スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカ タイヤは・・・

.28 2009 店舗日記 comment(0) trackback(0)
8月も あと少しで 終了

思えば 今シーズン 北の国 夏らしい 夏が少なかった・・・

そんなこと言ってるうちに 車に優しい季節 秋になっていくのかぁ

相変わらず お店は 商材 準備・準備で忙しい また・・・こんな物も

2SET

南の国から やって来た 中古タイヤなんだが

こいつ等  うすらデカイ! 18.5X44-15 のグランドホグ 9分山
19.5X44-16.5 の ボガー 9分山 ・・・・

どんだけデカイかと言うと  丁度 遊びに来ていた? スターワゴンで
お客さんが 悪戯して パシャリと・・・・ やるのはイインだけど

きどっち

アナタ・・・こんな事してる場合じゃ~ないでしょうが!
それに

片付けるの大変なんだよ・・・

グランドホグ18.5 44 15

このタイヤを見ると 昔を思い出します  
東の国時代 お仲間 履いてましたなぁ~ ココまでデカクは無かったが
パワーが足りなくて カタツムリ追加したり 今は無き四駆ランドで
バシバシ 堀まくってた記憶を・・・・

ボガー

ボガーは そう イザって時にはコイツ! ガンガン 地球をぶっ壊すように
地面を破壊! そんでもって 突き進むが いざスタックしても
他が行けない場所まで言っちゃうんで 救助が大変・・・
駆動系にも 余り優しくなかった バッキィーン!って よく鳴ってましたなぁ

デカくて 喰うタイヤ 一つの方法なんですが やはり 駆動系強化
EgのトルクUPは必需でしょう でないと 本当の良さなんて味わえない・・・
まぁ 当時 そんな事もあまり考えちゃ~いなかったんですがネ
そうそう 楽しければ 全てOKな バカなノリでしたから


そんなかんだで デカタイヤ 一瞬で売り切れでした
はぁ~良かった  
コレ 毎日 出したり仕舞ったり大変だぁ~っと
思ってたんで・・・助かった ホント・・・


現在は デカタイヤの流行は やはり ドレスUP系の20インチ オーバーに
変わってきたか?

20インチAW

ピカピカなクローム または カラーホイールで決め
MUDブロックの カッコイイタイヤで ドレッシーに街乗り系も多いねぇ~

20インチSET


まぁ どんなモンが流行ろうが  私等・・・あまり デカタイヤは
やりたくネー! です  だって・・・・ 私も新人君も



体のキャパが・・・・

ハリフト四駆なんて 嫌いだい・・・


                             チャンチャン♪


スポンサーサイト

久しぶりの 白老サーキット D-1 N’o2

.25 2009 イベント・競技 comment(0) trackback(0)
つづき


波乱の予感

なぁ~にやら 怪しい雲行きになってきた 予選2回戦

前回登場の 福原君から 貰った ドリンクが・・・

福原君3

蓋を開けた瞬間・・・ 全開噴射!!

そりゃ~もう ビショビショ ベタベタ で 撮影どころじゃ あ~りません!
すっかり 彼に ヤラレタ~  と 思っていたら 案の定 が 彼にも・・・

福原君1

福原君 今回 マズマズの走りで 気分が良かったようで

福原君4

な なんと 2コーナー OUT一杯で立ち上がり前・・・
リア右足 骨折~~~ あのさ~ 普通 右コーナー 左足に負荷掛かるのに
なんで そーなるの? ははは 罰だ 罰! ってことで リタイヤ終了 
その後 手がベタベタで 服も気持ち悪く 撮影に身が入らず・・・
新品のデジカメ触るのも 勿体無いし・・・


とまぁ この日のレースと一緒 なんだか グタグタな展開ではあった・・・

ちなみに 近所のお仲間Shop オートR連中は

みっちゃん予選前

みっちゃん 前日までお車弄りで ぶっつけ出場 ちゃ~んと予選1回目までは

予選前の小野君

小野君 既に 練習走行で 足回りやっつけたようですが・・・なんとか

お気に入りのニスモのホイールは 破壊・・・ トホホ・・・

1コーナーのみっち

ここで 予選を見ている限り 私的に 超カッコ良かったのは この三名

みっちゃん と 小野君 そして 画像が 撮れなかった 保科君だったか?

