スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月も終わりかぁ・・・

.30 2010 店舗日記 comment(4) trackback(0)
夕日

はぁ~ 連日の猛暑?も一時終了みたいで
ココの街は チョッと涼しい日になった

明日から7月 夏本番を向かえるのだが
アナタの愛車 準備OK?

ははは 余計なお世話だ 私ぁ~ 今期 超ご機嫌さー♪
月に一~二度 ご帰還する家族のモト約200km

この道中 何時もつまらなかったのだが

ご機嫌な Night・Runだ 絶好調のライブ感だい!
何時もの峠 トンネル内では 爆音炸裂 反響で
お尻に響きやがるし 窓もビリビリと ははは まったく
メーワクな事だこと・・・まぁ 積極的に 自分が運転しなくちゃ
速くは走ってくれない 古い車と純粋に対話をしながら走る
2時間チョイが 心をリフレッシュしてくれる

まったく ご機嫌な時間だ それを楽しめる 環境に感謝
そして自分に感謝 生まれた時代に感謝 知らないヤツは
チョッと可哀相と言うか・・・ははは 得した気分だよな

何時の時代も車は楽しくなくてはならない
人が動かすものである限り

スペック・便利性だけが進化しても 何の意味はナイ
それは 本来持っている 車とドライバーにとっての
本質的な部分を消し去っている事に 何時か嘆く事になるだろう・・・




今月末の来客の一部を


たいぞージャガー

何時もの常連 たいぞー君の ジャガ~は Eg死亡の為
ドッグ入りだった様だ 先日 蘇り タイヤ交換だった

復活ジャガー

フロント ぺッタンこだった車高も コイルを新調
ホイールも 普通に17インチに変更
コッチの方が コイツには似合ってるように思える
エレガントだぜ

Eg部品も手に入り 見事復活!


年式の古いヨーロッパ車 メジャーな車種は
よほどの事が無い限り 部品は存在する
また まともな業者を選べば 修理費だって普通なのだ

営利目的丸出しな業者のお陰で 国内の風潮が出来上がった

国産車より金と手が掛かると・・・

ある意味 合っているし 全然間違ってもいるこの風潮

ハッキリ言う! そんな事はアリマセン 普通に乗ってれば
そこらの国産車より丈夫で なにより ドライバリティーは
比べるまでも無い程 良く出来ているのさ モデルによるが


そして メーカーによって 色々味があるし・・・

まぁ マイナートラブルは 付き物でしょうが
前回のブログで紹介したとおり 国産新車だって
そんなもんヨロシク~って感じで よくある事さ


何時までも変わらない 現国産車 バンタンコ!バッタンコ!
まぁ 今の世界の車達 世界的にコストダウン そして
車としては もう・・・居住性・便利性・扱いやすさ・スペック

あのなぁ・・・家か?部屋か? 車じゃねーのか?
馬鹿でもアホでも 乗れればいいのか?売れれば正解か?
そんなのばっかりじゃ どー考えても どーでもイイヤツ等にだけ
支持されて終わりじゃん

自動車メーカーとしての車作りの部分 どこかのモデルには残しておけよ・・・



ジャガー


なんかなぁ~~ コイツが 笑ってるようで

蘇ったジャガーに乗れて チョッとご機嫌な
たいぞー君だったが・・・

これまた愛車 クロカン LC80君が 代わって入院したそうだ
ははは ざまーねーな 代わりばんこ入院しちゃさー




つづいてこの方は・・・最悪

プラド

この方も 道南方面 休みを利用して アッチ・コッチと
そのライフスタイルを満喫している 既に走行距離は
20万を超え 噴射ポンプが不機嫌だ トドメはコイツ
普通に国道を走っていた所 もの凄い音と共に タイヤがぺっちゃんこ!


お土産

見た事ないもんが ブッ刺さっていた・・・ニセコ蘭越の道中から
ははは なんじゃコレ? まぁ 今回は このタイヤに大不満の為
全て交換決定! なんせ どんなにエアーセットしても
ヨレた動きを繰り返す Hさんのアジアンタイヤ

まぁ 何でも安く どーでもイイなんて考えの罰ゲームって事で

そんな話は 訳分からん ボンクラさん達に任せて
今度からは ちゃ~んと自分のスタイルに合ったモノを
選択しましょうネ~~ ココはある意味日本じゃネーもん!



この方も・・・


200系


老いたとーさん・かーさんの為 コイツを改造した
福祉車両に近く・・・しかし 外見はカッコ良くなくちゃ駄目

インチアップ バーフェン ローダウン等 

車重のクソ重い バランスの悪い この200系
ある意味 ただのバス 足なんてクソッタレもいい所
ホント ただの働く車じゃん・・・しかも弄った分
更に重く・・・

タイヤなんかどーでもイイ なぁ~んて言ってたら

200系タイヤ

はい ご苦労さん! ワンシーズンで終了! やっぱカッコだけ良ければ・・・

あの~ ハッキリ言って それってかっこ悪いんですけど

よく ベンツ・BMW 国産VIPカー
20インチ履いて 某アジアンメーカーの
国内最安値のアノタイヤ  ははは 知ってる人から見れば
メッチャ 貧乏臭い そう 見栄で乗るなら チャンと見栄張ろーぜ

穴開いた靴下履いているのと一緒だぜ~ んー違う?
それとも アンタ 何人なの? 経済大国 日本と呼ばれていた
アノ頃は もう 二度と戻ってはこないであろう こんなんじゃ・・・


と 話はそれたが 今回は 耐荷重に対応

200系タイヤ2

コイツを ぶち込む! 最近 各メーカー出してるんだよね
コッチ系のタイヤ  皆 よーく考えて選ぼうね 

どんなにカッコ付けても ダセーもんショボイです はい・・・


なんか 今月最後は愚痴ぽくなりましたなぁ

まだまだ言いたい事は 一杯あるのだが

ある人に言われた アンタ敵作るの好きだネ~

イエイエ 私ぁ~昔から平和主義 敵なんても~ ヤメテよ~もー!

