スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の憧れ・・・

.29 2010 妄想車物語 comment(4) trackback(0)
1月ももう終わりに お客様たち お正月から
ほとんどの方が 春の準備の話だった・・・

彼らの思いは 決まって もう春からの走りを
満喫する為の準備オーダーだった

こんなのばかり今月続くもんだから ホント

目覚めの悪い夢を見た・・・





人生も半分を過ぎたと気が付いた時 それは

若く無謀な時を過ごした頃の気持ちに体が付いてこない
ヤバァ~~と感じた 本気で最近はつくづく思う

まァ このまま朽ち果てるには 早すぎると思った訳で

オマケに
嫁も娘も 勝手に自立し始め 私ァ~ 只のコウノトリとしか
思われてない様だ・・・

それならそうと 私も勝手に 自立して自分だけの時間
貰っちゃえと 突然 嫁に相談も無く 

昔から気になった
お車を購入したのだった  もちろん 家族には
クソミソに言われたが 歳のせいか 耳が遠くなったようで
気にならない…

2シーター フルオープン そんでもってロングノーズの
軽量スポーツカー…って言うより 5~60年代の
レーシング・カーと考えたほうが正しいか


朝

近代の ケーターハム スーパー7  そう ルーツは
かのコーリンチャップマンおじさんが ロータス創生初期
キットカーで販売していた ロータス・スーパーセブンが始まりなのだ

販売代理店をやっていたケーターハム社が すったもんだの末
確か・・・権利を所得したはず バーキンとか光岡とかetc
コイツのコンセプトカーは沢山在るが

ロータス以外は二アセブンと区分けされてるらしいが 私にすれば
どーでもよく 今現在 最高のコンディションで走れればそれでイイ

お金を掛けて 本物だぞ!っと言ってるのもイイが そんな金もないし
現代の進化した 足回りブレーキEgで 走りたいだけなのだ


農道1

休みの朝 早く起きて 家族の寝ている間に Egを掛け
自分だけの時間に 飛び込んで行く 

騒がしい街の時間帯をさっさと抜け出し 
まるで早朝ゴルフでも行くように あの場所へ・・・

そう 何時ものコースを目指して それが
自分の晴れた日の ライフスタイルの一つでもある

しかも 早朝なら あの忌々しい 白黒パンダや
走るシケインなど 滅多にイナイ 何時ものコース
天下の公道を 貸切出切る時間でもあるが・・・




そう カーライフではない あくまでも ライフスタイルなのだ




もちろん Egを掛ければ 爆音で 家族どころか近所迷惑
この上ないのも事実なのだが 

そんなこたぁ~コイツに
乗り込んで走り出してしまえば 考えてる暇は無い


コクピット

走る以外 何の装備も持たない シンプルなコイツは
ドライバーを ドライバーとして迎えてくれる



ナビシートに家族を乗せて走ったことも在るが

アンタ・・・アホか! こんなもん車じゃない!
人を乗せて走る車じゃない! 馬鹿じゃないの!
どーするのこんなモン!雨振りと冬は乗れ無いじゃない!
オートバイじゃないのコレじゃ! 


そんな事を クソミソに言って 

口を訊いてくれなくなったのだが

どーやら 奴ら諦めたようだ ザマーミロ!


嫁に関して言えば そりゃ~酷い目にあったようで
助手席から降りる時 サイドマフラーに生足をあてて
火傷を負ったようで 

心の中で私ぁ~ 密かにザマ~~~っと
あざ笑ってやったのさ


ウィンドウ越し

小さなウィンドー越しに見える 風景は 冗談の様に 正面以外は
溶けたように流れ出す・・・ 車重600kgを切る軽量ボディは
Egの仕様によるが とんでもない加速を約束してくれる

場所にもよるが この世に市販されているクローズドボディの
スーパー・スポーツ車に負ける感じなど 微塵も感じさせない

そして 色んな意味で 生活・仕事・日常を 思考から
追い出してしまうほどの 暴力的加速をして走り出すのだ


表現しにくいのだが そう 例えて言うなれば
猛獣と戦っている様な感じで それはそれは その気で走れば
ワン・ミス命取りって感じでしょう (過去に一度BDRを走らせた事がある)

