スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末・年始のご案内・・・

.28 2010 店舗日記 comment(6) trackback(0)
何時の間にか

今年も残りわずか 思えば クリスマスも感じなく
忘年会行事なども・・・ なんだかなぁ~

あっという間に 年が明けそうだ・・・

モチ


周りの お話で そんなのを感じていました

一体 私等2人は 何やってたのでしょうか・・・

と 言いつつ 何時もの行事ごとは しっかり終わらせたのだった


窓拭き


窓拭き2


ピッカピカにお掃除仕上げ完了

入替作業の合間をみて しっかりと


ピカピカ1


店内もチョッと モデファイしながら

まぁ 今年も色々ありましたが 無事 年を越せそうです

これも 贔屓にしてくれた 皆様方のおかげだと感謝します

また 来年もよろしくお願いします。


年内の営業は 12月29日 で終了です

12月30日より お休みにさせて頂きます


年始 営業始めは 1月6日より 通常営業(AM9:00)となります


すでに 来シーズンの 取り扱い商品の段取りも調整に入り

来年も 国内に そー簡単に入荷しない物を 何とか春までにとか

オリジナル ホイール等のオーダーなど 

何時もの如く 前に前にとガンバリマスので 

来年もヨロシクお願いします。






                                    チャンチャン♪









年末ギリの飛び込み交換など追われ また お久しぶりの 各客人達来店ラッシュ

まぁ~ 相変らず にぎやかで楽しく はははは

そう まだまだ 頑張らないと と感じさせられる

若い世代のお客さん達など 夢を見れなくなった日本

彼らは彼らなりに 凹んでいる様で なんとも・・・


デタラメやりながら生きて来た 私ぁ~ えらそーナ事は余り言えなかったが

人の目感じながら生きてるより 自分の幸せの為に 多くを感じて欲しい

心まで 貧乏臭く惨めになんかならならいで欲しいです はい・・・

日本 大衆文化 ある意味 昔の長屋の精神 

何時までも そんな貧乏目線からの考えは やってられないでしょう

踊らされちゃ 人生終わりよん~ 何時だって 自分は自分

人生 そんなに長くは生きられないんだぜ~ 頑張れ 若者達



VW-2.jpg


原始人な オジサンは 原点復活 何時だって 感じていたい

そう 昨年気が付いた 何時だって 自分は自分

そして 明日死んでしまうかもしれないって 思いながら生きていた日

後悔なんて 先には立たない だったら 行ける所まで行ってしまえってさ

人と同じは 特にイヤだった 自分らしく生きて行こうってネ

クソみたいな事だって何だって ソレはソレでOK

何時までも 続く訳ない クソッタレな日々なんか

楽しく幸せを感じる日だって きっと来るさ

心を豊かにしてればさ~










来年は 確かめに行くんだ 想い描いた あの場面 場所を
感じれる 今のうちに 自分だけの特別な場所を見つけに


んじゃ また 来年!





スポンサーサイト

冷えた街

.17 2010 店舗日記 comment(2) trackback(0)
雪


気が付いたら もう12月中旬を向かえ

この街にも やっと冬らしい状態が

道内各地じゃ 最低気温を記録したり 積雪だったり

寒いぜ~~

氷2


土壇場の入替作業がダラダラと続く

巷じゃ 不埒な日本のクリスマスが近く 浮かれてるそうだが

私ぁ~ココ数年 そんなもん感じた事も無い

12月のその時期は グループ会社 全店の総会議となっており

25日・26日は お店は お休みとなっています 

あしからず・・・ 


まぁ なんにしろ 年末が近づいて 慌しいし 超寒いし

一年でこの時期が(12月) 一番嫌いなのだ

エアー・ツールは 凍りつくし 歳と共に体が動かなくなるし・・・



そして 今年もやって来る この仕事


ピン

銀色に 鈍く光る物体を パシュ~ン!パシュ~ンと


スパイクタイヤ


今回は 牧場関係や港関係の 働く車達のオーダーだった

ズルズル滑る路面に 化学合成ゴムなど刺さるワケも無く

効くワケねーだろう と ツマンナイ事故で大変な事になっちゃ~

しょうがねーだろうし・・・


そりゃ~アナタの言う通りです。




今期の道内 道路状況は きっと最悪に成るだろう

既に体験もして来たが 経費削減の為 除雪は手薄に

積雪出動の基準も変わり 排雪作業だって少なくする方針だそうだ

コレもカレも 皆 あの党のお陰だ 一体何したいんだアイツラは?

