スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに ジムニーシリーズです!

.21 2008 ジムニーパーツ comment(2) trackback(0)
久しぶりに ジムニー関連の報告

只今 キャンペーン中の ホイール TOP RUNシリーズ
TP ゴールディッシュアルマイト


ゴールディッシュ・アルマイト
16X5.5J +20/+-0 5H 1本価格¥15,120(税込)
コイツは 今現在なら TESTモデル 限定10台分 なんと -20が在ります!!
価格は1本¥17,000(税込)
もちろん 量産未定商品 早い者勝ちです!

TPパールホワイト


スーパー・パールホワイト
16X5.5J +20/+-0 5H 価格は1本¥14,490(税込)
16X5.5J -20 5H 価格は1本¥15,120(税込)

TPチタンシルバー


チタン・シルバー
16X5.5J -20 5H 価格は1本¥15,120(税込)

と・・・ここまでかぁ~ ちなみに オリジナル・カラー ガンメタは
只今 生産開始?なってません 多分3月下旬~4月上旬になるかも…

TPガンメタ


現在は 16X7.0J -35 5H 1本価格¥17,010(税込)
コイツだけが 国内在庫あります・・・

また 3月生産分からは 価格が上がる様で この価格は現状在庫のみ
価格となりますんで ヨロシク~ 新価格は決まり次第 UPします…

なんでも価格が上がっていきますなぁ~ 

そんでもって MAXXIS M8090 クリーピー・クローラーも
1月より イキナリ価格が・・・UPしてます
当社は 昨年在庫分が 全て売り切れ…
もう  値段がUPとなりますワ・・・

700-650-2.jpg

650-16で 1本店頭価格 ¥15,750(税込)
700-16で 1本店頭価格 ¥18,270(税込)

はい・・・もう手が出ません  (泣
何もかも 値上がりしましたぁ~~~~ はぁ~・・・





まぁ そんな中 お仲間ショップ東の国のチューニング内容が
ジムニーでも リッター100馬力オーバーが増え
バイアス・タイヤじゃ 持たなくなってきて 只今 検討中の
このタイヤ 昨シーズン TESTで8本 国内強制入荷させまして
どーやら コイツ なかなか良い!
ちなみに 店頭販売価格は1本¥15,000(税込)程度で考えてます



まぁ 本来 東の国の奴等 軽耐久でリッター150馬力は
当たり前 ぶっ壊れようがどーなろうが そんな事
グズグズ言うヤツは余りいない・・・それより
遅い車に乗るのが 嫌いな車好きが多い
道がそーなっているし 遊んだ後 チンタラ帰ってく事が
我慢できません 四駆乗りにドリフト・ドラッグ・レース
スノー・モービル・モトクロス・ラリー乗りが多いし

女にモテる・速く走れる等なヤツが 金持ってるヤツより
カッコイイのが 男としての基準だった? 今はチョッと違うが…

タイヤ紹介

ラジアル構造で8PRあるが 縦のトラクションが鬼!!
後方 泥爆弾攻撃は確実
横のスライドコントロールは 踏んで止めるって感じです
オマケに強度も在り これからのコンセプトに十分発揮しそう
JB系にもピッタリ 町乗りオフローダーだって
タイヤの減りを気にしなくて良いし 意外と静かだし
なんせ ラジアルってところが大事でしょう
色んなセッティングが試せますし

外形734mm 幅210mm 重さ15.4Kg

FEDERAL COURAGIA M/T
開発はカナダで 販売国は今の所 アメリカ・オーストラリア・ロシア
国内未発表でした。 只今 生産ライン確認中
出来れば 3月中旬までに入荷させたい・・・
COURAGIA-MT.jpg


ロケットの様な加速とコーナーでの踏ん張りは やはり
ラジアルに分が上がり ハイパワーな ジムニー仕様
負けない タイヤでしょう 但し・・・
従来 巷で出てる足のセットじゃ 役不足 やわ過ぎ~~~~

ショート・ホイルベースのジムニーじゃ 足が余りにも
動くと(伸びたり・縮んだり)前には進まない!アクセル踏めない
挙動が安定しない トラクションがかからな~い・・・
まぁ スローな走りやクロカンモーグル程度なら良いんでしょうがねぇ

