スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体が・・・デカイじゃん皆・・・

.26 2011 店舗日記 comment(2) trackback(0)
むはぁ~~ 入替MAXがつづく

先週は やっつけられた デカMAX ハイリフト四駆勢

新車ラングラー

某不動産 オーナーの新車 ラングラーに
285/70R17のクーラジア!


285 70R17

おお~このサイズ 入荷してたのすっかり忘れてた・・・
FJにも行けそうなサイズです

この方連れて来たのは 白いLC70系のターボ仕様だった人

なにやら アルファ ミト君を所有したようで
私ぁ~ ソッチがモロ趣味で 興味津々

どーなの あの機能は どんな感じ? など質問攻め
今度乗って来て下さい。


サファリ1

続いて ショート・サファリ

コイツは クリーピー クローラー37X12.50-16を
ぶち込むのだった やっぱ事件発生!

サファリ2

装着後 しばらくして戻って来た 50km以上出せね~~~
何とかしてけろ!


サファリ3


バランス調整を・・・アルミのワイトレの ハブ・ボルトが
1本 中で共回り ナットが外れんのだった

リューター ドリルを使って 何とかボルトを割る
この方来ると 必ず ドリルを使う仕事になるのだった・・・

デカ タイヤ装着のワイトレ仕様の場合 なるべくフロントは
スチール製で付けましょう アルミの安いヤツなんざー絶対やめましょう

中のスプライン等が削れて ナットと共に仲良く回っちゃいます
ホイールナットは ツバ付きナットでキッチリとネ
テーパーが合わないモンは ケチらず交換ですぞ!

と 何だかんだと トラブリながら終了

この時 既に 気力も体力も事切れかかっていたが

そんな事はお構いナシに TEL オーダー など雨あられ・・・
既に 後頭部の方が痛い ストレスMAX状態


続いて またまた朝一番から コレだ・・・

ラングラー1


君は嫌味か~~~と 朝一に!   車検をとって ご機嫌の外ちゃん

おっちゃ~ん 交換おねげーします と・・・


ラングラー2


こ、こんちくしょー!と 小さいおじさん 頑張るのだった・・・


ラングラー3


タイヤの影で 見えなくなる私・・・なんで この小さい私に
こんなデカタイヤばかり 今週はやって来るんだ・・・
バカ野郎 デカ四駆 クロカン四駆なんか 大嫌いだ~~~!


とは言うものの デカ四駆 このダイナミックさは 最高なのだ
基本的に 私ぁ~ コッチ系のダイナミックさは一番好き
どんな時でも どんな道だって って感じが 車的にイイのだ

一番嫌いなのが 小さい系のクロカンぽい四駆

アレは 飛び切りな カスタマイズや ドライバーが
特別な気持ちじゃなくちゃ
このダイナミック性を超えられない

軽さと機動性だけのモノで・・・中でも安くて簡単仕様
そのショボさが 心を貧しくしてしまう

ソレを あーでもない こーでもないと言われても
狭い枠の中では どーにもならんのだ 枠を超えなくては・・・ 
ストレスMAXの原因だ 小さい系には 多い話だ

不思議と デカ四駆系には そんな話 あまり出たことが無い

個人的には 嫌いなのだった 目線と見解が狭すぎる
車体と一緒だ・・・


ぽいモノは 沢山あるし簡単に体験できるが 醍醐味までは
本当に手には出来ないと思うのだった

何でも簡単には行かないんだよなぁ まぁ 私ぁ~
本職 タイヤ屋 もう係わる事はしないさ!