ロングノーズ ショートデッキのコイツは 一種独特の挙動を
示す 現代の楽チンな とてもスポーツとは言えない
スポーツ・カーと呼ばれてるあいつ等より ずーっとリアル
生生しい 基本ベースが古典的な為 リアセクションの挙動なんて
簡単に地面と離れてしまうが それをアクセル・コントロールで
なだめるのも ハラハラドキドキして素敵でもある

まぁ そんなに調子に乗らなければ シリアスな事にはならないのだが
やはり 気は抜けない そう 楽しくなって 右足に
力が必要以上に入らなければ  ん~ そいつは無理かぁ
コイツに乗れば・・・


そんな感じで 小一時間近くを格闘後 お気に入りの
郊外のカフェ・レストランで お気に入りの場所で

お気に入りの場所

猛獣と戦った後のぐったりした気分で モーニング・コーヒーを
呑むのが 今の私の 自分だけの特別な時間だ

日常生活から離れ どんな旅行より コイツがイイ
そして一番 生の自分と向き合える

人間 全てをクリアーに出来る時間って 大事だと思う
それが無くては 明日への活力もアイディアも失せてしまう事も・・・


ん~~~っと 目が覚めた・・・


はぁ~ 現実に戻った時に感じた こんな夢見るとは
かなりキテル   ストレスが…


春よ~~はやく こ~~~~い!

そして 現実の 次期マシーンのEgよ~~
間に合ってくれ~~~春までにはぁ~~~ぁ っ


                       チャンチャン♪



フル・オープン 私ぁ~ アレは 春と初夏 そして秋の
乗り物と思った 夏の炎天下で アレを転がすには
チョッとキツイし ツライぜ

まして こんな化け物じみた 古典的な公道を走れる
レーシング・カーなら なおさらだ

過去に BDRを積んだスーパー・セブンに乗った事があるけど
レーシング・スクリーンから浴びる風なんか 漫画の様に
顔面がブルブルしちゃったし チューニング・カーが
どんなに馬力あっても アレには体感的にかなわないよなぁ~

まぁ~比べること自体 チョと違うモンなんだけどさ

しかし コレだけは言える
亡きコーリン・チャップマンに感謝!

今の時代も アナタが世に送り出した車の思い
今も変わらず 残っています 会社や形が変わってはいますがネ

そう 私ぁ~ あのオッちゃんが世に出した全ての
ライト・ウェイト スポーツ・カーが 好きです

POPでHOTで優しい チャップマンおじさんの
車に対する気持ちが

















スポンサーサイト

4X4ハイリフターは 最高!

.18 2010 店舗日記 comment(0) trackback(0)
ん~まぁーー! 道央圏 大雪にやられた様で

ココ最近 北の国 まとまった 雪が 各地方降る降る

数年前も 2月に台風並みに発達した 大雪が道南圏で夜から降り
嵐 吹雪 で 前も見えなく 公道もアッと言う間に 雪で埋もれ
動けなくなった車両がアッチコッチ大量発生 数人が残念な事になった・・・

やっぱ こんな時は 4X4 ハイリフターが便利!
こやつに イカシタタイヤをぶち込めば どんな状況だって
公道上にいれば 生還は出来る筈さ! まぁ 仕様にもよるが

ココの国 ある意味カスタムは必需でもある ノーマルでも
別にイイのではあるが こんな災害まがいな時には残念ながら
役には立たないのが現状である・・・

基本的に 車高を上げる事は 別に違法性は全然ナイ
まともな部品を使って 記載変更をすればイイだけな話だ
規定 基準さえ守る上げ方であれば


よく何も知らない おバカちゃん達や4x4嫌いな方達が
あ~だ こ~だ 言ってる風潮を 鵜呑みにしている奴等がいるが
可哀相な話 残念な奴等としか思えない・・・

好き嫌いで言ってるまではイイが こと自然災害が多発すれば
そんなこと言ってる奴等は 絶対 彼等には助けてもらえないでしょう

車を弄るのは 悪だ! 車検がどーとか ノーマルじゃなきゃ
駄目だとか それはそれで別にイイのだが
そんな事は 自分本人だけが思っていればイイのであって

車をただの便利な乗り物 また 車を使う環境じゃない人や
見栄の対象だったり車にロマンを求めない人には 関係ない話だ!

