りも お尻を振りながら 貸切状態の峠を
楽しんで来た


今回は ずーと国道を走ってみた

武川から浜厚真を過ぎ 東港 フェリーの明かりを見ていると
なんだか切なくなってきた・・・

何年も走るこの道 何時まで続くのか 何時までこんな事続けて
いられるのか・・・ なんか 寂しくなってくるぜ


楽しい時間が過ぎた後の 虚しさは なんとも
形容しがたい  この街の明かりは 今だ馴染めない
そして コッチの道が好きになれない・・・















 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。