ラストは コイツ


ディフェンダー1

ローバー ディフェンダー 93年モデル

登場して60年程 経つであろうか

コイツの デテールは基本的に余り変わっていない

ディフェンダー穴


アルミボディ のイギリス生まれ ん~~コイツは

くすぐる気持ち クロカン四駆に 飽き飽きし
4X4というジャンルを捨て去ろうと考えていた気持ちを
引き戻してしまった・・・


ディフェンダー2


思えば LC40・60・70等 あと アメ車は
個人的に 大好きだった

ディフェンダー  忘れていた 東の国時代
よく 出会っていたオーナー達 そのスタイル

何時か 自分も と その遊びのスタイルを思い出させてしまった

2,5リッター ディーゼルの音  ん~~
完璧に思い出した コイツに乗って あ~して こ~して

犬も後ろに乗っけて とか 昔描いた想いを・・・


いい味 してる 変わらぬコノ無骨感も ん~イイ♪


オーナーの思いが伝わる 車 は 

疲れ果てた気持ちに 栄養を与えてくれた

アリガトウ オーナーさん あの頃の気持ちを
思い出させてくれて♪





ちなみに 皆に 不評のこのシュノーケル



シュノーケル

ぼっとん便所の 外に付いてる 換気みたいだって ははは・・・





5月2日までは 無休で営業しております

只今 ピークに付き 大変込み合っている時間も在ります
2人で やっている為 ご迷惑をおかけしていますが
ご了承ください

ガンバレ~西P- がんばれ 私 コイツを乗り切れば

私等 満喫の時間がやって来るはず  体がもてば・・・

今年も イッパイ 楽しんでやるぜ~~!


          チャンチャン♪


スポンサーサイト

真実の赤い絆

.23 2011 妄想車物語 comment(2) trackback(0)
妄想物語のはじまり~

コイツ100話出来たら 本にでもするか~と
知人達と笑うのだった・・・





昨日は 久しぶりに20数年来の仲間達と飲み明かした

ガキの頃から世話になっている 30年続く何時ものパブ

オーナーは息子の代になっている

パブ


年に数回 誰が申し合わせた訳でもないが 自然と集まる仲間達

もちろん 来るのも来ないのも自由 既に死んじゃったヤツもいるし

去っていった仲間もいる 全て自由なのさ・・・

そんな自由な中でも 仲間と言う 一つのコダワリがある俺


過去


昔 同じ時間と空気を吸って 同じ生き方をしていた連中
生きている歴史の時間で出会った 気が合う連中の事



そして そいつら一人一人の個性を認め 例え嫌味な野郎でも
それはソレで アイツなんだと思えるヤツだ

そこらに転がっている ぬるい仲間意識じゃナク
もっと 自然にある関係だ 俺は 群れるのが嫌いだし
サークルとかクラブ的なノリは 吐き気がする

そんな 薄っぺらいのは仲間とは呼ばない


どんなに離れて会わない時間があろうが
出会った瞬間から その時間は無くなる様な関係とでも
言うのか まぁ そいつが例え 犯罪者となっても
変わりはしねーだろう そう そいつはそいつなのだから

姿形は 今じゃ 無残なモンで 昔の面影などない
しかし 変わらない 何時もの調子で はははは



喧嘩

突然 罵声と共に 掴み合ってるコイツ等

モーリーとヤスだ 昔からコイツ等 馬が合わない
馬鹿なヤツ等だ 20数年前から この状況が必ずはじまる
まるで再生ビデオの様に・・・

まぁ 恒例行事って事なのだ まったく進歩のナイ二人だ

側に いる 仲間のヒロシが 必ずチャチャを入れる


お前らさー 会えば何時も始まるな~ 今も昔も
どーだ そろそろ決着付けたらどーだ~~♪



そして 最後に 当時の我らがマドンナ

男勝りの 通称 スージー が 一言

シェリー


いい加減にしなよ 爺二人 みっともネーだろ
お前ら ホント 何時も何時も ガキかーお前ら!



スージー姉さん の一言で あいつ等は我に返るのだ


そして トドメの一言

モーリー あんた 相変らずだネ~ そんな事だから
私は アンタと別れたんだよ!




コレには一同 大爆笑! 