まだまだ続くのか~ 寒い日本の状況は?



まぁ 私ぁ~ 個人的には どーだってイイのだ

そう そんな生き方 してこなかったしな 

何時の時代にも 体制側には クソッタレだったしなぁ~~


何でもイイが 寒すぎるのは チョッとゴメンだぜ


と 言う訳で 皆さん お体に気を付け 今年も残りわずか

ガンバッテ行きましょう~~~





                            チャンチャン♪












なかなか 落ち着かない仕事状況 それが イイのか悪いのか 判らないが

気持ちが なかなか落ち着かない・・・

次々にやる事が アルのだが コレマタ集中できないのだ

プライベートの段取りなんて 全然考えれない
免許の更新もしなくちゃイケナイし・・・

まぁ 年内は ひたすら目の前の事を一つ一つ片付けて

そのうち 落ち着けるだろうさ!




と 言いながら チョッとは お車はやっている 冬仕様

冬仕様1

前回 峠の圧雪アイスバーンで感じた ブレーキ対策

ホット・ロッド系の この仕様 フロント荷重過ぎて
ブレーキが すぐロック・・・


車高を 上げればイイのだが トーションバーのナットが
つぶれて あはは~~~・・・ 

直すにも手間が そして時間も イヤ ただ単に寒い・・・

そんじゃ リアに 必要な時 荷重を掛ければイインだ


スピンターンノブ

簡単な方法 サイド・ブレーキを掛ける

そして 使い易い様に スピンターン・ノブを自作

コイツは便利 ノブがデカくてサイドを握りながらそのまま
滑らせればロックOK~ってな感じ コイツは 四駆用ショックに
付いていた 専用ボルトを 切ったり穴空けたり加工

グリップはスノーブラシから頂いたスポンジだし
貧乏臭い割には イイ感じだと 自分では思う



室内ワイパー
 

コイツは 馬鹿な遊び心だ!ウインター・ブレード加工 


コイツ空冷VWは
室内に曇り 水滴などが出来る

通常は 吸水性のイイ タオルで吹くのが定番なのだが

外窓はワイパーが活躍するんだから 中だってイイじゃないか!

ドライビング中だって 手を伸ばせば ナビの窓だってキュ~ッとネ!


コイツには あの悪友も 大笑い!

しかも ヤツは 私のローバック・バケットを見て

アレ~ どーしたコレ? デッカイ チャイルド・シートかぁ?

おいおい・・・ そんなのアルのか? 馬鹿タレー! と一喝


何はトモアレ 古い車は こんなチープなモンでも

結構イケテルじゃんと 二人で笑ったのだった。





コイツでも聴いて 何とか寒い冬を乗り切ってみせるさ・・・






満たされない思いと香り・・・

.06 2010 妄想車物語 comment(8) trackback(0)
2ヶ月ぶりの ご帰還 悪天候の峠の夜だった・・・

用事に追われ スケジュールびっしりだったが

ほんの一時の 楽しい時間

そんな空間がある 自分の街 そして 素敵な知人達

あ~ また がんばるかぁ  と リフレッシュ ん~ 何時か

絶対戻ってみせるさ・・・



そんなかんだで このシリーズ はじまり~~





俺は この道 数十年の車販売営業マン
車好きがこの道を選んだのは 言うまでも無かったのだが

最近 なんか満たされない・・・

ある時 悪友が言っていた 好きなモノは商売にしちゃイケナイ 

今まさにその意味が 分かる様な気がする・・・



本日は 納車日だ 数日前 契約した まぁ 中流家庭の上クラスの
歳の近いお客さんだった

今流行の 大衆文化の 豊かな家庭の象徴みたいな車だ
別にこの車には 罪は無いのだが・・・イメージがなぁ~

なんか 諦めちゃったヤツの成れの果てみたくも感じる


おっと イケナイ こんな時間だ

約束の時間

旦那さんは仕事で居ないので 奥さんが受けるという話だ

子供が帰ってくる時間後 受け渡し 簡単な説明を・・・


納車

まぁ なんだ この車を選んだ理由が 子供の幼稚園の送り迎えが
始まりらしぃ・・・ どこぞの○○ちゃんの家の車がイイとか
あそこの家は 何を買ったとか そんな親達の 見栄の始まりらしく