ただ スグに思った事を口にする悪い癖がある
それに 本当のコトじゃん ウソ吐いてないもん!

と あーだこーだって言ってると 罰が当たりました~

長年使い続けてる 糸電話(携帯) 余りにも汚いので
洗濯してしまいました・・・

この間は トイレに流されて行く 一歩手前だったし・・・

奇跡的に2度目の復活を果しているが 多分もうスグ
お亡くなりになるだろう 突然 連絡が取れなくなった場合は
そう言うコトです。 なんせ仕事中は なかなか出歩けない
仕事終わった頃には お店も終わってるし・・・







                チャンチャン♪





暑い日が ココ北の国にもやって来た・・・

寝苦しい夜は 昔 意味も無く 車で走り出していて・・・

今は ライフスタイルも変わってしまったが
歳をとったせいか 何時の間にか気絶して朝を迎える毎日・・・


やっぱ 色んな出来事や 思い出は 行動する事によって生まれる

変に都会じゃなくて良かったと思える事も多々あるし

地方は地方で その環境で 絶対に他じゃ味わえないコトが
沢山アルんだよなぁ そんな中に クルマやバイクがあった


チョッと遠くまで移動時間も少なく 

カー・ライフじゃないよな ライフスタイルの必需品だった
もう 戻っては来ない 思い出 だから良いんだよなぁ


























スポンサーサイト

本業も・・・

.23 2010 店舗日記 comment(0) trackback(0)
むは~~ 夏まじかなのだが 何とかならんかコノ天気・・・

それはそーと たまには商品案内も載せないと

 
アンタ一体何やってんの? と 言われた・・・



BF KM-2 2

今期は コイツ BF MK-Ⅱが人気で売れましたなァ

思えば コテコテMUDから チョッと離れて ずーっと
ALLまいてぃ~な仕様に変身した 

実用範囲が広がり
アウト・ドア派の連中には 大うけ!