私も 彼ら(お仲間)も そんなの我慢できません!
アクセル踏めない車なんて クソだ!!
OFFもONも踏めない車は 走りません!
踏ん張りの無い 足なんか役立たずさ!
た~だ動けばイイなんて思ってる あなた
モーグルだけがOFFじゃねーだよ 
常に前進あるのみさ!それも速くね!
だって 待ちきれないんだもん 速くなくちゃ・・・

そーです 何度も言ってますが うちは
四駆屋さんではアリマセン!
只の ストリートあがりの 普通のタイヤ屋です・・・

車は楽しく走れなければ もったいねー
だって・・・動かすのは ドライバー 君自身じゃん!

どんなモン付けようが どんなチューニングしようが
動かすのは あんた! 車は今の所
勝手には走ってくれませんから~ だったら
自分が楽しくなくちゃネ!



スポンサーサイト

新商品 タイヤインプレッション

.20 2008 店舗日記 comment(2) trackback(0)
本日は ダンロップ・ファルケンの 
今シーズン 発売予定スタッドレス体験会なるものに
半強制的に 呼ばれて行ってました…

ダンロップ


んまぁ 久しぶりに パッセンジャーのスタッドレスタイヤを体験してきたが
やはり…氷上性能は向上なんかしません!所詮ゴムが氷に刺さる訳など
ないしなぁ~ グリップレベルは知れてます

12時30分まで集合でしたが しっかり遅れて到着
お馴染み 新千歳モーターランド 特設コース
仲のイイ ココの専務が また 意地悪なコースを作った事は
分かってましたが アイスバーンセクションに 水200リッター撒いて
作った旋廻コースは コンディション最悪でしたな

比較タイヤは 超有名メーカーB社さん 神話が出来てるほど…
私の中では 値段の割には効かないタイヤNo’1

そして従来モデル DSX

今回の主役のタイヤ

共に4WDのAT 現行カローラ3台に装着

遅刻したお陰で 私は最後に連続乗る羽目に

1番目 B社のタイヤ コイツのインプは
見た目通りの性能を示した…あ~~やっぱり
某タイヤ


乗用車のタイヤインプなど かなり久しぶりで コイツ国内で
一番売れている?神話を体験してみたが・・・

マズ スタートのトラクションはアクセルONには全然反応悪く
ブロックパターン通りの空回り アクセルを戻して 雪上に乗って
初めて加速・・・なにやらセンターリングの甘いタイヤじゃん!
約30kmの速度でコーナーに侵入するが・・・思った通り
怒アンダー  アクセルOFFでもグリップは瞬時に戻っては来ない
また アクセルONではトラクションの掛が甘い・・・
よーするに そーっと走れば?イヤ 転がせば許容範囲で素直一般ユーザー向けの素直なタイヤじゃん
大きなスラロームもアクセルの開閉度によっては限界が低く
トラクションを掛けてはイケマセン・・・
ただし 路面に乗せて走ってる分には 非常に素直なタイヤなんですなぁ~
驚きは アイスバーンでのブレーキ性能!
まぁ 時速20kmからの直線的フルブレーキは 一番安心感
このサイドウォール剛性の硬さで良く効くなぁ~と思ってたら
忘れてました 発砲ゴムだった ジヮっと広がるように
多分ブロック全体だけがつぶれて このパターンの良さ 接地面が広い!
為 大きな抵抗を生む? 最後の停止する時の速度ではイイ仕事するでしょうな 
ただ・・・オーバースピードからのブレーキングには
車重の関係も在るが 効きはしないでしょうネ 下は氷だもん!
また 氷上旋廻性能は・・・答えたくも無い コイツ何にも反応しません!優しくそーと転がしてやって下さいしか言えません…

最後は狭いスラローム 圧雪5cm程のコースは・・・・
最悪 スピード状況によりますが 性格上このパターン
積極的にトラクションを掛ける行為には不向き コントロールが
しづらい… ハンドル切る初期動作にはリニア感が在るが・・・
後は地面の雪と一緒にタイヤもズレルって・・・どーなの
相変わらず 突然 裏切るタイヤって感じでしたなぁ~
でも 一般的な乗り方してれば 一番安心かもね ただ 私ぁ~
遅刻してしまう・・・そんなタイヤレベルでしょう 神話崩壊?