1コーナーから2コーナーまで 飛ばして進入してたのは・・・

小野君1コーナー

まったく 次元が違う     イイとか悪い では無く ドライバーとして カッコイイ!
あそこから 2コーナー出口まで 踏みながらコントロールしようとする
そのスピリッツが イカシテます どんな車も 乗り手次第
車をコントロールするのは ドライバー 人 だって事に 改めて 気が付く

小野君2コーナー侵入


どんなに 車の性能が上がろうが 良い物付けたって 車は
人が 操るもので 乗りこなす物だって スッごく感じます

そんな 彼等を 昔から応援してると なんか・・・ 

最近多い 色んな意味で やれ車が・・・タイヤが・・・Egが・・・足回りが・・・
ただ単に あーでもない こーでもない 勝った負けた なぁ~んて言ってる
競技なんか どーでもイイ様に思えてきますし 係わりたくもなくなりましたな
つまらんし伝わらないし 共感も出来ない 楽しさがわからない

それに比べ この競技 昔から
そう いい歳こいて こんなの続けているのは ココにきっと
マシーンを 自分の手足のように操る ドライバー としての
コントロール パフォーマンスが本能として 残っているからでしょうなぁ
そして
俺を見ろ~!! の 自己主張!

現に この日 マトモな状態じゃない車(既になんか壊れている)で
思い切り頑張って 踏んで コントロールしながら 
勝ち上がって行く方 感動するコーナーリングを見せる方 
ギリギリまで踏ん張って ぶっ飛んじゃった方 など
そのドライバーズ スピリッツは ハンパじゃなく カッコイイ!
誰もが 行くしかナイ~~って 感じで最高だよ

車を楽しむ上で 彼等は メカニカルな部分を 理解し そして
自分の走りに合わせカスタムしたり 征服しながら 
何時までも 走り続けるのでしょう そして 必ず ドラマチックで
HOTでPOPで 楽しくなります そう パフォーマンスは
人が起こすもので 車だけ良くたって どーにもナリマセンってネ!

                              チャンチャン♪


番外編

素敵な切れ角みっちぃー

切れ角のカッコイイ みっちゃん 実は 予選2回目の1本目失敗!
そして2本目  1コーナー出口 地獄のOUT側の餌食!
まさかの クラ~ッシュ!

こともあろうに 上で行われていた 四駆競技トライアングルを終え
見学に来ていた
お仲間 たいぞー君の腕を 黒い剥がれたアスファルトがかすめ!
隣に居た 新人君の 頭 ゴ~ン! 直撃!

小さい声で 痛~・・・ そして目が点に タンコブ 2つ お土産に貰いました!

新人君 曰く  コブシ大の 何かが・・・ ボクの頭を・・・ 

          みっちゃんのバカァ・・・もう タイヤ配達しない!

  そうそう タイヤは 何時もの FEDERAL SS595 
  当店 リーズナブルな おススメタイヤです バンバン煙にしてしまえ!

まぁ 大げさな 話しをするのであった  はははは・・・
ちなみに 私ぁ~ その日 一緒に居たのだが な~んにも当たらなかった

そう 福原君に貰った ジュース噴射以外は・・・・



その他の画像


え~ちゃんダイちゃん

そして え~ちゃんところの お仲間 ダイちゃん 相変わらず元気で・・・

そーえば 決勝前の インタビュー席で ニモ君 なんか言ってたような?