コレなら ハッキリ言って オール・テレーンはイラネーな もう
コイツのポテンシャルと耐久性を考えれば
アッチは 損した気分になっちまうもんなァ・・・

まァ 泥・土系のファイターさんには 
益々物足りなく感じるでしょうが

私から見れば それだけを考えるんであれば
モトモトから 役不足じゃネー?と思えるのだが


BF KM-2

なんにしろ コイツBF君は 昔から 車両を選ばず
ほとんどの車種・メーカーの車に対応するのが 凄いのだ
もちろん カスタム・カーにだって

まだまだ続くのか コノ人気は



続いて 最後最後と言い続けて またまた出てきちゃったコイツ


マッドジラ

マッドジラ(MAXXIS) コイツのサイズはコレ

マッドジラ サイズ

なんか 私 嘘吐き丸出しみたいで イヤだなァ・・・
まー 何だかんだ言ったって 在るんだからしょーがない
在庫品 4本限り ¥82,000です


そして 本格的 クロカン 山狩り仕様に人気のコイツ

クリーピー


はい ご存知 クリーピー・クローラー サイズはコレ

クリーピー サイズ

在庫は こんな感じ

クリーピー 2

LC77 鹿狩りのオジサン 入荷したぜ~~何時でもどーぞ!
価格は 店頭にてヨロシクーーー


とまァ こんな感じでした~~~






話は 変わって 告知です

バイク祭り

毎年恒例の 北海道バイク祭り

はい 北海道二輪協会からの案内です

意外かもしれないが ココとは なが~いお付き合いなのです
数年前は よく行ったもんだ バイクにも乗ってないのに

私ァ~ 実は二輪も大好きなのだが 死んだ バー様の遺言を守り
だまって大人しくしてるのだった・・・


その日は 私と西P-は 午前中の仕事一軒をやっつけ


バグ・ピクニック

コイツに行ってくるのだった バグ・ピクニック IN 昭和新山

実は 私 余り興味は無いのだが・・・たまに コッチ系行って
新鮮さを貰えればイイな~と考えた

昔はコレではナイが よく行ったもんだ 東の国 焼肉屋主催の
アメリカン系のイベ メッチャ楽しかったのを おぼろげながら覚えている

まァ 今回は 悪友の誘いで 東の国バグ連中と合流

悪友: オイ!7月4日は コッチに帰ってこなくて良いから
    そっちからなら 近いだろ! それじゃ ヨロシク



まぁ 簡単に決めちゃう アイツ・・・

西P-も 何故か メッチャ ノル気で 野郎2人で行く事に
ははは また何かありそうだな 今回も 涼しければ良いけどなぁーー


話は変わって スペアータイヤの代わりに
コイツを購入したのだが 皆して虐める

純正パンク修理キット

メーカー純正のパンク修理キット未使用中古品 なのだが

タイヤ屋のクセにとか そんなんならホルツの修理剤でいいじゃん とか

あのなぁー 軽量化のためじゃ 私ぁ~エコなんだちゅーの
チョッと前までは リサイクルって騒いでたのによー


購入は ココ キングジョーにTEL一発


私 実はコレが欲しかったのだ

純正パンク修理キット2


あると便利かなぁ~コンプレッサー 何時か必要な時が来るでしょう
まぁ タイヤがブッ裂けちゃえば どーしょーもナイけどネ





                              チャンチャン♪



最近は 色んなジャンルのお客様達が 困らせにやって来る

一番多いのが 元気な若者達 昭和の香りを求めてか?
ヤン車系仕様を求めて来るのだ もちろん そんなのは
私ぁ~18番(得意)ココには乗せれないが

タイミングさえ合えば 中古でバッチリ決めれるのだ
アナタの知らない世界を・・・






まぁ そんなかんだで 私的にチョッと笑える話

某メーカー勤務の 常連 只今 検査員資格所得中の
あの方なのだが この方 乗り物好きのどーしょーもナイ奴

MPV 2

一体 ぱっと見 何の車? えーいいじゃん
カッコいいよ へ~~

MPV.jpg

現行 マツダMPV新車で購入 モニター価格のフロントグリル
そしてモニター価格のチタンマフラーなど 色々弄り出した
車は カッコいくなくてはならない と ほざいていたら

たいして距離走ってないのに タービン死亡らしぃ・・・

現行車って壊れないんじゃないの?

なにやら 数十分アイドルしてたら 白煙モクモク~~

メーカー曰く あ タービン交換ですね!って軽く言い放った

はぁ~~~タービンって そんな アンタ簡単に・・・

保障効く間に 交換しましょうって話で終わったらしぃ

何だよ~ 現行モデルも 壊れんだなぁ でもさ
多分 気がつかねー奴 一杯いると思うぜ~ 最近の人はさ

それには一同納得!  あえて言わないけどネ 便利の代償さネ~
君 車屋さんで良かったね



そして この方


3代目クラウン2ドア


まぁーこの方も カスタム好きのどーしょーもナイ奴

コノ前は L20インジェクション改にした
縦グロだったのに

そいつを売って LC80改

単純に 20インチのクーラジアを履きたかっただけで
LC80を買った人 半年乗ったけ?


今回 やっぱコッチ系 3代目クラウンHT

クラウン初の 2ドアHT コレ 私好きカッコイイ!

3代目クラウンうんこ


が しっかり ウンコ付けて来たのは またウケル!
今回は どの様なカスタムをするのか 楽しみ

コノ後 車高を更に下げる為 お出かけして行きました

3代目クラウン2ドア 2

トヨタ名作M型Eg 同じM型なら 7MGのAT仕様で行こうかと

カスタム・カー 誰でも何処でも簡単に手に入る車 弄ってもしょーがナイ
自分だけの 余り誰も手がつけれないヤツで 飛び切りを
自分のスタイルで仕上げていけば カッコいいよネ 



はい 私も その通りと思います カスタム・カーは
誰でも同じ様なのが出来るんじゃ しょーがない

そんなもん 想いも何も あったもんじゃないよなぁ~
カッコイイもんは 簡単に手に入っちゃ駄目なんだよなぁ

簡単・便利じゃ 何でもそうなんだけど 特別じゃないんだよな
分かる筈なんだけどなぁ・・・最近 多々そう思うのであった



何か 土砂降りで 雨音が煩い 今日この頃 そんな時
コイツを思い出した イイ女だったなぁ~コイツ・・・





ん~ 奮い付きたくなる程 イイ女だった そして何故かムカツク
今 こんな 女 いないんだよなぁ・・・












それぞれの日曜日 ぱ~と ツー

.16 2010 車暦と気になる車達 comment(4) trackback(0)
つづき・・・

カフェ・ハリウス

そんなかんだで ご到着 カフェ・ハリウス~~~

英国な雰囲気タップリな この空間 お店は まさに情緒豊かな
眺めと 内装  I田君 夫婦も 気に入ってました

カフェ・ハリウス英国車

お店の 外には 

車好きで ロマンを求めた方なら 必ず通る道の一つ

オールド・クラッシックが並んでいる もち 販売兼ねてネ

私も ず~と昔は 車好きだった 私の中の車好きな人とは
必ず 欧米自動車文化を知る人 だと想う 好き嫌い関係なく

車を好きであれば 必然的に辿り着くはず そのルーツに・・・



そう 知識は その世界を広げるし 選択の幅を豊かにも出来る
そして 困った時悩んだ時の助けにもなる
知っているのと 知らないでいるのは 大きな違いがある
ただ好きと 本当に好きの違いも在るが ソレを怠ると

実は  ただ それだけが好きって話になってる事が多々あり
話を聞いていると ??? なる事が多い 
それしか知らない為 見解が狭いのだ

色々な中で 自分が選択して コレが好きってな話なら判るし伝わるが

それって 車好きとは 違うんじゃなぁ~い って事に
それは 何なにが 好きってだけで 車じゃ ないじゃん・・・
確かに車は登場するんだけど・・・

まぁ 言葉は言いよう 人の想いも色々あるし 
楽しみ方も沢山あるが チョッとそれ
車好きって話にはなってナイじゃんって 

私ぁ~別に そう思うだけで

どーだってイインだけどさー

 話は戻って






そうです 当時の日本 バッタンコ!バッタンコ!しか 走れない車
庶民にすれば 自転車・バイク・馬車等
そして人々は 馬のクソを踏みつけて 足が速くなった!なぞ言ってた頃
チョッと言いすぎかァ? 