そう モーリーとスージー
二人はその昔 イイ仲だったんだ


モーリー 決まって言う

そ、そんな 昔の事 今更 も 持ち出すなよ~~・・・


今も変わらない あの日のまま そう 人はそんなに変わらない
姿形 生活 環境が変わっても 昔のままだ


そして 俺は思う 何時までもこのまま変わらぬ関係が
仲間なんだろうと・・・歴史と時間が全てなんだと







街に


翌日 二日酔いの俺は 久しぶりに街に出て買出しをした

ん~ 食材など買う姿 仲間には見られたくない
一番カッコつけーな俺 自由奔放に生きて来た罰だ


人生のパートナーと言うのも居たが どーやら
人災のパートナーと言う言葉に変わっちまった

まぁ 俺には結婚なってモンは似合わないって話だったのだろう

昨日の酒で 喉がカラカラだ 何処かでドリンクタイムを・・・と

キョロキョロしてる 俺に 



声を掛ける女


満面の笑みを浮かべた 女が近づいて


チャールス? チャールスでしょう! ひさしぶり~~♪


お・・オイ そんな名で 呼ぶんじゃない 街中で・・・
は 恥ずかしいじゃねーか 外人さんみたいで・・・


突然現れて 俺の昔のニックネームを呼ぶコイツは
20年振りになるか? 当時の彼女だった





ダイナー


近くのダイナーに 俺達は入った

そう 昔の名を 街中で連呼されちゃ かなわんし恥ずかしい・・・



何やってるの?そんなに食材抱えて?

奥さんは~? 子供は~?



そうさ コイツは昔から こう言うヤツだ
まくし立てる様に話しかける ウゼー女だった・・・


今は一人 俺には結婚って言葉は似合わんし
子供達は こんなオヤジに呆れて 会ってはくれん!



ははは 相変らず 変わらないんだねー チャールスは・・・
何時も自由奔放だったモンね・・・


なんだぁ 声のトーンがオカシイじゃネーか
何か 上手く行ってないのか オマエは?



・・・・


どーやら アイツは 幸せな家庭と言う幻想を抱いて
俗に言う一般主婦を一生懸命頑張って来たらしぃ が

子供も手が離れ 何かを失った様に感じたらしぃ・・・


その何かってのは あえて言わなかったが
俺には判る 女としての自分の時間だってーのは
ははは そー思っても そいつは戻ってこないのさ!


皆 元気なの? あの頃の・・・


突然 問いだすその言葉 はぁ~ん やっぱりか


あ~ 皆元気だ 昨日も一緒だったぜ スージーも来たし
そう 誰が示し合わせた訳でもなく 年に数回ほど
何時もの あの店で集まるんだ




そう・・・ 元気なんだぁ
まだ やってるのね あの店



全て察した 俺様は 優しく彼女に言ってやった


おう! 今も 変わらず残っているぜ あの店
今度 オマエも時間が許せば来たらイイさ



そう 皆 姿形は変わっちまったが あの頃のままだ
オマエも 顔出せば~ 仲間なんだから~♪
 



そんな 短いやり取りの後 二人は別れ 店を出た
帰りがけの アイツの目はチョッと滲んでいた様に見えたが

俺は思った 俺の生き方 別に間違っちゃいなかったと
そして 過去も今も 後悔は無いし 今も続いているんだ
素敵な時間が・・・重い食材を抱えて考える事じゃないがな



出る


駐車場に着き 昔から憧れていた アルファ1300Jrに乗り込む

Egを掛ける ツインチョーク ウェーバーが なんか
湿っぽい音を出す・・・

付けっぱなしのラジオから 突然流れる コノ曲・・・





ふっと思い出す アイツの昔

見てる女

ポニーテールが似合ってて 結構イカシタ女だったよなぁ~



2速のシンクロを使って1速に入れ スタートする

官能的な アルファ・サウンドは 何故か今日は湿っぽい


走る


コレは 二日酔いのせいだけではないだろう・・・

やいテメー やきもち焼いてんじゃネーだろうな 俺はオマエだけだぜ

ジュニアよ~~!




                      チャンチャン♪




黒くて丸いディ~~・・・

.20 2011 店舗日記 comment(8) trackback(0)
はぁ~~はぁ~~ 腰イテー 背中イテー と
言いながら 黒くて丸いモノと格闘月間・・・


クソー 来月の 3連休は 絶対休んでみせるぜ
それまで 頑張れ体と脳ミソよーーーー!