あ~でもないこ~でもない 言うんじゃねーよ 関係ないヤツはさ




生活の中や 環境に応じて また使用目的に準じて 車をカスタムする事は
所有者にとって 大事な事で イイも悪いもナイ テメーの車なのだから
チャンと合法的にカスタマイズすれば 天下の公道堂々と走って良いんです!
そうです 合法性にも 車両法 道交法等があって とっても曖昧ですが・・・
はははは
知ってます どっちもクリアーしなくてはならないのは・・・




言っちゃ悪いが ノーマルとは 基本ベースでしかナイと 私ぁ~思う
色んな意味で 誰にでも簡単に優しく 普通に 乗れるってだけ
逆に言えば 普通じゃない状況では 誰でも楽には走れませんって事

まぁ 簡単に言えば どーでもいい仕様って事だな 特に国産車は昔から

コレにチョッと 本人が望む スパイスをぶち込んで美味くなれば
ソレはソレは アナタにとって素敵なマシーンになるって事さ~~

全国カスタマイズの皆さん 世間が何と言おうが どーだっていいじゃん

テメーの車 自分が楽しくなくて どーするの? って感じでしょう

そんなかんだで ず~っと おまたせ していました
当グループ 4x4 オリジナル アルミホイール本日入荷!

シリーズ

全て16インチのみ だって・・・リーズナブルなんだもん
そして タイヤサイズが多く 色んな仕様に対応できるんだもん・・・

MUD9J

ハイ ご存知 MUDHOPPER(マッドホッパー)
サイズは 16X9.0J -50 139.7 6H
コイツ 入荷本数は少なめでした 気になった方はお早めに
二段目の段付きの幅が特徴です 長いだよネ

MUD8J

同じくMUDHOPPER(マッドホッパー)
サイズが 16x8.0J -30です
定番○穴仕様のこのデザイン ホールをブラックに塗ってます
ブレーキダストの汚れ目立ちません またポリッシュが
綺麗に光って見えるのが特徴です

DAY8J-30

コイツは DAY P-1(デイピーワン)
サイズ 16X8.0J プラマイ0とー30の2種類

DAY8J 0

どちらもリムの深さは同じです ダミーボルトの1ピース
センターキャップ付き 無くても在っても チョイおしゃれでしょう

ROCK GM

ROCK BR

ROCK GUN(ロックガン)
サイズ 16X8.0J -30 6H 

カラーホイールの定番色 ガンメタ・ブロンズの2種類
ゴッツイサイドウォールのタイヤを入れれば
この良さが判るはず
古い車も何でも 以外に似合うデザインです


ともに全て センターハブ 110パイ 日産サファリ対応です
入荷本数も限りありますので 気になった方は早めにご予約でも
価格は初回限定各2台特価となってます
詳しくは お店でどーぞ!





はい 私 デカ四駆 大好きです 
そんでカスタム系ハイリフトは
もっと大好きです! 

そう どんな状況も どんな時だって
走らなきゃイカンって時あるでしょ! そんな時はコイツが1番さ!

最近出てる国産車はなぁ~ 何かな~ チョッと違うんだよなぁ~
アレじゃ 震災とか災害で走れそうも無いんだよなぁ・・・
金掛けて知恵使って 弄っても パフォーマンスがなぁ・・・

ちなみに 私ぁ~ 余りハイリフトだと 運転席に乗るまでが
大変なので ファースト・カーでは 乗りたくないのだ・・・

そう 小さいおじさんだから足が届かない


                           チャンチャン♪







ん~寒い・・・

.14 2010 店舗日記 comment(4) trackback(0)
はい 1月も中間になると 北の国
寒さ本番になってきますな
日中の気温がマイナスを示す日々が続くのだった
こんな時期は 内陸方面には住みたくないし行きたくもない
そう とんでもない気温が一日中続いて 身も心も・・・


これまた路面なんだが 雪なんか降っちゃって 
気温が上がったり下がったりすると
こんな道路が出来てしまう。

また しっかり除雪しない場合 表面に残った雪が溶け
スケートリンクを作るが如し ツルツルになるのだが

アイスバーン3

そう 日中 太陽の光を浴び じわ~っと 溶け出した積雪が
朝晩の気温低下により カッチンコッチンに変身する…
そしてコノ時期 日中の気温がマイナスとなれば 
見事なアイスバーンの登場となる

しかも 下手な除雪をすると ガタガタやボコボコ はたまた
変なラウンド形状のバンク等 フラットでは無い氷の道が出現
その上に 雪なんか降った時には どーにもならない
ココは日本か? シベリアか?