アチラでは 既に ドラッグレースからツーリング・カー
ラリー クロカン カスタム・カー チューニング
など色々 既に文化としてあった 

自動車文化の先進国である

この差は 今でも埋まってはイナイ 人と車 そしてカー・ライフスタイルは
絶対に縮まらないのではないでしょうか 余りにも 幼稚な日本自動車文化

進化したのは 快適性・装備・耐久性・スペック等 万人向けの 大衆性だけ・・・
便利な乗り物としては とーっても進化したようです 
もの凄い技術の進歩でココまで来た

それはそれで とっても素敵な事なんですが 何かが足りない
車として 人が運転するモノとしての 何かが
 
ソレを真似てきた部分 本質的な何かが 欠けてきて
オカシナ話に変化してたり認識してきたのかかも

また それに輪をかけ 嘘っぱちのエコロジーなどが混ざってきて
そりゃ~ もう 大変 そう 車にロマンを求める方達にとっては
???となるのも うなずける そんな考えは 時代遅れなのかもしれないがネ

営利・大衆ウケ そう 消費者 ユーザーなる方達が支持する限り
何時までもそれが 正しいのかもしれない

そんなかんだで 私も30歳過ぎ頃 その後 日本の車文化などに幻滅し
各メーカー・メディアの発表する車達や記事 日本独特の流行等に
うんざりして車好きの情熱は冷め 

今じゃ 只のタイヤ屋さんとなった

欧米で作られた 車達には 世界中の車好きに愛され 古いモノでも
いまだに愛される車達が多々あるのだが 

国産じゃ 極一部の車種だけだしなァ・・・世界相手じゃ 無理もないか
しょーがねーなァ・・・

ジャガーコクピット

そんな中 今も昔も 心の底に在る 
ある想いを 甦らせてくれるであろう また 確認したくて
この場所へ どーしても行って見たかった てな 話である・・・

まぁ そんな 私的な事は 再び どーでも良く





ココのパスタは 絶品でした 私ぁ~半年位 パスタとピザトーストを
夕飯に喰い続けているモンで たまに人の作ったものを食べると
ほっぺたが落ちる思いです ははは 久しぶりに聞いたなぁ~この言葉・・・

ちなみに I田君 夫婦も同じ意見でした!

マスターと従業員も とってもイイ感じで ある意味ナチュラル!
私の中では ココのマスター? 社長は 想ってた通りの方

なんか 少ない言葉のやり取りの中で 結構私 素っ頓狂な事言ってたような・・・
全ての答えが 彼から出てくる様で それが実に 的を得ていて
納得してしまう 素敵なプロフェッサー

ココに来る お客様達は 家族連れから登山客 また 車に想いを込めた方など
多種多様で この 英国調でオシャレな空間が 人を引き付けてるようだ

そして 彼の情熱 本気のモノには本気で答える
全然 そんな風に 見せない風貌が 何故かジェントルで

あ 私 全てがライフ・ワークですから なぁ~んて聞こえてきそうで


そう  想いが強ければ ソレは無敵さ~って 誰かが言ってた

その言葉 思い出した 挫折・悩み・想い 全てを繰り返し
辿り着く 自分だけのスタイル 全ては自然のまま 全ては必然なんだよ
全ての答えなんて 自分の中にあるんだよ~~ ただ 後押しされたいだけさ
なぁ~んて 言われた様で ココに来て良かった

そんな感じで 後は 情熱を燃やす燃料が 何時 注入されるかだけ 
私の中にある想いの答えは出たようだ



ちなみに 会社の相方 西Pーも ココの先 小樽に この日は居た

花の展覧会

彼女のお供で 花の展示会らしぃ・・・ コッチは
モロ じゃぱにーず

おばちゃん ばーさん ばっかでしたよ~と 後に語る

しかし コンクール作品を見れば コレまた
結構イカシテいるんです! 私ぁ~ 嫌いじゃないぞ

作品2

作品3

午後4時ごろ 西P-にメール

まだ居るから 来るかぁ~~と 

もうチョッとしたら出れマース と返信

そう ココのコーヒーも絶品らしく 私とI田君奥さんと
西P-カップルが来たら ホットドックと一緒に頼もうとしてましたが

待てど暮らせど やって来ない・・・

ジャガー エンジン

ジャグァーEタイプの 12気筒エンジンの様に スマートで シルキーじゃないな
西P-は きっと トラブッってんだな アイツ・・・


カフェ・ハリウス2台


夕飯の仕度も在る為 I田君 夫婦は ご帰還願いをしてきた

そーだね まぁ また来ればいいか 帰りましょう 帰りましょう♪

そして 約2時間の道のり 再び 原始的な キャブ・サウンドを響かせ
チョッと空いてきた R337を 気分良く 走り出した





ご機嫌な 気分で 気持ちイイ速度で 走っていて思った

I田君の 奥様がうらやましぃ・・・ はたから見れば
クソボロイ コノ車達 ましてや彼のベレGは フロント・エンジン 
ガソリン臭さは モロ室内へ ハイオク仕様で燃費も良くは無い
オマケニ 下げた車高で 乗り心地も 決して良くない
トドメは爆音だし

しかし 同じ時間と瞬間を 彼と共用してくれるパートナー
しかも楽しげに 文句も言わず イイ関係だぞなァ~ 

そんな事考えながら ケツを走っていると

何時か そう もうチョッと歳をとったら アレを買おう
昔から描いている あのシーンを アイツと2人で

20090718161736b9f[1]