タンドラ リミテッド

ん~ ONロード ストリート系の方達が終わった頃
デカ四駆系が 次々と現れるのだが

一番キツかったのは 朝一番の ロスマンズ・カラーのLC70系

なんたって 昔からの常連なのだが 車が はぁ~~

足回りが・・・ もう弱りきって残念 もう良いじゃん

君のスタイル コイツじゃないだろ そろそろ 自分に戻ろうぜ
カートのチャンプだっただろう と 笑っちまった

本人 コイツにはもう金掛けません だから中古で・・・

って 315/75R16を 朝一入替って キツイ・・・


その後は 登別の コレマタ ひょんな事からの御知り合い
リンク先の 登別OFFロードパークのオーナーさん

タンドラ1

昨年の冬  何を思ったのか この不景気に
タンドラを購入 来て見てビックリ リミテッドだったそうだ


タンドラ冬

コイツ 20インチ純正の為 冬用ホイールが高くてサイズも無くて
17インチに落とすのだったが ブレーキ・キャリパーがデカく
リーズナブルなモノを入れるには チョッとした加工が必要だったのだ
まったく お馬鹿なモンで ディーラーさん ビビってやってくれなかったのだ

納車前 数百キロ離れたディーラーさんへ行き
自分で加工して来た まったく 同じノリのバカ野郎でした。


本人がイイって言ってるのによー やってくれネーからやって来たさ! と


タンドラ4


私ぁ~ 笑った そりゃ やらネーだろう あいつ等は はははは

にしてもデカイなぁ~ うちに良く来る アバランチよりデカイかも・・・

夏タイヤに交換後 左に引っ張られると 言われ
試運転 ん~ イイね~ このスケール 気持ちイイよコレ!

T社さん 私 あまり好きじゃないんだけど コレはアリだ


タンドラ2

彼は コッチの人ではないが コッチの環境に憧れ
満喫し そして この大地のスケールに住み着いた

選ばれた車はコイツだったって事なのだろう

ん~ 判る気がする だって似合うもんねー 感じるもん

大地はデカイが 人はショボイのが ほっかいどーさ!と

私ぁ~言ってみたら  薄笑い   ははは やっぱりネ~~~(笑)!

まぁ そんなヤツばっかりじゃないけどさ 感じる想いが無ければ
ツマンナイしネ 外から来た人達の方が ココの良さを認識してるのが
私ぁ~ チット寂しいんだよなぁ・・・





スペギ


釣りキチの ボディーShopのオーナーは

朝から235/85R16の コイツが気に入り
何でもイイからぶち込んで! って

おまけに 余りはみ出したくないので 上手くやって! て


スペギ2


LC70ナロー純正ホイールを とある加工を施し装着・・・
なんで 朝一から こんなの多いのだろう

インナー側を サンダー ハンマー 等で 加工して
干渉部分を力技で・・・ あ~・・・私ぁ~ タイヤ屋さんだって

コッチは アナタが本職じゃん・・・




朝一朝一となっていた 変な装着入替は 今度は とある夜 閉店間際



エブリ


お仲間Shop 悪徳商会で作った ハイリフト 軽ワゴン

コレマタ 常連 まりもちゃんがやって来て

前 使ってた タイヤ・ホイールって コイツに履けるの? と


そりゃ~ こんだけ上がってれば 履けそうなんだが
そのバンパーに付いてる カッコ悪い意味の無いリップがなぁ~

あと バンパーの形状が 何でか巻き込んでるんだ・・・

と 何とかやり過ごそうとしてみた・・・ 

今日は洗濯したいんだよ~~と 心の言葉を吐き出したかったが


ふ~~ん 履けるんだぁ と まりもチャン 一言


コレマタ 切ったり 外したり と 加工開始



エブリハミタイ


加工後 やっぱ ハイリフトは タイヤがはみ出て ナンボじゃん

腰した迫力無くちゃ ショボイ タイヤは太い方が偉いんだ!


意味不明な 言葉が飛び交う あ~ぁ 何でもアリなんだが

後は全て 自己責任って事だぜ~~~!


次々 待ってる コイツラは どんなドラマと想いがやって来るのか

私ぁ・・・先が思いやられるのだった


画像


はぁ~ デカ四駆なんか 大嫌いだーーーーー!



ちなみに こんなお客さんばかりではない ほんと 極一部なのだ

8割がたは 普通のお客さん達で 普通のタイヤ屋さんです


最近 何か 新規のお客さん達 本気で そいつを楽しんでて
愛があって そして ソレを感じている方達が多い

共感できる彼等の

愛された 数々の車達・スタイル オーナー達

忙しい中に 彼等の ほんの和ます時間や瞬間が 体と気持ちを繋ぐ

あ~ また明日 頑張れる~ 嫌な事は忘れさせてくれるんだよなぁ

ありがとう 皆~~~





                     チャンチャン♪


  




春を感じる~~・・・

.10 2011 店舗日記 comment(4) trackback(0)
んはぁ~  腰が痛い・・・


いっきに 百姓 ではなく 雪解けが始まり
春を感じるシーズン到来!