続いて・・・って長い  一気に新商品
画像を撮ったら駄目なんで こんな感じ
FK.jpg

DL2.jpg

ファルケンとダンロップの現行モデルを合わした感じ
サイプは変わっていて波上ではなかった
また ショルダーとセンターブロックの剛性を上げ セカンドブロックを
軟くしたらしく 縦のトラクションに優れていました

30kmのコーナー進入では 出口でアンダーが出ましたが
アクセルOFFでグリップの戻りも速く 直ぐにアクセルON
圧雪でのトラクション・ブレーキ性能も このスピードでは
とても扱いやすく リニアにアクセルに反応しますな
オーバースピードでスラロームを走っても アクセルの開閉度で
トラクションの反応がイイです ん~ 56-Rぽいかも・・・

アイスバーンは…ははは 止まりません!B社さんほど効きませんが
旋廻性能は こちらの方がマシ ちゃんとトラクション掛かりました
まぁ 今回は一般的な乗り方で 色んな事はご法度でしたんで・・・
サイプも変わってました これからの主流に?
アクセルレスポンスに反応が速く 圧雪路面では イイ感じでして
DSXが出来の悪いタイヤに思えるほど 性能はUPしてますな!

今回は 久しぶりにタイヤ屋さん見たい事してきましたが
このタイヤ 初心者より上の方なら 間違いなく
コントロール性に長けたタイヤなのでおススメできます
今年の9月発売な筈 
後はY社さんもモデルチェンジです

ユーザーの皆さん スタッドレスタイヤは 氷上では
思ってるほど効きませんので くれぐれも過信しないで下さいネ

私ぁ~ ちなみに 四駆なら MUDでしなやかなコンパウンドの
タイヤの方が安心だ… スタッドレスが怖い・・・
今回はスタッド履きましたが ひじょーに怖い・・・やっぱ変かなぁ?
今シーズンは GY MT-Rにとは思ってるんですがネェ~
どーなんだろう・・・・

何故か笑える ポルシェ928GTS

.19 2008 車暦と気になる車達 comment(0) trackback(0)
数年前の話

まだ 私ぁ~東の国 タイヤショップの店長時代だった頃
TIS(十勝スピードウェイ)で何年かおこなわれた
インポートカー フェスティバルがあった…

この辺じゃ見たこと無い フェラーリ達やポルシェ等この日は よく見かけたなぁ

ある日 やって来たのは 確か…旭川?岩見沢?の
ポルシェ928GTSの方・・・
928正面


コイツは ポルシェの中でも あるユーザー達には異端児扱い…
フロント・ミッドに水冷V8 DOHC32バルブを積み
GTS最終モデルは確か 5.4リッター350psで
全長 4、500mmオーバー幅1,800オーバー
車重1.6tオーバーの大柄ボディのFR

それでも 私ぁ~ポルシェの中では好きな部類
924や944より コイツがイイ なんたって
お尻が超SEXY!!
リアビュー


車も女性も 私の場合 お尻が全てです!ラインが綺麗なものは
ドキドキしちゃいますな・・・

このコンセプト 911から更に進化して行こうとした
ポルシェ社の移行とは逆に RRポルシェ信者にとって
逆に火をつける形になったんじゃ… FRポルシェはボクスターのみ
になって 928は終焉・・・ 車としては最高なパッケージ
思いますが 言っちゃ悪いが そこらの国産VIPより
車として豪華です。走る 曲がる 止まる 
基本性能も高く 高速クルージングからサーキットまで行けちゃう
元祖ラグジュアリースポーツでしょうな
しかし欠点も在るが セキュリティーが過敏過ぎ チョッとした事で
動かなくなるし 部品も高い・・・が
 