秋の紅葉の中を フル・オープンで

私  寒くないかい・・・

嫁 寒くなんか無いわよ あなた

私 もう少しすれば 飛び切り美味しいコーヒーが飲める
   暖かいコーヒーを飲ませてあげよう


なァ~んて 妄想してたら 江別市内 やってくれました
裏道抜けて さっさと江別・恵庭線に出ようとしてたら
     
時速20キロ以下で フラフラ走る LC-80 10インチUPハイリフト

なんじゃ アノ足は・・・今時 しかも オールじゃん・・・
よく判らん コンセプトの車だ 何でも良いから 居なくなってお願い

我慢できずに ウインカー上げ わき道にそれる私なのだが
イジメの様に 後だしウインカーで 同じ方向へやってくる・・・

とうとう カブリ出し コンビニ駐車場へ避難・・・

はァ~ コッチの車もどうかと思うが アレもねーだろ フラフラと

変な妄想してたから 焼きもち焼きやがったかコイツ(ビートル)・・・
まったく 罰当たったぜ それとも 嫁の祟り

アイツは 絶対 こんなシーンする訳ねーもんなァ
コイツにだって 二度と乗っちゃくれんのに・・・

しょせん ロマンだなんだかんだ言ったって 興味の無いヤツには
こんなもん ヘンタイ オ○ニー妄想で気持ち悪い話だぞなーーと

現実に 戻されたのだった・・・



ちなみに 西ピーも ある意味 同じ感じで走っていた

寝ている彼女



必死に家路を急ぐ LC60君の エンジン音 何時も彼女は
心地良いのか ぐっすり眠る・・・

今回は やけに姿勢がイイ寝方じゃん と 私ァ~笑っていたが

行きも帰りも ぐっすりでス コイツに乗ると 何時も・・・
乗ってくれて文句も言わないんですけど 会話が・・・無い



そ  そうだな・・・



楽しいのは 人それぞれ違うのだが 何かなァ・・・


小さなドラマが逢って やっぱ 面白くて良いじゃん

便利で楽な車も良いけど なァ~んにも起きなきゃ詰まらんしなァ
コレはコレで イインだよ 普通に走ってて 楽しいじゃんか




                        チャンチャン♪



それぞれの日曜日 ぱーと・ワン 

.14 2010 車暦と気になる車達 comment(2) trackback(0)
とても暖かくなった 日曜日の話

仕事が詰まって 午前中お仕事だった
前の日は前の日で 朝から入れ替えラッシュ!

バックオーダーやなんやかんやと しかし いまだ
出来上がらない 新作ホイールもある・・・一体どーなっちまってるんだ?


と まぁ そんなかんだで 本来なら予定してた十勝ご帰還中止 

東の国 苫小牧勢の応援 D-1ストリート
到着してたら 終わっているだろうの予感の為 中止

それだったら 午後から

数年前から お知り合いな方? 一度も会った事が無いまま数年
新しいカフェをオープンしたので コレを機会に 行ってしまえ!

カフェ・ハリウス看板


常連 旧車乗り I田君 ベレGとランデブーで走り出す 

ある意味 コレ失敗だった まず時間帯 覚悟はしていたが・・・
そして気温・・・メッチャ Egに負担だよなぁ・・・

VWEg


そして ランデブー これも 走ってスグ 
全然噛み合わない 2台のクルマ仕様 ははは 無理だった


彼のは 2リッターツインカム ソレックス ハイカム レース仕様

結構 現代風で 街乗りも楽々
したがって 街中でも平気で入って行ける


私・・・ 1.7リッターチョッと 時速40キロ以下では
もちろん 走れるし問題無いのだが ドライバーが
かなぁ~り 厳しい 街乗り・・・冗談じゃあネーよ仕様
強化クラッチとクロスミッション そしてウェーバー ハイカム

あの~~ 2速パーシャル・スロットル&ハーフ・アクセルは
とても 気分の良い物ではない 1・2速を多用する場所は苦手なんですが

出来れば 街中を避けて走りたいんですよ・・・

そうです 神経がデリケートに出来てる 私ァ~
今回に限り タコ以外のメーターは あえて付けなかった

悪友も そんなモンは いら~ん と言ってたし

油温・油圧 など 見ちゃった日には きっと デリケートな神経が
空冷FLAT-4は 見ちゃいけない様な気がして
音だけで何とか感じているしかないでしょう・・・


タコ





思えば 昔もそうだった 異なる仕様の車でランデブーなど

もともと協調性など持ち合わせていないドライバー
でなきゃ こんなクルマ好んで乗ってる訳も無く
一緒に走れる スピード域は 法定速度の約2倍から どーにかなのだ





そして旧車に限らず最大の弱点 足を極端に落としたほとんどの国産モデル
スタビリティーが 信じられないほど悪い バッタンコ ガッタンコ!

恒例の段差カットと急減速・・・ コレがイヤで 今回乗り換え時
国産旧車は アウトオブ眼中となったのだ おまけに ハンドルは
チョッとタイヤを太くすれば異常に重くなるし・・・
飛ばせば ピッチングの嵐 ブレーキングすれば タイヤくわネーし 
走りが カッコ悪い お下品極まりない! 昔は それが良かったのだが

ある時から それを知ってしまった時から 私の中ではX そんなの
気持ち良く走れないって事に気が付いた 
 
どんなにイイ味持っていても 幻滅させる あの状況
それを解決するには ソコソコのお金と相当のカスタムが必要
残念な事に ベース 基本がクソッタレなんだよな きっと・・・

お陰で 突然起きる 先行の挙動で 踏まなくていいブレーキと 
回転数ダウン後のアクセルワークが 忙しく 街乗りは 別々で走ればよかったかもネ


とまぁ 何だかんだと 道中色々あったが 目的地 張碓に向け
R337に出てしまえば 楽しいランデブーってか
2リッターは はえ~ 伸びて行く~~~ ピュ~ッと本領発揮だ

途中 若いカップルに ゲラゲラ笑われていた 私・・・
よほど滑稽だったんでしょうな~ 坂道発進が なんか
初心者みたいに ブァ~ブォ~と回転域が高いし煩いしネ~~


教訓 必殺 オナ○ー 旧車マシーンに乗る時は
   つるんで走るなんて考えないで 一人で楽しく走るべし
   どーしても ツルム時は 何処かで 待ち合わせればイイ