決勝前の

何言ってたんだか 聞いてなかった・・・

決勝2

何はともあれ この日のコースコンディション と 言うより
ココのサーキット INもOUTも コースからチョッとでも外れれば
お車 タダでは済まない 地獄のサーキット そんな中 皆さん
一生懸命 踏む踏む  ぶっ飛んだ方達も生き残った方達も
スッごくカッコ良かったじゃ あ~りませんか!

何時までも ドライバーの誇りを 忘れないで 楽しんで下さい!




船

ちなみに 新調したこのデジカメ よく撮れる
海の向こうにある 肉眼で白く見える物体を パシャっと撮ると
ココまで綺麗に・・・え レースの画像が少ない・・・

ははは 余りにも楽しく 見入っちゃってました。
次回は 一杯撮ろう・・・






久しぶりの 白老ショートコース D-1・・・

.24 2009 イベント・競技 comment(0) trackback(0)
はい 昨日は 午前中に お仕事済まして

約1年ぶりの 白老サーキットへ・・・

そう D-1ストリート・リーガル ノースシリーズ4戦へ

午後も1時を過ぎれば 予選も終わっている筈 なぁ~んて
甘かった・・・  何時もながら 大波乱でトラブルだらけ
時間は押して押して・・・まだエキスパート予選1回目でした~~

白老ショートコース

なんせ コースコンディションが悪く クラッシュ続出!
ビギナークラスでは クルマ炎上もあった様で

ヤバイ!ヤバイ! 一番の見せ場 2コーナーの侵入を
ケツから入るのだが・・・1コーナーからOUT一杯にラインを取って
そこのアスファルトが 剥がれて段差に・・・ 

そこに左の足を落としたら最後 どーにもならない 

全開で行ったら反動でブッ飛ぶ!
タイヤもホイールも 足回り他 全てお亡くなり 
下手しりゃ 全損ですな!

おまけに 一コーナーの侵入場所 ちょいバンビーで
姿勢を乱すと アララ 膨らむ~~~~!



波乱の白老 ショートコース ドライバーには評判が悪いが
見てる方はスリリングで チョッとドキドキします

はたして お知り合い・お仲間達は 無事で走っているのか?





一発目 みっけた 何時もの赤の86全開野朗 中野君!
カメラを向けると 走って逃げる・・・ その姿 変な走り方だよ
コレが あの86を操ってるとは思えん・・・・

中野君

この日は 数年振りに 戻ってきた 杉田君と一緒に
どーやら 元気にしてたようで なにより
初めて走る このコースも 無事予選通過 おまけにC33ローレルも
Egこけて乗ってない  久しぶりのワリには 決ってました!

久しぶりの杉田君

そして 中野君 このコース 86にはチョイパワー不足らしく
これまた何時もの 全開オンパレード!

中野君の侵入

まぁ 決勝追走まで 残っちゃうんですがね 何本か勝った後 2コーナー
オーバースピードで全開!全開!で自滅 そう タイヤが・・・難しい

この二人達は 私ぁ~ 旧知の関係で もう年なのに 相変わらずだなぁっと
話し込む・・・  ここ数年 色々在ったけど
笑いながら いくつになっても辞められないんだ スタイルだって変わらないし
ほんと アホだ・・・

 
中野君 そろそろ そのEg 相当くたびれモードですって!


私ぁ~ 会うたび何時も言う言葉
そんなに全開してると深川まで帰れんぞ!

もちろん そんなこたー判っている本人 しかし 走り出すと

全開~~~!!

はははは 昔から 変われない人です・・・・





続いて 全塗装した ジョンディア号180は はたして
ガチャピンに変わっているのか?

予選前のジョンディア号

ほ~しっかり 無事で生き残って 決勝まで残っちゃいましたネ!
意外と お知り合い気が付かない コレが野呂君だって事

イメージがって 判らなかった!
往年の知人たちは口をそろえて言ってましたな!