本日は 何時もの店前 哀しきルート36も
色んな車バイクたちが通り過ぎて行く

箱スカ コルベット ランチャーインテ ナビゲーター
チョッパー・トライクにVツインのアメリカン軍団 等々

そんな中 朝から 先日 自分の会社の代車を
ウチの店の駐車場に置き去りにして 違う車で出かけていった
何時もお世話になってる 車屋さん O氏が相方と車を取りに


O田君1

コッチは まだ寒いネ~~ 札幌は暖かかったよ~

と ブツブツ言いながら フル・オープン


O田君2

そうそう この季節 コイツを感じるには絶好な季節の一つ

ここぞとばかりに 天井を外すのだった

見ていた西P-  え? まだ寒いのに?

ははは 西P- オープンの一番イイ季節は
春と秋なんだよ 今外さないで 何時外す と
O氏と私ぁ~ 思わず口にする

まぁ しゃーねーか 意味が分かりたかったら
一度 オープンと付き合ってみりゃ~いいさ!

車好きだとか車を感じたいなら 多くを知らなきゃ損するぜ
見解が狭いと 選択も出来ないし 楽しさまでも感じれない
ある意味 寂しいヤツと思うぜ 車の楽しさは沢山あるからさ~~♪

人生そんなに長くは続かない 何が起こるか判らない
何時までも今の状態が続く訳ではないのだから
感じれるチャンスあれば 感じた方がイイんだ

それしか知らない 必要ないなんて ショボイだけじゃん!
そんなモンは 車好きとは言わネーよなぁ オイ

はははは 車 好きだろう 西P-よ!





それはさて置き 先週はギッチリ色んな方が現れた・・・

まぁ 時期的に早めの交換の方達は 比較的
自分の車を 愛してやまない そう 早く感じたい方が
多い その車をストリート 日常的に感じたい方達だ

おかげで 腰が痛いのだった・・・


新古品


新古品 未使用の 年式落ちの リッター・バイク・サイズのリアタイヤ
常連組みにTEL入れれば 大人買いだった


ピックUPトラックに乗った アメリカンな風貌のオヤジさんは
ハーレー スポスタのホイールを外し持込

ハーレー1

定番US・DUNLOPの ハーレー用タイヤ オーダー


ハーレー2

基本的に うちはバイクの入替はやらないのだが
何故か 毎年毎年 やってしまう そう 出きるモノは
何でもやってしまうのだった・・・ 頑張れよ 西P-
何時か近いうち 君の時代が来るのだから・・・



本日の ほんの一部は


Z33 1


偶然 ここで出会った この2台

右は 車検から帰ってきて メッチャ頭にきている
もとココの店長 モンちゃん!

なにやら 言った事 何もやってず 余計な事ばかり
やられたそうで  ははは お気の毒でしたな~~

アナタの乗る車 合法的には無理なんです そのままじゃ
思いを込めちゃうと 何故かメーカーさん 何かと非合法にされちゃう
例えそれが 陸運でOKでもネ


左は タイヤ購入・交換後 これからメーカーさんへ

なにやら突然 このZ 会社に停めてると
パ~~パパッパ~ と 突然しゃべりだしたり

ATなのに始動一発目に 完全ストールで プッスン!
何が何だか 訳わからん状態になるらしく

それを春だからねーと 片付けれるのは人だけだ と・・・

まぁ 私ぁ~ ディーラーのお世話になれる車なんぞ
持った事も少ないので 何ともお答えできませんし

今後お世話になるつもりもナイ はい そんな車
買う気もないし はははは



続いて アウディTT親子参上!


アウディ 1


新旧そろっての登場な日
しかもナンバーまで・・・

アウディ 2


おそろいの2台だった  ん~ どっちも私ぁ~
大好きな車だ 旧TTなんか 昔 本気で買おうか悩んだし

ヨーロッパの車って 何時までも色褪せなく
しっかり作られている 確かにマイナー トラブルは在るが

に しても 近年の国産と比べれば その作りと耐久性 そして
一番大切な部分 として 

比べるまでもナイ 分かる人は分かると思うが・・・


アウディ 3


お客さん: お~い 店長よ 今シーズン俺のタイヤ持ちそうか?