そろそろ 皆気が付けよなぁ~ 車って事に… 動く じゃなく
走る だろぅが・・・ まぁ 人それぞれなんだが・・・

まぁ 何しにきたかと言えば この方 毎年TISに参加なされ
フェラーリV8勢に負けるのが 我慢ならんらしく・・・
旧モデルのSタイヤを買いに (当時YH・DL等 持ってました)
直線ではコチラが速いんだが コーナーでヤラレルらしく
少しでもグリップを高めたいんだ~よ~っと言ってましたなぁ~

なにを 言っても仕方が無い 向こうは幾らスモールフェラーリと言われても
ミッドシップの本格派スポーツカー コーナーで遅ければ意味が無い・・・
逆にV8の分レスポンスが良いんじゃないかって言われるほどじゃん…

ポルシェ928…確かに十分スポーツカーではあるが…
どちらかと言えばグランド・ツーリスモ的な大人のスポーツ系…
内装だって
928内装


豪華装備 このT字型 後の国産車 皆手本にしてましたなぁ
まぁ Sタイヤは購入して行きましたが どーなったんでしょう?

この頃から ポルシェ系がチョクチョクやって来ましたなぁ
カレラ2 カレラ4などなど・・・排気バンク出口はいただけない…
左タイヤ 老化促進しますなRRの方は 何はともあれ
店に来たポルシェ乗り全員 かなり逝ってましたなぁ今思えば…


そんな中 やはりコイツラも数台はやって来てた
308GTB.jpg

308GTB
F355.jpg

F355等・・・ 
君達 何で?うちみたいな所で???ロータス・エリーゼ数台
スーパー・セブン数台 MG-Bなレトロな方や
ミニは多かったなぁ・・・何故か クーパーMrk1なんて
オーナー知らないで乗ってたり…結構 楽しかったのを思い出します。

私ぁ~ 基本的に車は嫌いなので 何とも思わないが
フェラーリ乗るんだったら やっぱコイツの方がズ~ッと
カッコイイ!!

アルファ・ロメオSZ 
SZ


コイツは一度乗ってみたい 気に入れば購入だって…
sz-int[1]


どう考えても ほしぃ・・・ 見てるだけで 思わず笑っちゃいます
SZ.jpg


私の中では あり得ないデザインです 厳つくて ステキだ~!!


え? なんだ・・・このオープンカー

.13 2008 車暦と気になる車達 comment(8) trackback(0)
そう それは まだ若かった頃

何時もの峠をドライブしてた時

なんだ?小っちゃいオープンが100m程前を
ヒラリ~ヒラリ~とコーナーを抜けていく・・・

ナビの友人は なんだ?あの軽快さは・・・

初めて走っている所を見たロータス・エランだった・・・

エラン2


乾いた音が心地よく その後方を暫く走ると・・・
何時もの展望台に入って行く・・・

扇ヶ原駐車場

画像は最近のモノで 当時とは違うが↑

もちろん つられて 私等も入って行くが
ドライバーは イイおっちゃんだ・・・

ちなみにココの展望台 扇ヶ原展望台 十勝平野が一望できますが
扇が原展望台

夜になると霧が濃く 隣に止まってる車 見えない程です
まぁ 私等は ソレをイイ事に 若い頃は得意のカー○EXをしてましたが・・・

ドライバーさんに お車拝見させてもらおうと・・・車を降りたが
おっちゃん 目を合わした瞬間 ダッシュでトイレに行っちゃいました。

まぁ 私等 当時 どっからみても好青年には見られない格好・・・
仕方ないので 盗み見して ドライバーを待つが・・・

エラン室内


おお!このメカニカルな事 ウッドパネルだってモノホンじゃん!
イイねェ~ スウィッチ類も  ドアノブってこれ?
お~折れそうなシフトノブも味が合ってイイ~
亡きチャップマンおっちゃんが 手軽で本気なライト・ウェイトスポーツを
この世に出し成功を収めた このエラン・・・
FRPボディーで軽量化 フォードのOHCをロータスがツウィンカム化して
Egパワーで走るより 軽快な性能をいつでも出せる仕様で・・・ん~
乗ってみたい  が おっちゃん戻らず・・・

友人は 趣味じゃなく ただ笑って ボロ~ こんなの壊れておしまいだ
速くもなさそうじゃん さっさと 行こうぜ! 