これまた 旧知の仲 昔から やる時は・・・飛んできます
POPな男です・・・・南無~~~

予選のジョンディア号

シッカリ 追走まで残って そう 86中野君と勝負してました

ジョンディアVS中野君

この日 マトモな形で終わったのは もしかして ジョンディア号と
HSCの☆君位だったか? あ・・・☆君も あのOUTに左リヤ
チョッと乗ったんだ・・・

そんな ☆君 今回は 自分のお車 例の黄色の
もったいなぁ~いって言ってた コイツ・・・

星君マシーン

☆君が居ないうちに こっそり盗撮 内装を

星君内装

はいはい 勿体無いって意味判りました! そんな☆君も しっかり
決勝追走まで残ってはいましたが やはり勿体無いお化けが出たのか

星君

手抜いただろ・・・  しかしコレ はぇ~よな しっかり作ってあります。
何時も さりげな~く 速いんだよなぁ 
若い時からムキニなってるところ見たこと無い・・・





そんなこんなんで R34を操る 本間君 
重いスカイラインを 2コーナー侵入 サイドでバックーンと
真横に向きを変え! そのデカイ オケツから 進入!
OUT一杯から RBのトルク満開でつないで行く安定した
走りは チョッとカッコいいんじゃない・・・ 実は 予選で
ミッショントラブル
2速がなぁ~い 彼がやはり 今回のキーマンでしょうか
RBのパワーで 追走勝ち抜きまくる! 
対戦相手 皆さん あせって?自滅

画像は・・・なし 何故なら 丁度その前から チョッと 私にも 波乱が起きていた

原因は 昔からのお仲間 この方が原因

福原君残念

この日 なかなか調子イイ走りをしていたのだが・・・彼もまた

車の119番 代表 福原くん に貰ったモノが・・・・



                                       つづく


ジムニー専用 限定ホイール・・・

.24 2009 ジムニーパーツ comment(0) trackback(0)
今回は タイヤ屋さんらしく ホイールのご案内です。

しかも 全て数量限定品 価格は店頭にて!

と その前に 人気のTOP RUN(トップラン)シリーズに
新しい お仲間が ジムニーJBシリーズに似合うような
斬新なデザインを 街乗りで チョッと悪っぽく決めるには
こんなのもアリでしょう

VRT101.jpg

その名は TOP RUN VRT-101 トップラン・ヴィアールティーイチマルイチ!
サイズバリエーション:16X5.5J OFF SET +20・+/-0・-20の3種類
全色 シャドーブラック・アルマイト 
専用特殊ナット付き

専用ナット2

ってな感じで 今なら 全種類のOFFセット各1台 在庫してます。
メーカー価格 ¥28,350(税込) だったはず・・・・

今回は 各種 1本¥17,640(税込)
新作キャンペーン 限定4本SET 各1台分 だけの特別価格です

このシャドーブラック・アルマイトって色 実は 写真泣かせ・・・
光の加減で 色が変化して 画像では表現しにくいんだよ

TOP RUN VRT101

スポーク内側・側面を艶消し黒に塗り アルマイトにシャドーが入ってて
シャンパン・ゴールドの暗い色に見えたり シルバー・グレーの暗い色に見えたり

VRT101 ディスク

表現しにくいのよ~~! まぁ 実物見れば 納得なんでしょうが
こんな色・・・そんじゃそこらには まだ出回ってないのが現状でしょうな

チョッとオシャレに小粋に決めたい人向けです!







続いて カスタムジムニー定番 
TOP RUN -20 シリーズ


その中でも 限定品だった カラー のシリーズです

TOP RUN限定モノ

上から二番目 グレーイッシュ・アルマイト仕様

グレーイッシュアルマイト2

コイツも画像泣かせ なんとも言いがたい 鉄色と言えば判るでしょうか・・・

グレーイッシュアルマイト3

スポーク側面 リムの中をグレーに塗り ディスク表面をグレーアルマイトにすると
なんとも表現しづらい色に シャドーブラックをチョッと明るくした色とでも・・・

これまた光の加減で かなり変わった色に見えます。

メーカー価格 1本¥26,250(税込)
コイツを 今回 4本1台分 数セットを 特別プライスで・・・(店頭でのみ)