そんな所 ゴムで出来たタイヤ そう スタッドレスが
車重1tを超えて走る車に どー足掻いたって 効く訳無いのだ
まぁ 数十年前の性能よりは 遥かに進歩して入るが所詮 ゴムなのだ
氷に刺さるわけも無く ブラックマークを着けれるほど 喰うワケナイ! 

あーでもない こーでもないと
能書きこいてるヤツは 一度 そんな所を走ってみればイイ


アイスバーン

基本的に こんな道にどーやっても安全は無い

例えば 一時停止の交差点 お互い気を付けていて 
時速10キロ以下で走っていてもブレーキング・ポイントを誤れば 
たちの悪い ABSが作動して ガガガ~と 気味の悪い音を出しながら
そう簡単には 止まらない 滑ればロックしないで回転させるからだ
パニクったドライバーは 力の限り 戻って来る ブレーキペダルを
踏むしか 頭に無い! そして

こんにちは~ゴッツン!ってなモノも 東の国では 良くある光景だった

また 今の車 バンパー修理・交換が メッチャ高いしスグ壊れてくれます
ん~ バンパーって 基本的に何の為付いてるんだっけ?

と まぁ こんな時は 何処でもイイので より摩擦抵抗のある場所に
足を乗せて何とかするのが常套手段なのだが…それか フロントグリップが
残っていれば 思いっ切り逃げるか…

私ぁ~ 原始人なもんで ブレーキシ・ステムに係わらず
あの電子制御のデバイスが信用できない

また 使いこなせないのでして 自分が運転している状態で
後はアンタの仕事!なぁ~んて感じが いまだ馴染めないのだ

もうチョッと ドライバーのコントロール性に長けていれば良いのになぁ~~

まぁ 状況によっては 便利なモンには違いないのであろうが
原始人の私には 無用の産物?でしかナイモンだ…はははは

そんな中 やはり コイツじゃないと安心出来ないのだが…

マカロニピン

はい スパイクタイヤ ! 昔 粉塵公害の元と環境庁から言われ
国内各メーカーが 作れない状況になり 早 数十年は経つであろう

頼りは 海外メーカーしかないのである…

または タマニ 目のイイ 中古が出てくる

中古スパイク

このスパイクタイヤ 装着全面禁止ではない まして 販売禁止でもない
環境庁から 圧力が掛かり 自主規制が引かれ そしてスパイク規制が生まれ
今に及ぶだけなのだ

そう ある道路状況条件を満たしていれば 地域によっては 大手をふって装着してよい

その ある条件とは  コチラをポチっと http://www.northbbs.com/spike/spike_law.html 


第7条 何人も、指定地域内の路面にセメント・コンクリート舗装又はアスファルト・コンクリート舗装が施されている道路の積雪又は凍結の状態にない部分(トンネル内の道路その他の政令で定める道路の部分を除く。)において、スパイクタイヤの使用をしてはならない。
ただし、消防用自動車、救急用自動車その他の政令で定める自動車に係るスパイクタイヤの使用については、この限りでない。

と まぁ この様な 文句で謳われているのです 詳細はお調べ下さい。

路面全面 積雪・アイスバーンに覆われてなければ 使用しちゃ イケマセンって
話なんだよネ~ まぁ そんな日 数日しかないのだが それって アリ?

アマリ文句は言いたくないが それならそれで 道路を早急に何とかしろよ!
自然の猛威を舐めんなよ! 車の安全は ドライバーの自己責任 だったら
道路の安全性は お国の仕事って 事だろ
 

んじゃ 道路管理してるお国の管轄の方 予算がどーとか そんなモン
あんたらの事で何とかして さっさと 安全な道路にしておくれ!

事故の責任が 路面状況であっても ドライバーの責任
誰も助けてはくれない法律なんだよなぁ

こんな いい加減な?法律を決めたのは あんた等役人共なんだからさ~
そうそう 粉塵公害 って事 国民の健康を守る為って 大名義分で
始った この規制… 何か 間違ってないかい? 規制の仕方がさー

冬の物損事故・死亡事故は 規制以後 多発してるのも事実だ

とまぁ  自己管理外で起きる どーしょうもない状況 
やはり 対策は 自分の考えひとつだよなぁ~~ 





こんな話と まるで無縁な方も 多々いる

この方・・・ LC70系 クロカン仕様にカスタマイズされた
コイツは 今回 やっとの休みを頂いて
大好きな 猟に出かけるため コイツをチョイス!