はぁ~ ロマンの欠片も無いヤツだ・・・ 私ぁ~これにて
乗るチャンスは無くなった っと勝手に思って そこを後にした・・・

ここのコース 私ぁ~免許獲ってからズ~ッと走ってます
鹿追から この展望台を上がって然別湖に
鹿追から

この直線 昔のクソ餓鬼は全開 ドラッグの練習等してました・・・

湖畔の周りは 道が細く
然別湖畔峠


ライトウェイトの独断場 だが 糠平湖から上士幌は道も広く
ワインディングも少なく ハイパワー勢の独断場
途中三国峠にも行けますし 当時は楽しかったが・・・

ある夜 この友人と2台で走っていた頃
峠の途中で 2人で立ちション

湖畔の方を見ていると・・・なにやら白い物体が水面上
走って こっちに向かってくる様な???
然別湖湖畔


後ろで用をたしてる 友人を振り返ると ヤツも気付いた様で
イキナリ ダ~ッシュ!!

え? マジ? ほんと? お・・おまえ まだ・・・何も言ってないじゃん・・・
チョッと 待てよ・・・先に何も言わず 逃げるとは・・・私ぁ~まだ出てるんだよぉ~

そんなの かまってられません! 友人が 何も言わず逃げた事により
確信に変わった  2台は糠平温泉街まで全開で走っていった。

多分 その時が私にとって そこの最速記録だっただろう・・・

温泉街に着くと 先に逃げた友人 缶コーヒーを飲んで待っていた。
私ぁ~そいつに向かって ひで~な!オマエ先に逃げて
何か言えよなぁ~!

友人が口を開いて言った事 出てるぞ!

私   出てる?何?出たぞだろ? 見ただろうアレ・・・

友人  もちろん見たさ!何でもいいけど チン○ンしまえよ!
     みっともないぞ! ズボンも濡れてるし・・・

私   目が点  あっ・・・余りにビビッてそのまま逃げたまんまだった

二度と夜には走らなくなったのは言うまでもない・・・
ココは観光名所だが 色んな話があって 私ぁ この後
絶対夜には走らなかったとさ・・・・

その後 この友人 おネーちゃん達と
夜にこの峠に行って お車お亡くなり
脇から落ちて 菱形に変形!!
怪我は誰もしなかった様だが・・・

だろ~ 夜には行くなって!!





オープンカーとの関係は・・・

.09 2008 車暦と気になる車達 comment(0) trackback(0)
前回オープン・カーの続き・・・

コイツとは約4年チョイのお付き合いが始まる
車と人間の付き合いを こんなヤツから学ぶとは
夢にも思わなかった・・・この後 私ぁ~車の趣味
すっかり変わってしまった そう 価値観さえも・・・

ビート2


室内ビート


まぁ 事の始まりは 一度は乗ってみたかったオープンボディ
ライト・ウェイトスポーツを違う形で満喫してみたかった が・・・

ホンダ・ビート そう 試乗走行をして 私と嫁が気に入ったのは
レブリミット8000回転オーバーまでキッチリ回り
軽快なフットワーク このボディーサイズの割には優れた安定感
なにより ウィンドスクリーンのみの開放感マジ感激!!
不安は 燃料タンク容量だけ なぁ~んて軽い考えだったが・・・

人が乗れないとか物が積めない等 ほざいてた うちの嫁が
一番気に入ってしまった!これが 唯一の誤算だったのは
今だ不思議ではある・・・ほぼ所有期間 嫁の車になってしまうとは・・・

意外なイメージとのギャップ
1131523000[1]


昔見た お友達トシちゃんが彼女と海へ行くシーンを
嫁と一緒に走るが・・・確かに開放的だが ん・・・・
妙にべた着く 塩の混じった風 夏の季節なんだが
寒いんだか暑いんだか・・・日差しが暑く 風が冷たい
腹を冷やして 下痢になる・・・ココ十勝には 環境的に
似合わないのか? まぁ 黄金道路トンネルワインディング3速4速
全開は最高だったが もちろん嫁は超不機嫌!
 殺す気かアンタは!!
海って以外に最悪でした ベタベタして気持ち悪い・・・
マイアミとかカリフォルニアあたりの湿気の少ない所なら
イイのかもネ 行った事ネーけど・・・