そう 数を入れたいのだが ココに書いてる間に オーダー来ちゃいますんで
確か 3台分のみ入荷した筈ですが 現在間違いなく在るのは1台分です。

そして最後 これまた 実は知る人ゾ知る 超人気
あっという間に 限定本数売り切れた

シャドーブラック・アルマイト仕様

TOPRUNシャドーブラック

コイツは 先に紹介した VRT-101と同じで
元祖 シャドーブラック・アルマイト いろんな色に見えちゃうのだ・・・

シャドーブラックアルマイト2

アルマイト加工すると 色の表現が 画像では判りにくい!

ただ イイ事もある 傷やポリッシュに見られる 白いサビなどが
見えにくかったり成りにくい 北の国 どーしても冬に撒く アイツのお陰で
カッコイイホイールが きったなく白ザビ発生しますネ そんなのに
大変強いし また 光りの加減で  昼の顔・夜の顔を持つ 大変
妖しい色をかもし出す 超カッコイイ?色でもあるんだなぁ コレが・・・

そんな訳で 今回限り キャンペーン特別価格・数量限定
店頭にて販売中です。  

シャドーブラックは 確か入荷9台分 何台かは既にオーダーで
残りは・・・判らんが 1台だけは 今なら在ります。

その他 チタン・シルバー10台 スーパー・パールホワイト10台(8/24現在)
も 在りますので 気になった方は お早めに~~!

但し 今回のTOP RUN
全てOFFセットは マイナス20ですから

今さらですが ノーマル・ジムニー または それに近い方には
おススメ出来ません タイヤサイズによってはハンドルが切れませんし
アッチコッチにぶつかります  まぁ 簡単に言えば
基本的に+20~+15の5.5J程度までですな

意味の判らん方は お勉強しましょう。
人によって楽しみ方は 色々在るのでしょうが
今回の商品は そんな方には無縁と思い 
かる~くスルーでお願いします。

カスタム・ジムニー 専用ですからネ!
但し うちはジムニーShopでは無いので 
あーだ!こーだ!と言う方は 最寄の専門店にお問い合わせ下さい。

え? はい ココに来るお客さん ジムニーのふりした
違う車のユーザー達は 確かに多いだけで
普通のカスタム仕様等? 私等 余り判りませんので
その辺はお間違いなく・・・




                                 チャンチャン♪




夏も終われば・・・

.21 2009 店舗日記 comment(1) trackback(0)
お盆も過ぎれば ここ北の国
秋に向け まっしぐらだ・・・今年は 夏?

日照時間の無さ 雨・雨・豆・・・と ほとんど夏を満喫した記憶が無い
まぁ まだ8月だし 暑いの嫌いだし 過しやすい秋が長いのもイイかもネ
但しライダーの方達には ブ~イングでしょうが・・・

クルマのコンディション的にはコレからが最高の時期を迎えるのだが
相変わらず 盆過ぎには 一杯遊んだ方達の 一つの代償
タイヤツルッパゲ達がやって来るのだった

71君2

ん~ 71君 まだまだ現役 そう 現代の族車系 8~9Jに
175サイズ 強者は165を 超引っ張りで よく履いていましたなぁ~
東の国時代は よ~くやってましたが 今もココに来て変わらず・・・
時代が止まってるのか?? てな感じで 中古タイヤ終了

EKワゴン

コイツも ほとんどタイヤお亡くなり・・・
まぁ カスタムのリーズナブルな方法として

EK2.jpg

昔のワーゲン・ゴルフ純正の16X7.0J BBSに 165サイズ引っ張り
車高・フェンダー等加工すれば それなりに さりげない形にはなりますな
本来ならBESTサイズ 元祖 マツダ・ロードスターの純正BBSが在れば
14インチでも15インチでも チョイ引っ張りで 擦らずOK!
まぁ 多少のフェンダー加工は 車種によって必要ですがネ
昔は そのホイール ゴロゴロしてましたなぁ~ 上手く中古を使って
それっぽく仕上げてましたなぁ・・・これまた今も昔も変わらない