255 85 16

255/85-16 クリーピークローラー

ココから(苫小牧)釧路方面までお出かけ 片道約400km以上を走って
向こうの山に入り 鹿・熊 など狩をするのが コノ時期の趣味

数百キロの獲物を引っ張りながら 山から出てこないとならない

はい 私ぁ~ 昔 東の国に居た頃は そんなお客さん 沢山いました
本州方面から 別荘に来て 狩を楽しむ方や…駆除の関係で 山に
入らなくてはならない方達など・・・チェーン・スパイクはアタリマエ
タイヤの選択 または 堀堀カスタムタイヤ等 色々あった

私の中の クロカン遊び・仕様等 ココが原点で 今の現状の
カスタム系と走る遊び とは チョッと違うんだよなぁ 同じ遊びでも
コッチ系は まぁ イイや なぁ~んて仕様 命に係わるし帰れなくなる…

何か そう アマリ簡単に考えて欲しくないよね 今のクロカン遊びも
入っていく場所 似た所なんだからさ~~

クロカンマシーン

何時の時代も 自分の車 思いを込めて 楽しんでほしい
何をどーして どーしたいのか 妄想したり考えたり
自分の大事な オモチャなのだから・・・

ん~ 便利な乗り物と見栄の対象として考えてる方は別ですが…


                            チャンチャン♪




早く 春になれ~~  次期購入マシーンについて

何で?あの車なの?って 言う方が一杯いましたが

はい 私も どーしてなのか良く判らない
そんなに ビートルが好きな訳でも憧れた訳でないし
そいつに拘りもない

なんかなぁ~ 昔の そう 初めて免許を取った頃の
単純明快で楽しいヤツ ずーっと探してた
国産旧車も考えたが やっぱめんどくせー
今の風潮 なんか違う 自分ぽくないし
チョッと持ち上げすぎだなぁ~旧車 気楽さがなんかなぁ~


そして 日常的でチョッと馬鹿っぽいヤツ そして
何時でもPOPにHOTに出来るヤツ変に肩肘張らずに楽しめるヤツ


そんなかんだで 丁度イイのが 在ったモンで
悪友に頼んで 作ってもらうのだが…

 


まぁ こんなに 凄くはしないが
今でも100m位なら 体も目も着いて来る筈なので

こんなノリで ライフスタイルの一環として
只今 製作中~~

本当は 日常的に公道で 200m程 バーンナウトして 何時でも
ウィリー カマしたいのだが そんな事したあかつきには
人として本当に やっぱ あの人 馬鹿だったんだって
言われるに決まっているので 悔しいので ソコソコに…

今シーズンは 個人的に楽しむぞ~~!っと



A HAPPY NEW イヤ~~~

.08 2010 店舗日記 comment(2) trackback(0)
明けまして おめでとうございます

今年もよろしくお願いします。 て

かなり遅くなった 今年最初の更新でしたが

皆さん 年末年始 お休み満喫されましたか?
新しい年を迎え 大変お忙しい方も多いでしょうな そう
ある意味… なんたって 道東から道南方面 年末年始にかけ
ヤッテクレマシタ 自然の力

雪2

この街 雪が少なく 除雪が楽!なぁ~んて 来る前から聞いていたが
私ぁ~ コッチ来てから 一度もそんな事無かったのは 何故?

休み前まで 雪なんて鼻くそ程度だったのが コレかい…
オマケに 強風ブリザード…

吹雪

まぁ 北の国 冬だもん 雪降ってアタリマエなのだが 一気に変わり過ぎ
ホントここ数年 まとまった攻撃にヤラレまくってますな…

雪

そんな中 皆さん 体に気をつけ お仕事頑張って下せ~ と

今シーズ 始っちゃいましたので 早速 新春SALE第一弾

ハイ 普通の物は何時もSALE中なので 今回は趣味性のモノを

新春特価1

得意のJIMNYシリーズ クロカン系は こいつ等!