ストリートでは 超最悪 なんたってコイツは小さい!
トラック・バスなど ディーゼル車の黒鉛攻撃には
一番参った・・・
敵

一生ディーゼルには乗らないと誓った筈なんだが・・・
環境にも気を使い出す 始末 禁煙したのもこの頃
空気が 汚い所ではオープンはイカンです 鼻の穴から
顔まで真っ黒になります 良くカッコ付けて街を
走っている輩がいますが 只のアホです 汚いだけだぜ!!

そんじゃ 夜のワインディングは?
はい シンドイ・・・寒い 虫攻撃 ライトに集まり
後方から巻き込む風に乗り 室内に蛾の群れ等・・・
ただ・・・スゲーロマンチックなのは(私には似合わないが)

夜のワイディング


夜空がこんなに綺麗だったとは・・・星が落ちてきそうなくらい・・・
夜空


まぁ 私の場合は年に数回しか こんな風景見れませんでしたが・・・
ほとんど霧とか・・・曇りとか そんな時考えることは
謎の円盤UFOのワンシーンが浮かんで 怖くなって帰って行きますな・・・

一番の敵はコイツ 生物の源なんだが・・・
太陽


この太陽光線は かなりヤラレマス!特にレザーや
ビニールレザーのシートの場合 背中に汗疹
間違いなし 日射病・脱水症状も覚悟!
黒系の服は 昔 アリを虫眼鏡で焼き殺した様な状態でしょう
夏の昼間は 気をつけろ!ただ 木陰がこんなに
涼しいなんて・・・と 小さな幸せを感じる事も出来ますな

ほんじゃ 早朝 空気の綺麗な農道なら と考えた私ぁ~
やはり ヤラレマシタ!! 意外な落とし穴 マジかよ~~
農薬散布

この煙が・・・道路一杯に もちろん 息を止めて 走る・・・
この頃から 不運がつきまとう・・・

まぁ 結論から言えば 車として決して快適では無いが
それを超えて ドライバーとして人として地球の地上を走る
乗り物として最高な瞬間が 年に数回体験できた
これは フルオープンでなきゃ味わえない瞬間でもアリ
人と車の関係 素敵な?カーライフとは これか?
なぁ~んて 思える瞬間に出会えた事を 次回 お伝えします・・・

これを きっかけに 私ぁ~普通乗用車?に
乗らなくなった おまけに興味も無くなった・・・ははは 

初代カリーナ・・・

.04 2008 車暦と気になる車達 comment(0) trackback(0)
それは 足のイイやつ 

千葉真一さんがキャラクターだった?

私の無免許時代の話・・・

初代カリーナ


高校も3年になる冬の季節  当時の親友(高校中退)職場の
先輩のお車・・・ 街を流し ネーちゃんをナンパ 毎晩遊んでました。

このカリーナ 後にノーサスに変身 先輩はローレルSGXを
購入する・・・ 高校生活最後の一年は
親友と先輩とで このカリーナで終わった・・・

カタログ


この車 姉妹車 セリカと人気を分けていた・・・

カリーナHTにはGTもあり 心臓は トヨタの名機 2T-G
積んだモデルもあったが 先輩のはSRだったはず・・・

コイツは 私の中ではセリカ君よりメカニカル的に
好きでした リアの足がこっちの方が先進的だったが
ノーサスになっちゃうと・・・皆同じ~

内装は 以外にスパルタン このブログお馴染み
6連メーター装備
カリーナ内装


私がハコ車が好きな理由は 多分 コイツの名残か・・・

先輩仕事で居ない時 よく コイツを黙ってお借りして
親友が仕事をサボり 私ぁ~学校をサボり 街へ流しに・・・
そのころ 私等はがかなりハッピーでして・・・
箱乗り しながら街を 昼間から流して遊んでましたなぁ