アコード

これまた 懐かしのアコードセダン ユーロR コイツに
こんなの付ければ ダウンフォースが増しますが・・・

リア ディフェーザー

フロントにも欲しいでしょう GTウィング付けるよか コッチの方が
ストリート的にオシャレと 私ぁ~思うのだが  ん・・・
なんか 懐かしのDTM アルファー対ドイツ軍団時代を思い出させ
今も 昔も 変わらないなぁ~

そうかぁー 今の現行モデルって 楽しくないのかも
クルマも価格的に高いし こんなの似合わないもんなぁ
そうそう スペック・性能だけが進化して 誰でも簡単に
アクセル踏めば 速さ だけは手に入れられますモンね!
決して悪い事ではないのだが ドライバーと考えれば
これじゃ  無い  ん~ 若者のクルマ離れも分る気がするが・・・

でも 今の子達 悪いけど どんなにクルマ好きでも
こんなんじゃ 数十年前の
チューンド・カーなんて 決して乗りこなせないでしょうな
右足に脳の付いてない 腰のセンサーの乏しい方は特に
悪く言えば 出来損ないの優しくない プアな機械なんて
絶対コントロール出来ないんだろうな・・・・今 便利だもんなぁ~~

ははは でも 中には逞しい奴等も多くて タジタジな事も
多々あるのだが 残念な事に うちはタイヤ屋さんだ て事
出来る範囲が限られてますから ご了承下さいね!

本来の形と言えば こんな事でしょう

マーチブルー3

ディーラー系からの依頼 合法的に限りなくノーマルに近く
ちょっと人と違う感じの ホイールを入れて! って・・・・
なんか うちが違法全開みたいなことを言ってくれます
まぁ その通りなんですがネ・・・ウソです。

KⅡレーシングライン2

国内在庫 数セットだけあった K-2 レーシング 14インチ
ノーマルのタイヤで ツラっツラでした 
これまた 昔っぽい 感覚でしょうか? オーナーは奥様・・・
文句が来ないのは OKって事でしょう 

続いて

ビッグホーン

懐かしのビックラホ~ン  コイツは MUD履いて(既に減っていた)
山菜仕様だったのだが 息子さんが お母さんにお譲りした所

なんだぁー 煩くて 走ってられん!

ニセコから稚内ドライブ中 2台でツルンで走っていた所
後ろを走ってる お友達のお母さんから苦情

アンタの車 ワンワン煩いわ! ラジオも聞こえんよ!

はははは だから言ったのに 息子よ~
母さん絶対 耐えられんってさ! ってな事で 
リーズナブルで耐久性バッツグンの クーラジアATに交換
盆前に来いよなぁ・・・・ははは

しっかりその後 お母さんから? お土産貰いましたとさ!

お土産1

有難うございましたぁー! しかし コレ 巷じゃ有名な
ミス二セコ 納豆!  何故?ミスなのか分らんが
美味しかったです。

とまぁ どたばたな盆明けを迎えてはいるのだが・・・



8月後半 やって来ました お約束 走り屋達

野呂君

8月23日 D-1ストリート リーガル ノースシリーズ第4戦 in 白老

今シーズンから 復帰の 野○君 全塗装完了!&タイヤ交換

トラクター ジョンディア色に無理言って頼み込み
なんなら黄色のラインも入れちゃうかぁ~ 本物の ジョンディアカラーでした。

そして私ぁ~ 密かに オーナーの意図とは違う
ムック(ポンキッキ)のステッカーを助手席に貼ってやろうかと思ったのだった
どー見ても あそこを走れば ガチャピンにしかならない様な気がスルのだが

そんでもって 何時ものお仲間ショップも オーダーいただくのだが
何やら ヤル気がでないんですーのお言葉

なんじゃ そりゃ? っと 様子を見に行くのだが・・・・

小野君2

ん・・・放置プレイかい  で 今シーズンは 初競技参加の みっちゃんは

みっちゃん1

昼休み中に 頑張ってましたが・・・

みっちゃん2

イヤぁ~~ ほったらかしで クラッチも明日入って来るんです~

オイ・・・  出れるんかぁ~本当に? で 番長はどーしてる?