   ドライバーもマシーンも こんなの乗るヤツは
   協調性なんか 考えてないし 持っちゃいないんだから

   ましてや 仕様の異なる車同士 合わして走るの面倒くさいし
   結構 無理がある 我慢 我慢とね・・・


   そして 次回 目的地 カフェ・ハリウスに・・・続く


カフェ・ハリウス入り口


    



なんかなぁ~ 賑やかに・・・

.10 2010 店舗日記 comment(3) trackback(0)
今週一発目は

段々と暖かかくなって来たようで
常連さん達 あ~でもない こ~でもないと
チョコチョコ集まって来ては オジサンを冷かすのだった

コノ時期になると 各オーダーは 想いのこもったモノや
トラブル解決方法など まさにゴチャゴチャだ・・・

なんたって ココはタイヤ屋さん あやゆるジャンルの方達が
やって来る 私ぁ~基本的に 何でもアリなので コレがまたイイのだ

チョコ

相方 西P-は 2時間おきに腹が減る病に掛かり
つねに何か喰っている・・・ それ 夕方の私のエネルギー源なんだけど・・・


パロディステッカー

その他ステッカー

まぁ 客席周りは 何時もの如く 馬鹿っぽい商品でガチャガチャしてるし
委託商品も勝手に置いてく方も?いる・・・

ラムザREP8000

ラムザ8000 12V仕様 4~5万円 

また タイヤ・ホイール新品SETをオーダーし
ついでに クルマを探せ だの まったくもって ココを便利屋さんと
思ってる 常連達だ はははは 

この不景気と言われる現在 何時ものヤツ等は そんな風 どこ吹くやら?
下を向いているヤツ等なんて 一人も居ない

ホントに ライフスタイルをエンジョイしているようで素敵だ

こんな時代だからこそ 本気で楽しまなくちゃ どーでもいいモンに
騙されないよう 自分がどーしたいか 一番大事でしょうな


                チャンチャン♪




イジメに来た 常連さんの一部

ビートル新旧

新旧ワーゲン比べ  この方 ビートルを2台ほど乗り続けている
国産車に幻滅し ヨーロッパ車を乗り継ぐ方

千歳に住んでた時は 職場までの道のりに チョッとした直線があり
毎日 最高速アタックをしてたと言う・・・寝坊しただけだろう

200km以上が なかなか越えれなかった アノ直線
205キロまでは出たんだけどなぁ~ 


と つぶやく アンタも その口かい・・・


ビートル新旧 2


オジサンが こんなの乗るなんて思わなかった~ と

あのね~ 私ぁ~基本的に オジサンなんで 現代の車には興味は
あまりナイ だって 何か足りないんだもん 何時も思っていた

四駆好きの オジサンだと ずーと思ってたよ!

ぶっ! 確かに好きだし楽しいよ だけどね アレはアレ
何時でも何処でも 楽しいか?となると別

特別な場所だけ楽しいのは 私の中ではX 時間のナイ私にゃ~
やっぱ 何時でも楽しくないと駄目なんだ そんなモン
カーライフとは 最近思えない それに 自分にとっちゃ~
カーライフって言うより クルマは相棒 ライフスタイルの一部

見栄やカッコ そんなモンは 金持ちがやればいい
金無い 私ぁ~ 一度購入したら そうそうと買い替えなど出来ないもん

そーしたら 決まってるだろ 長い付き合いになるんだもん
自分のスタイル・環境・生活に合った
ご機嫌なヤツを選ぶし 想いもぶち込む そう言う君だって
同じじゃん~


NEWビートル

モダンな顔したコイツは やっぱ現代にマッチした顔
上手く 先代を継承した所も ナイスなデザインだなぁ


旧ビートル

ははは ビートルファンには悪いが 相変らず ブッ細工だ
高年式の面は 私 実は趣味ではない・・・何か中途半端なんだよなぁ~


NEW室内

おお モダン レザーじゃん メーター周りと使い勝手よさそうなSW
エアコン装備で 快適クルージングだね それでも上手く
先代のイメージ残してまとめてるよネ デザインが素敵
おまけにイイ匂いだぁ~~


旧室内


見るも 何も 形容しがたい シンプルな室内
コレでもまだインパネまわりにゃ多少のカッコが・・・
鉄板だけじゃないもんなぁ~ でも 私ぁ~そっちが好き

おまけに ガソリンのイイ匂いがぷんぷんだ・・・
余計なメーター無い方が 心臓にもイイ ははは
分かる人には分かるでしょう コノ意味・・・


NEW後ろ

およよ リアシートも モダンで 人に優しそうだ
レザー張りは コッチ系の定番か? ホールド・安全性にも
長けて 良いんじゃない 国産車ってさー 居住性だけ特化して
大衆車は特に 車の安全性って考えてるのかなぁ・・・


旧後ろ

えへへ 自慢のリアシート 綺麗でしょう ふっかふっかだぜ!
そう 誰ーも ここ 座った事が無いようだ・・・

ちなみに コノ仕様になってからは ココは
超罰ゲームの席となってしまった ケツの下には
高電圧のKITが置いてあり 下手しりゃ感電?
真後ろには 可愛くない心臓が イイ匂いを匂わせ
爆音を発てて仕事してますモン!耳が痛いのだ


と まぁ こんな感じで チョッと遊んでみた
時は流れ かなりモダンで便利になったんだなぁ~と
しみじみ思う また インジェクションは相当便利だ
運転が 超楽チンだもなぁ~と あらためて感じたこの頃だ・・・




ベレG&ビートル 2

そして もう一人 何時もの常連 ベレG君登場・・・

やっぱ なぁ~に コッチかい・・・
そーでしょう コッチ系でしょう オジサンはさー



な、何を言ってるんだ君は・・・そんな事無いさ
クルマは楽しければ 何だって良いんだよ・・・


またまた カッコつけちゃって 無理言って~~



・・・ あったりめーだろ! やっぱコレだよなぁ!
ガツンとバキューンと行かなきゃ 車じゃネーよな!