子供達は そんな事見てもいないだろうなぁ

実際 子供達にウケて目立つなら
スーパー・カーで送り迎えした方が 子供達にはウケルだろうよ



訪問先


ん~ 幸せを絵に書いたような 家だ・・・

メルヘンチックとでも言うか・・・可愛いらしぃ家だこと

コレで 不細工な嫁でも出てきちゃったら

俺はきっと 満面の笑顔が止まらないんだろうなぁ~


と 不埒な想像で 呼び鈴を 鳴らす    と・・・・










エプロン姿2


はぁ~~い! と出て来たのは ビックリ 仰天

アチラも ビックリ!


あら~ 久しぶり アナタ やっぱり車屋さんになったんだぁ

と 来た・・・

そう 昔々 十代の終わり頃 付き合っていた女だった・・・


し 幸せそうジャン・・・と チョッと動揺しながら

俺は 簡単な説明をして 引渡し完了!




まったく 狭い世の中だ 数十年ぶりに 出会った
アイツは 幸せを絵に書いたような生活をしていた

まったく 今の俺は 何をやってんだか と
複雑な心境のなか そこを離れ 後輩の迎えが来る場所へ・・・



TEL.jpg


と センチな気分の俺に 取引先でもある 悪友からTELが・・・ウゼーな もう!


悪友: オイ ○○町に納車 行ってるそうだな

俺: おー 今終わって 会社に戻るとこさ!

悪友: 悪いんだけどソコの町の○丁目の駐車場に黒い車が在るんだ
    乗って来て コッチに届けてくれないか

俺: オマエ そんな事 うちの若いヤツ(営業マン)に
   頼めよ 俺は 忙しいんだよ!


この悪友 かなりの車好きなのだ 

好きなものは商売にしちゃイカンと言った本人でもある

そして 車に関係している 仕事をしている・・・

まったく 言ってる事とやってる事は 矛盾なヤツだ!


悪友: オマエ所のワケーヤツじゃ駄目だ ヤツ等じゃ無理なんだ その車! 

    オマエじゃないとな!
    鍵は マフラーの中 行けば分かる見ればもっと分かる
    後はヨロシク~~~!



 プッ!  と 通話は途切れた・・・



なんじゃ アイツは 相変らず強引なヤツだとブツブツ言って
数ブロック歩き 言われた場所に着けば ヤツが言ってる意味が
分かったって話さ・・・


Oh~ グレート!






S30Z.jpg


ははぁ~ん ヤツの言った事は正解だ

ダットサン S30Z 昔 俺はコイツに乗っていたんだ

スポーツ・カーと言うよりも グランド・ツーリズモ的な・・・

L型6気筒をフロントにぶち込んだ そのロングノーズ

ショート・デッキで グラマラスなデザインは 俺を虜にした

開発当初 担当はたった2人だった筈 日本じゃウケないとフンだ
当時の日産自動車お偉方達は この開発を たった2人に押し付けたんだ


フェアレディSR311のオープン・ボデーから離れ
2ドア・クーペに新設計 ファアレディの名は付くが

コイツは Z 紛れもなく ココから始まった Z計画

今も変わらぬ 営利が正義 売れる車 大衆が受け入れるものが
正義みたいな風潮は 見事打ち砕かれ 国内より海外アメリカで
支持された そう 日本の大衆性の狭さを暴露した出来事だ
ザマーミロ 営利主義! ザマーミロ 日本の大衆文化め!