私: ん~ 多分 だいじょーぶと思うよ

お客さん:そっか もし駄目だったら 買うわ~ 幾らだ

私: ん~~ 何にするかで 価格は変わるよ・・・

お客さん: おー!200キロ オーバーで持つヤツだ
      アンタに任す 酒控えて 金残しとくぜ!

私: ・・・・ んじゃ 考えておくよ おとうさん・・・












                       チャンチャン♪



 





多分今月 ブログ更新は少なくなるでしょう。

ココ最近 お店に来るお客さん 年齢関係なく その車 自分の愛車を
キッチリと愛してる方が多く そして そいつと向き合い
感じている 何かをする為や 何かをする道具としてではなく

そのモデルを愛している 感じている良くも悪くも
日常的なストリートで  何か嬉しく思う

愛された車達は とても素敵なドラマをオーナーに
与えている様で そのエピソードは まるでマンガだ

とても楽しい話が多々ある 

何時か そんな話も ココで伝えられれば・・・

日本は今 何かを失いかけている 時代と共に
変わり続けている 本質が変わってきたようだ

いや 何かに騙され続けているように感じる

時代は流れる だけど変わらない想い そんなモノも在るはずなんだ

 







シーズンIN

.02 2011 店舗日記 comment(0) trackback(0)
はぁ~~ 何時の間にか4月

ココ数日 春の陽気が続いてました

週末の本日は ココ道南方面 オーダーから入替が始まる・・・
いきなり はじまるもんだから 私ぁ~ てんてこ舞いだちゅーの

3つほど 隣町から猟友会さんが とんでもない仕様の
本格仕様プロシード コイツで鹿狩りって・・・ 
道東でも居なかった まぁ ランクルだけがソッチ向きって
訳じゃないので コレマタ 変わってて良かった

まぁ~ ココ数日 バラエティ~にとんだ車達にやっつけられてます。


そんな中の ひとコマ


シュニッツァ~

朝2番目のお客さん 年に2度ほどやって来る
スタイルの綺麗な ネーさんが乗る BMシュニッツアー

フロント タイヤ 交換なのだが・・・


交換1

国産 有名メーカー のこのタイヤ 私ぁ~ビックリ
こんなの タイヤ屋 数十年やってて 記憶に無いザマでした

ブッ裂け

まぁ 減ってはいるし 交換次期でもあるのだが
こんなの見た事ない・・・ このクラス 何でもイイは死を招くぞ!

フロント2本とも このザマは タイヤメンテのサボりだけではないだろーなぁ

なにはトモアレ どーでもイイとか 単純に安けりゃイイって話は
もう辞めましょうぜ 車を愛しているなら ヤバイもんはヤバイんだよ

あと 国産タイヤ 全てが良い訳じゃないからね!
ココは最高速度100kmの国 グローバルに考えれば
このちっぽけな国のキャパ基準 手にしているのは それほどの
モンじゃねーからね よーく考えれば判るよね 法を守ってる方には
余り関係ない話ですが・・・


にしても 朝一番交換のZ33コンパチより コイツの方が
グッとくる魅力 ん~ 色褪せないこの感じ コレだよなぁ




トレパ君

話は変わって 最近入荷したヤツの一部 お知らせ
MAXXIS トレパドール 185/85R16入荷

トレパ2

8PR相当のこのタイヤ 軽くは無いが 減りも少なそうです
興味のアル 近場の方は どーぞ見るなり触るなり



そして 特別入荷 MAXXIS U07

U07 


はい 現在進行形中の お仲間Shop フィールさん
軽トラ・リフトUP公認仕様にぶち込むタイヤです


205/70R12サイズ コレを4,5Jのホイールに組込むと


U07 2

こんなに成ります 直径は195/65R15並になり
ライドハイトが上がります 幅も185~195並に

ココから先のマッチングは Feelのお仕事なんで
私ぁ~ 書くわけには行きませんが そのうち全国誌で
登場するでしょう お楽しみに~~



と たまにはタイヤ屋さんぽい話で 終わりにしたいトコですが

やっぱネ~ ・・・


K.jpg

何時も お世話になってる 近所の中古屋さんのKラ君

春の陽気に誘われ 半年ぶりに 引っ張り出した愛車

その登場の仕方と 状況が結構楽しかった!