馬鹿でもアホでも乗れるようじゃ テメーの車とは言えネーよな

何時だって コイツに乗ってりゃ ご機嫌ってのが大事だよな

コンビニ行く時だって チョイ先の所だって
何時でも楽しい ご機嫌だぜ!って感じ そう その感じが
とっても今 実感してる やっぱ 車は楽しいぜ!

それにしても オジサン・・・ チョッと車高低くない?


なぁに言ってんだよ 車高の低さは知能の低さって
昔から言われてんだろ~~ イインだよ コレで

キャル ルックってのは 何でもアリなんだよ 

それに 何時だって 車は
低い方が カッコ イイに決まってんだろう


よーし 今度の日曜日は 君を 素敵な所へ連れて行ってあげよう
同じ想いを描いた者同士 初めて会う あの方のモトヘ付き合ってもらうか


但し 午後からだよ 仕事が詰まって 午前中はお仕事

ホントは TISだったんだけど 仕方が無い

その代わり 自分の夢の部分のカケラ 君だけに見せてあげよう
きっと 飛び切りの場所だろう

何時か自分もきっと・・・ 車にロマンを求めた達の為に・・・






もう6月なのに 何この気温・・・

.03 2010 店舗日記 comment(4) trackback(0)
いよいよ6月に突入 なんだかなぁ

北の国 気温が安定しない 寒かったり暖かかったり

まぁ 私にはあまりどーっだってイイのだが

今回もコレと言ったネタはナイのだが 長年この業種を
やっていると 馴れなのか トキメク事も無くなってきた
だからって 決してサボってる訳でもなく気を抜いてる訳でもない

差し入れ

しっかり 常連の近所の車屋さん ガッチリ仕事を入れても来るし
今回は事務員さんから 差し入れだ・・・

リゲイン

なんかなぁ~ 知ってか知らぬか 事務 やるなぁ~~
24時間 働け!ってかー 益々グレードUPする このドリンク・シリーズ
多分 従業員達の仕業でしょう コイツを持ってイケと・・・


てな感じで 久々のジムニーネタ

何時もの常連 ふと出勤前にタイヤ交換なのだが

タイヤ交換

彼は コレくらいのハミタイは 容量範囲と
勝手に 法を作って元気に普通に走ってる方なのだが

何を血迷ったのか クロカン系からコメディ路線へ変更か?

ボガー

オジサン~ このホイールに コイツ履ける??

もちろん 履けるさ~ 私ぁ~ 出来るモンなら何でもござれがモットー!

でもさ 何をどーして ボガーのこのサイズなの?

ハードなMUDアタックでもするんか??
それとも チョロQでも作って ウケ狙いたいのか? ん~~


交換後 案の定・・・












チョロQ


チョロQの出来上がり~~ コレで君は ヒルクライム死亡だな
まぁ バーフェンも 今度ばかりは必要だろう

どっちにしろ 窓開けて走れば 顔面シャワーは確実だ

ん~ 最近の馬車乗りは 判らん・・・何を求めているのか?

まぁ コレはコレで 面白いし 何処かに馬鹿ポサが クルマを楽しむ上では
一番大事だと想う このごろだった・・・







                       チャンチャン♪






ん~ 久々に 私ぁ~ご機嫌な 始まりなのだ

やっと出来上がった コイツは まだ慣らしで
ステージ1程度のチューニングなのだが 想っていた通りでOK!

職場の相棒 西P-君を 仕事終了後 拉致監禁して

ココの名物 キラキラ海岸へと 無理ヤリ つき合わす
過去 ココは ストリート・ドラッグのメッカでもあったらしぃ

4車線のなが~いストレート コンビナートの明かりが眩しく
この名が付いた様だ

突き当たりは ゲートでどんづき

後ろから 国家権力が現れりゃ 一網打尽の場所

もち 慣らしの途中なので その片鱗を確かめに

オルガンペダル

久々のキャブ車 ダンドラ ウェーバーは かなりイイ香りを
車内に撒き散らし 強化クラッチは 小さいおじさんと言われる
私の左足に 負担を掛けてくれる・・・右足だって
足が・・・短いのだ 力が入れづらい

クロス・ミッションは このシャーシに付くモノでもなかったが
悪友はリジット式加工ブラケットを製作し ドッキング

クラッチ・ミートをスムーズに出来なければ・・・

まぁ 壊れるな! と 軽く言いやがった 耳に残る言葉だ

タコ

コイツの始動は ウェーバーの扱い方を知っていれば
簡単なのだが 知らないヤツが掛ければ カブって終了

インジェクションに慣れた 私にゃ~昔を思い出すイイきっかけだ!
車内に香る匂いとイイ アクセルワークとイイ
10代のアノ頃に戻っちまった

掛かった後 そーっと優しく吹かす フ~~ フ~~って感じで
間違っても 激しいブリッピングなどしちゃイカンのだ
ストールしないよう 右足を使ってうま~く 空気とガソリンを混ぜるよう

アイドルが安定して スタートなのだが コレマタ回転を上手く
合わさないと ミッションが・・・強化クラッチは重いし
レスポンスも良い為 ストールさせれば ウンコ いや エンコ!