なんたって カリーナをノーサスにするとダルマセリカと同じ様に
超ペッタンコ・・・かなり胃がヤラレマシタなぁ

まぁ チョッと目立つお車程度でしたが ある夕暮れ時の
真冬の街の中 ナンパも上手くいかず 面白くないので
ハコノリしながら暴れていたところ・・・路線バスが突然出てきた
もちろん無免許な親友だが 滑る路面もなんのその!
かわしながらアクセルON!! ハコノリの私ぁ~
ロデオ状態 街のど真ん中で綺麗に半回転
反対車線 ガードレール脇にピッタリと着ける!
まるで 昔のジェミニのCMの様だった・・・が

ガードレール脇の除雪の雪にはまり・・・空周りで亀の子状態

親友が焦る・・・早く出て押せよ!! ・・・開かねーんだよ!!
ピッタリ助手席ドアガードレールに阻まれてました・・・

まぁ すったもんだしてるうちに 見ていた後輩がやって来て

かっこいかったスッネェ~スピンターンなんて!

ば~か言ってんじゃネーよ ホントにスピンしたんだよ
イイから早く押せー!!
 
そうです 私等 免許が無い!
こんな 情けない格好で捕まりたくはねェ~よ・・・

そうそう 先輩とナンパしてた時も・・・
スゲー マイクロミニのネーちゃんが歩いてました・・・
当時は珍しかった為 

スゲー ミニじゃん!!見えそー なんてほざいてたら・・・

先輩までも釘付けで ドン!!

タクシー・・・止まってんじゃん・・・ オカマをほっちゃいました。


こんな事も ノーサス・ペッタンコ! 久しぶりにナンパ大成功!!

なかなか顔も可愛く・・・揺れる下心だったが

余りにもお車 跳ねる為 女の子・・・ゲロを吐く

あ~ 車って ホント楽しい乗り物ですなぁ~
色々なスタイルやドラマがあって  えっ?
あなたは 無い・・・の

それは あなたが 本当に車を楽しんで無いからじゃ なぁい?・・・

本日は・・・十勝のお仲間達 その1

.04 2008 お仲間Shop comment(2) trackback(0)
本日は 東の国で配達・集金・営業?でした・・・

ほとんど仕事がらみで プライベートタイムなんぞ
ありません・・・

昨日 店が終わり 洗濯してから ご帰還・・・
久しぶりに家に帰ったら 家族が暖かく迎えてくれたのは
良いが・・・あまりにもココの土地は冷たい・・・相変わらず
寒い極寒状態だ。

午前11時をまわった頃 連絡を入れ
配達・集金をした場所はココ
看板ブレス


すでにお馴染みとなった お仲間Shop ガレージ・ブレス!
ココには共通な 友人・知人・お客さんが・・・
共に時代は違うが 元 ストリート(車)あがりの
ファイターです 走っていた場所も一緒・・・

本人は板金屋だと言ってはいるが?
商品ラインナップは これだ・・・
ブレス商品


タービン


ショック


ジムニーが今は主流でイジッテいるが 本当は 走り屋仕様
メインだろうによー だから 今は ユーヤ(代表)と私 そして
スナップ・○ンの吉田さんで 笑っちゃうほど OFFもONも
走るジムニーのセッティングやマッチングを試行錯誤でやっています。

ピットの中には 昨年からココにある 化け物ジムニーが・・・
こいつは ある意味 新車以上に新車なジムニーの幌車
板金スペシャリスト 釧路のお仲間ミドちゃんが手を掛け
オーナー怒ヘンタイきよちゃん・・・ユーヤがEg
手がけているが いつ走るんだ??
モンスター


そんな事で 本日は もう一軒のお仲間Shopへ一緒に
お出かけしに・・・いつの間にか お引越し していた。

おおお デカ・・・
そう 走り専門?板金屋?中古車屋?
スタッフ全員 怒ヘンタイじゃん 常連客も・・・
ココは若い世代の(私にすれば)怒ヘンタイ走り屋
ブレイク店舗