まぁ そんな話は どーだってイイ

コイツは確かに うちの若いヤツ等には無理だ



室内


コクピットに座れば その懐かしい思い出が・・・

バーフェン付きで この風貌 おのずとエンジンもきっと・・・



Lソレックス

ほほ~ん! コイツはL3リッター改 ソレタコだ

アイツラじゃ エンジンなんか掛けれないよな こいつには儀式がある
インジェクションにしか乗った事の無い奴らじゃ無理さ

チョークを引いて キーをセルの手前まで回し
電磁ポンプで燃料が コッコッコと送られて行く
2~3回アクセルを煽り 十分キャブに燃料が送られた感じを思い浮かべ
セルを回せば~~


ブッ ブロワ~~ン! っと エンジンが 掛かるのさ

おっと そこで気を抜いちゃ 駄目よ!

寒いこの季節 アクセルから足離しちゃ 今までの行為が無駄になる

やさし~く ブリッピング 空気とガスを混ぜるように
薪に火を付ける様に そ~と そ~っと

アイドルが安定するまで チョイお待ち~~

エンジンが 温まるまで もうチョイの辛抱さ

ん・・・ あれ? この匂い  あ~ 今頃気が付いた


まさしくS30Zの香りだ・・・どの固体も この匂いがする

この頃の車 どの車種も独特の香りがある


今の車とは大違いだ  そして 香りと共に蘇るあの頃・・・




先程あった アイツ・・・



奥様は


サラサラの髪が綺麗で 笑顔がキュートだった
同じ夢を見ながら 生きていた そして 何時もコイツのナビに・・・



思い出Z

コイツ(S30Z)は 俺に何時でも 祝福の時間と感じる思いを
与えてくれた 夏の海沿いの流れるカーブや 秋の峠のパーキングから見る風景


重いハンドルも 車速が出れば苦になんかならない
それより 車の挙動が直に伝わるのがイイ

L型ストレート・シックス 3リッターは ソレックスの
吸気音と共に 何処までも伸びて行くようで
明日の未来まで届きそうな感じがしてた・・・

432純正の縦型ディアルに交換されたマフラーは
通り過ぎた道に 爆音だけ残し まるで 俺達の爪あとを残すように・・・


この香り そう この香りだ 思い出が蘇る 

忘れかけた あの頃の 想いが  あ~っ!


アイツ・・・ この匂いと ガソリン臭さ 爆音が嫌いだって言ってたな

そして 俺は アイツと 別れたんだった・・・



まぁ あんな大衆文化の塊の 旦那と車が アイツには よくお似合いさ
便利と快適を求め 大事なものを感じれない様なヤツには ソレが似合っているさ


エンジンが温まり ソロ~っと走り出す

まだ ミッション・駆動系が温まっていないから 無理に
スピードは上げちゃイケナイ

祝福の時間はやって来る そいつと(S30Z)対話し感じながら
俺は 思った コイツが今でも 好きだ!

車は単なる乗り物ではナイ 便利な道具だけではない
何時までも 愛し続けれるモノだって あるはずだ


そんな事に 気が付かせてくれた 憎き悪友の所まで
車を届け 彼に 感謝を告げる・・・



俺: オマエさ~ なんで分かったの? この俺の気持ち
   何か 満たされてなかったんだよなぁ~最近


悪友: この時期になると オマエ 決まって この職業
    辞める~辞める~って言うだろう 恒例だよ

    前から言ってんだろう 車にロマンを求めるヤツは
    この職業に向かないんだってよー


俺: ・・・・


悪友: それにさぁ~ オマエみたい便利な友人    
    まだ 失いたくネーもん! 


俺: なんだソレ? どー言う意味だぁ???









                          チャンチャン♪






ふと 相方西P-が言った 車の匂い 

LC60に乗る 彼が感じたのは 同じ型の車は全て
同じ香りがする 例え どんなカー香水を装着していても

LC60を3台乗っている 彼の話にウソはない

自分も 思い起こしてみれば アレもそうだコレもそうだと

そして 当時の思い出も蘇る 当時の気持ちも・・・

それに比べ 近年の車には ソレが無い

ソレは 悪い事ではないだろうが 決していい事でも無いと感じる


もっと 感じてもイイのかも 色んな事を 
スペックや性能だけではない 思いを込めた自分の車

求めたモノに出会えるよう 祈ります 


車にロマンを求めた方達へ















 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。