まぁ アレだ 何でもそうだが 優しく扱うのが一番だ
1500~2000回転ほどで繋げば いとも簡単にポンと発進さ


まぁ コイツ 低速域でもトルク・フルで乗りやすいのだが
乱暴なアクセル・ワークは禁物 低速域はカブってしまう
本来ならそんなカブルまではナイのだが
何か味付けしてる様で それは まだ 封印だ・・・

そう まだまだ慣らし中だもん!


ドライビング

2速~3速と かる~く流せば その乗りやすさに 笑う

フロント ぺッタンこ でケツ上がりのホットロッドスタイル

そう アクセル開ければ チョいケツが下がる

チョッと速そうなデテールになる筈 この馬鹿ポサが大事なのだ

フロント ぺッタンコ トーションバーのコイツ
想ったとおり 乗り心地がイイ 隣の西P-も驚く

3000回転程度で走れば トルクフルな普通のお車だ

ひとたび3500回転を過ぎれば ん~イイねー
5500リミットが 今は痛いぜ


ナビ

雨上がりの この道で その片鱗を チョッとTEST
色んな走り方(回転数合わせて)をすれば

なんだよー 楽しいじゃネーか ココとココをコイツは
イイ感じじゃん! 何か 相性いいんじゃない?私とコイツ



なぁ~って 楽しむ私を 隣の西P-が シラケ・オーラ丸出し


コレは 隣に乗るもんじゃナイですね~ ツマンナイモン!


ははは そうだな ガソリンくせーし 人乗せて走るもんじゃねーな
走ってる本人だけに 祝福の時をもたらすようだ

納車後 ナビに座った 嫁も言っていた 

二度と乗か!
バッカじゃないのこんなクルマ作って乗ってーー!


その後 彼女は無口になり その日 必要以上な話はしなくなった・・・

私ぁ~心の中で テメー 20年以上夫婦やってて まだ判らんのか
テメーの旦那は 頭が逝っちゃってるんだって事が 今更何を言うんだ・・・



コイツは対話しながら走るもんだな! なんかさー
ザマーミロ!って感じ 全てにおいてさ
今の車を取り巻く環境や流行とかさー全てに否定だな
だって コイツは 
こんなに楽しいし
ご機嫌だよ 私ぁーー!

只のストリート・チューンでコレだもんなぁ・・・



悪友の最後の言葉  ハマルなよ!
 
最初は そんな事 あり得んなど思っていたが

しっかり ハマッタ  ノーマルも欲しくなる・・・

空冷フラット4  こんなにハマルとは・・・





光のシャワー


最後に 4速3桁巡航で アクセル開閉度1cmで・・・

オイ ココからぁ? まだあんのか その領域・・・ 

コイツ どんなもん秘めてるの? ホントご機嫌なヤツだ

スペックとか居住性 スタイリング そんなチンケもんは
どーでもイイ!

私ぁ~ コレが欲しかった 車との一体感 スピードなんて
どーでもイイ オマエの事 もっと知りたいんだって感じだ
気持ち良くさせてくれ~ 何時だってご機嫌だぜ~~ってさ

そうそう まだまだ コイツとは始まったばかり
段々と深く深く 良い所も悪い所も含めて 愛せそうだぁ~~

アクセルワークで ご機嫌な回転域を コイツのいい所探すように
原始的な 匂い 乗り心地も全て 五感を使って

そして ブッ細工なコイツも何故か 色っぽい

ケツ

見方によれば 相当 グラマラスなラインだぜ 特にケツなんか
まったく 私 好みだ~~ そこらのネーちゃんに乗るより
絶対 コイツに乗ってる方が 楽しいしご機嫌だ!

鼻糞ほじりながら アクセル踏めば走る あのインジェクションじゃ
絶対味わえないコノ味 ありゃー どんな能書きここうが 直線なら
アホでも扱えるもんなぁ 踏めばいいんだもん 足さえ付いてりゃ
誰だって ガキだって出来る行為だし

そこじゃ ないんだよなぁ コノ感じ ただ速いとか デザインがモダンとか
そーじゃないんだよなぁ ましてや カッコだけのドレコン仕様とか
嫌いじゃないんだけど そーじゃない・・・しかし こんな
36年前のクルマになぁ・・・ハマルとは

やっぱ 普段から何時でもコレに乗れば ご機嫌ってのが欲しかった

あ~ 気持ちワリ~事 言ってる・・・

それほど 今回は ご機嫌って事かぁ


悪友に 大感謝! 私の想い気持ち 全て叶えてくれた
車は楽しくなくちゃイケナイ 

条件は全て満たしてます コノ ストリート仕様は


11mのトレーラーも瞬時で抜けたし コレで 
ご帰還道中 楽しく帰れそうです。 

悔しいけど アナタ 最高です! 車の楽しさ 私が想う気持ち
ちゃ~んと 伝わってしまうなんて


まぁ 彼に言わせれば 別に 思いなんかコモッテナイ
只 作ってるうちに楽しくなってよー って話


そして感謝の言葉

初めてクルマ買って こんなに満足したことナイ
アリガト~!
ご機嫌だよコイツ~~


その後 君が言った言葉 忘れないぞ

あ~そう 長かったなぁ~~


そっけない 返事の中に 覗く気持ち

クルマに想いを込めたヤツ等は
何時だって 楽しくなくちゃイケナイんだ


変な風潮や流行に流されちゃイケナイ

何時だって 自分の想いが一番大事だって事さ

俺達 友達欲しくて クルマに乗ってる訳でもないし
他人に見栄張って乗ってる訳でもない

どーでもイイもんに 高い金だして乗ってる訳でもない

何時だって 自分が一番楽しくなくちゃな~~~










 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。