ココには昔馴染みの馬鹿野郎達のお車やうちの常連ジムニーさんとか
スペシャルな板金加工を待っている・・・

TUN.jpg


ドリフトでお馴染みのプロレスラーTUNのS-14

ジムニー


逆付け仕様の前回ジムドレ・チャンプのジムニーとか・・・

部品を持って今回は お邪魔してきた。

ここブレイクは 自社板金設備を持つ中古車販売店
スタッフ・関係者・代表も走り専門現役でもある・・・

ある意味 病気な車好きでもあり ドレコン仕様もお手の物・・・
ドリフト・ストリート・ドラッグ 何でもアリです。

そんな代表 うす は 今日も
流していた・・・
うす


まぁ そんなかんだで お久しぶりに 顔を出しに?行き
そろそろ私は 苫小牧に向けご帰還の時間だが・・・

愛車 巡航ミサイル仕様のテラ蔵君 どーやら
いい加減マフラーがヤバく 低速トルクが無い
緊急処理でアルミテープ補修をする事にブレスに戻る

ユーヤがバンドと薄い鉄板ブラケットを作って
私ぁ~アルミテープ補修をもぐってしてました

そんな時 峠を越える私の為に
気のイイ ユーヤがウォッシャー液補充してくれました。
補修完了!全開で苫小牧ご帰還出来ますな・・・

家に戻り 節分の鬼役をすませ 食料を補充し
苫小牧に向け出発!!
日勝峠 清水側から日高側6合目まで
吹雪・・・エンカル撒き撒きビショビショ路面でした ここで事件!
フロントウィンドウ真っ白でウォッシャー液 噴射!噴射!・・・・アレ でない? 凍った? もう一度
噴射! 試しにライト用ウォッシャー噴射!
シャ~~~~!で、でる・・・・
ユーヤ オマエ・・・ウィンドウォッシャータンクと
ライトウォッシャータンク 間違えてるぞ!泣・・・・・・・・

そして道の駅 日高のセーコマで補充・・・だが
ここから先は完全ドライで 必要なし!

まぁ 本日 道も空いてて トルクも戻って
ご帰還タイム 2時間15分 冬でこのタイム
まぁ いいかぁ チャンチャン♪

プロジェクト ORANGE!

.01 2008 軽トラでGO! comment(4) trackback(0)
ただ今 進行中の この企画・・・

軽トラ ハイリフトで OFFを走りたい~!

まぁ ローラーライダーが巷では流行っていますが
私達 北の国軍団 しかも ここは海沿い
浜・山を コイツで走りたい しかも ジムニーばりに・・・

候補に上がった車両は この2台!!

キャリートラック


スズキキャリートラック!!
ミニキャブ


ミニキャブトラック!!
どちらも 価格が安くて 元の車高が上がってるモデル
フロントの足の加工がやり易そう・・・その他 パワーUPが
他車の流用パーツが付くし
現に2インチUP仕様のキットは存在してるし
まぁ 私等は3インチ以上のUPを予定・・・

OFFだけ考えれば こんなタイヤを使用する予定

4本SET


外形は195/65R15・195/70R14と同じ位 639mmで
ホイールは衝撃に強い8スポーク12X4.5J OFF SET+35に
30mmワイトレを付け バーフェン仕様!!
ドア下・バンパーの加工は必要と思われるが
リアに関しては 楽勝でしょう!

なんせジムニーばりには 走ってみたいので 壊れない様に
フロントは 足延長キットを作る 縮みは要らないので
リアの伸びをチョッとだけと・・・

もちろんこのタイヤ 公道は走れませんが・・・
公道使用禁止


簡単な事 軽トラだもん現地に行って タイヤ交換!後ろの荷台によっこらしょ!
リアの荷重も取れるし 普段は普通のラジアルタイヤ仕様
快適走行 もちろん 14インチから15インチまで選び放題!!
バンパーも ムシキング見たいに ダウンヒルで前転防止仕様を・・・

実は もう お車決定しています。 このカスタム 果たして巧く逝くのか?
徐々にUPして行きます。また 巧く行けば もちろん OFFの競技にも
挑戦して行きます。 なんたって うちは タイヤショップ ORANGE!だもん・・・

ちなみに タイヤは ATV用(過去の記事参照)です。

私ぁ~ ローライダーの方が欲しいんですが・・・この歳じゃ 恥ずかしい 

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。