あっ そこの小屋に居ますよ~


あら~~~~~~














小野君


ぐっすり 爆睡中を盗撮・・・  

皆 お盆明けは お疲れモードなのかい はしゃぎ過ぎたな
そーだよネ クルマだけが ライフスタイルじゃ~つまらないもんなぁ


それはドーデもいいが 午後の決勝には 現地に着く予定
それまで 知人・友人・お仲間さん達 ちゃんと予選通過しててよ~~

今回は デジカメ新調したんだから・・・




                                 チャンチャン♪



夏休み・・・

.11 2009 店舗日記 comment(3) trackback(0)
何時の間にか 8月も中間地点にさしかかり

ブログ放置が続いてた・・・はははは

そう 先月末から タイヤ屋さん業全開で 忙しく
肩こり背中がはって 歯がうく 等 そろそろ逝っちゃうかぁ~状態

まぁ そんなかんだで 日本独特の お盆休みの告知!

8月14・15・16日は お店 お休みとなっておりますです。

お盆が過ぎれば 北の国  秋に向かってまっしぐらだ
短い夏を 皆さん満喫して下せー
私等 タイヤ業界は そんな中 冬の商戦準備に取りかからねば・・・はぁ・・・
何時まで経っても 車で遊ぶ時間が無いのであった







255 85R16

お久しぶりの このタイヤ MAXXIS クリーピーの255/85R16
山系のサファリ・ショートに装着なんだが オーナー曰く

タイヤはコレじゃなきゃ 駄目! なんたって 山に入るのが目的
遊びも兼ねてだが 何が起こるか判らんのだから って・・・

255 85R16 サイドブロック

そうです クロカン・クローリング・等の 遊び走り・競技系ではなく
クルマが行けそうな場所まで 無理やり入って 帰ってこないと
ならない為 そんじゃそこらのタイヤでは 心配だ!

255 85R16 サイド

効く効かないの問題も 大事なのだが その耐久性や
トラブルに対して 少しでもリスクをなくする為の セレクト

サイドブロックを使って 枝・石等から守り 
キャンバーでサイドを引っ掛け 乗り越えたり
道とは言えない中を 探りながら走るには このタイヤが
向いているらしく ナロー系のタイヤでは コイツが一番使いやすいらしぃ
ハンドルも切れるし 外形も丁度イイ
山菜取りがメインだしね! コースなんか無いし そんな場所じゃナイモンなぁ
あまり派手なブロックパターンでも困る そう・・・地面をグチャグチャにぶっ壊すし
ツルンで入ってると 後のヤツが大変な事にもなるしねェ

そろ~そろ~っと 掘り過ぎず 噛みながら 走れば そりゃ~最高さ!
それに そんな場所じゃ 先が見えない分 スピード出せないし

はぁ~そうですか・・・そんな君は 山菜太郎ちゃんですもんね!
ジムニーから サファリ・ショートに乗り換え
男らしい 立派な角(シュノーケル)も付いて これで水の中も怖くない!
ウィンチも付いて 本格的にOFFのカーライフを楽しめそうですな はははは

で 秋の味覚を持ってくるのに期待してます。


そして 1600ccなのに かる~く オーバー200キロ出ちゃうのよ~車は

Mini.jpg

はははは 2代目Mini コイツは 2005年マイナーチェンジ後の
クーパーS スーチャー仕様の HOTなヤツ・・・

PL ユーフォーリア

今回は ピレリーのランフラットを購入・・・この~見栄っ張りめ!