クロカンSET

限定各2SETづつ 650-16クリーピーとトップラン -20との組み合せ
そして 700-16クリーピーとトップラン-20の組み合せ等

カスタム系のJIMNYに 特価で販売シテイマス 詳しくはお店でドーゾ!


次に ドラスリ ん 在庫品限りの 大特価

ストリート系

冬にドラスリも無いのだが… 何時でも車は楽しくがコンセプトなので
しかもこの価格 出る時しか出ないのである また コイツも
昨年後半に紹介した品  在庫は残り少ないです。

と 第一弾 ご紹介 これから まだまだ入荷次第 ご紹介してきます

また こんな中古も たまに出てきます

スパイク

掟破りのスパイクタイヤ 右のヤツなんて ヨコハマMT-14カップで
ほぼ9分山 掘り出しモンですな 但し サイズは175/65R14ですけど
遊びに使うなら リッタークラスや往年のFR車に行けちゃうよネ

やっぱり 冬遊び 四駆だけじゃないぜ 
コイツで林道タイムアタックだってOKじゃん!
乗用車系 コントロールする楽しみはコッチがやっぱ楽しい
基本だよね基本! 今年も車は楽しく行きましょうぜ!




                         チャンチャン♪






年末のエネルギー充電完了! 新しい目標に向かって…

そうそう 久しぶりの 東の国ご帰還偏

家族サービスにいそしむ年末年始 昨年の二の舞は踏まぬと心に誓い
ご帰還したのだが…

30日の突然の呼び出し そう 某Shopの忘年会
普通 私ぁ~ 仕事上でのお付き合いの延長上での参加は
極力お断りしている ハイ 付き合いが悪いのであった

個人的に言えば お酒が入る 接待業務の感じが 私ぁ~昔違う職種で
散々やってきたのでイヤなのと いくら親しい仲でも気を使うのがイヤ
それで 極力お断りしてしまうのである が

ココは別 業務場の付き合いも在るのだが なんたって同級生
昔から 車を通じてライフスタイルから人間性なことまで
バカ?まるだしな付き合いで 変に気を使うことなど無い
もちろん そこに集まる奴等も本当に人生を楽しんでいて
素敵な方々なのだ…

忘年会

ある焼き肉屋から2次会へ向かう一コマで 画像は終了!

2次会へ行く場所の 多数決の方法がイカシテタ

1、Hな場所に行きたいヤツ

2、癒し系がイイヤツ

もちろん ココは癒し系が多数で決まったのだが 若者衆は不満?

Hで癒し系な所って 難しいですねぇ~ と最後まで 彼等は言っていた

君ィ~ Hはつかないんだよ 話聞いていた…  ホントあきらめが悪いのであった

まぁ 久しぶりに最高な時間とエネルギーをもらった日でもあり
今後の自分の進展もおぼろげながら 決意した日でもある

某エスニック・カフェをやって 年一度 最高な ディスコパーティー等
この街じゃ 今じゃ珍しい位 エンタメな後輩も元気だったし

農家の納屋を借りて住みつつも 工房として カントリー家具を作って
売っている 同級生の明るさとバイタリティーに感激

近所の電気屋の後輩 数台の趣味性の高い車を所有し 店権家を建て替えちゃった
エネルギーとオモシロ話に 笑ったり

この後 朝10時の飛行機で 沖縄に正月休みで 出かける同級生
仕事が忙しく なぁ~んにも用意してないにも係わらず 飲んでいるし

この日を 招いてくれた 代表も 遊ぶ時は思いっきりって感じで
貧乏性の私ぁ~ おおォ~ 大人だ!と 痛く感激 
男はこうでなくちゃイカンと納得

その時 話した 自分にとって 将来何をしたい?どう生きていたい?
そこで確信した 自分はこうしたいんだって

近い将来 また新しいライフスタイルに向け 進んでいくだろうと

まぁ 何年掛るかは判りませんが マズは この仕事 
色んな事やって来たので 最後の集大成のつもりで努力して行こうと
考えてます 今年もよろしくお願いします!

人間 お金はとっても大事 そう もっと大事な部分それは
お金じゃ なかった 彼等を見ていると 強く感じる
お金は手段 一番は 生き方のそう 自分にとってのライフスタイルだ
POPでHOTに楽しく 人生そんなに長くは生きていられないのだから…










 




 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。