ランフラットタイヤ 簡単に言えば パンクしても そこそこ走れて潰れない
その構造は 2種類あるのだが 現在主流は サイドウォール強化タイプ!
多分 コストの関係でしょう 詳しくは 調べてみて!

高速走行時でのパンクで 大事故をしない為など
タイヤが潰れない構造となってます  が
ココは日本 最高速度制限 100kmの国・・・必要あるのかは
私ぁ~疑問・・・・なんたって 空タイヤに乗っても潰れない
手で押したって ぶっ叩いても なぁ~んにも起きません

ある意味 現代の車をクルマと思っていない
一般ユーザーには パンクしてる事さえ気が付かないんじゃ・・・
人によっては 危ないタイヤ?


PL中

中が 分厚く出来てます コイツはそんなに重くは無かったが
サイド強化タイプは 脱がすのが大変ですな・・・・
まるで 駄々をこねるオネーちゃんの様に 脱がすのが大変
17インチ以上は 私ぁ~ うちの設備ならギブです・・・
入れるのは 楽なんだけどね 入れるのは・・・・ははは・・・

Miniエンブレ

ちなみに このクーパーS 170馬力の HOTモデル
現行は BMW製ターボに変わっちゃたんだけど
なかなか イイ! レスポンスもいいし なんたって
足回りがイイねェ~ まぁ 1600クラスのクルマとして
ちょっとアクセル踏めば 軽く100キロオーバーまで到達するし
このまま力を右足に込めれば ん~200キロまでもたやすそうだわい!
ボディ剛性もOK 足回りなんて コレがクルマですって感じでBEST


それに比べ・・・現行の同じクラスの国産車 いや もっと上でも
アレはクルマか?・・・ 所詮 誰でも乗れる 大衆車でしかないのか・・・
比べられない程 ちゃっち~な国産ボディ は 詐欺に値するんじゃ?



Miniフロントボンネット

先代Miniを上手く継承した ボディーデザイン フロントボンネットの
カーブ ラインも 可愛く 過去 世界的大ヒットとなったあのMiniを
上手く現代に甦らせ これまた大ヒットになった このクルマ
私ぁ~ このモデルが やっぱMiniらしいと思います
現行モデルのリアビューはちょっと・・・

ん~ ヨーロッパのクルマに対する考えや作り 気持ちや文化は
素敵でもあり偉大でもあるなぁ~ でも最近 ヤバイけどネ・・・

自称クルマ好きの皆さんも 
一度 機会があれば 乗るべきでしょう
ヨーロッパ車 各メーカー イイも悪いも何も考えないで 素直にネ!

きっと気が付く筈 国産の便利さや 各メーカーの 味な部分
走りに対しての安全性やドライビングの感性など
そして 自分にとってクルマって何が大事か 
クルマが好きなら 色んな車種に乗ってみれば感じる筈です
機会があればネ・・・

ちなみにオーナー

Miniライトw

この部分 ライトウォッシャーなるものが2段階で出るらしぃが
5回ほど挑戦したが まだ 出た事が無いと・・・
一体どーやったら出るんだろーか 判らないらしぃ・・・・ははは



ある意味 最近思う 日本人とクルマの文化・・・
正直言って 先進国アジア地区で一番 どーでもいい考え?
クルマをクルマと考えるには 乏しすぎる民族と環境にしか
思えない とても クルマとしては 世界に 胸張って出て行ける
もんではないと感じるのだが  そう スペック・性能ではなく
人とクルマとしては


ここ北の国 走行条件や気候もヨーロッパに似てて
クルマやバイクにとって環境的には さいこーだとは思うのだが
各 クルマメーカーさん そろそろ どっかのラインナップで出してくださいなー  


手軽でドライビングが楽しくなる 本当のクルマを・・・




                                    チャンチャン♪















 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。