昼の接客中 なにやら バラバラバラと大きな音が聞こえる

お客さん 窓から空を覗く  そう ココは自衛隊航空基地近い

ヘリが飛んでるのか?


SR.jpg


な~んの事はナイ 彼の愛車の音だった Eg乗せ変え
超ご機嫌の彼 私に見せびらかしたくて嬉しくて
お昼を買いに行くついでに現れたのはイイが

突然 雪が吹雪いて来たのだった はははは

そして シングルEgのコイツは 振動がブルブル
画像じゃ 伝わらないし見づらいが 降る雪の中
寒くて身震いしてる様で イイ画だったのだ
お~可哀相なSRよ~~~ まだ春は偽モンだぜ


慌てて帰って行く彼の後 皆で笑い転げたのは言うまでもナイ
そして 彼が去ると ウソの様に 吹雪は止まり晴天になったのだった

この Kら君 仕事がライフスタイルの様な男で
アソコの店の重要人物でお客様にも親切なのだが

事 自分の事となると 何故かマンガのコメディ路線に・・・


そして 常連 K君 毎年タイヤオーダー


RS-R_20110402212120.jpg

今期の遊びタイヤ 入荷後TEL 
スグ行きま~~す! って アンタ 早すぎじゃん・・・

流石 目指せ!巡航OOOキロ オーバー軍団


青切符

青の34に似合うのだったが つい最近の話

とある高速で夜? 何時もの様に ご機嫌な時間を走っていると

出会っちまったんだよなぁ~ コイツに
今回は 相手は悪い 絶対かないっこナイ相手なのだが
追いかけてみたらしぃ・・・


C8.jpg

アルファC8 カッカカ!  そりゃ~ かなうわけねーよ
ヤツは 久しぶりに 復活した 本物アルファだ!

450馬力を軽く超え 価格も2000万オーバー


C8 2

その リヤビューを追っかけて行く 3桁巡航で

SEXYなリアと その排気サウンドはタマラナカッタ~~~と

事前に 前方に車が居るぜ と 追い越す前に ブレーキランプで
教えてくれる その 紳士的走行は 大人な雰囲気が感じ

自分も何時か そんなカッコイイ大人になるんだと 言ってた彼

まるで子ども扱いの その加速力は 彼を諦めさせるには十分だった

そう ヤツ等は 生まれたままのその状態で ナチュラルに速い
当たり前なのだが その素性に 国産車と日本の車文化の
小ささに 若者は挫折するのだった  判るぞ~ その気持ち・・・

心が折れた時 右足はアクセル ペダルから力が抜け

ガックっと その動きが落ちて行く

何時かは 手にするぞ ヨーロッパ車を・・・

この国では どー頑張ったって 追いつく訳がナイ
差も埋まる訳がナイ 文化が違いすぎる と 彼も感じた


その後ろから 赤い発光体を点滅したモノが突然現れた

前方を走る車の速さの感動と 自分の手にしている車の
挫折の中  追い討ちを掛ける様に 現れた 罰ゲーム

踏んだり蹴ったりの 数十分の夜のドラマは こんな形で終わった

23キロ オーバー 青切符贈呈


君の青いスカイラインと同じ切符・・・

ある意味 赤くなくて良かったじゃん でも そんなヤツに
負けたくネーよな  何時か そんな覆面レーサー
ぶっちぎってやればいいんだよ 国家権力のクセに覆面って
なんかなぁ セコイぜアイツラ コッチは堂々とそのナリしてるのにさ



私ぁ~ ある意味 恵まれている

何時もの常連ども達 は イイとか悪いとかを除けば

自分の中で 車を感じてる ドラマを感じている

そして 共感できるのだった・・・そして癒されるのさ アリガトウ



                              チャンチャン♪








今回は懐かしさを込めコノ曲


 今月から休み無しで 
彼等や一般の方の為に 働くのだ 何時ものシーズンINだ

そして 一息付いたら いよいよ自分の番がやって来る

皆に負けないように 今年も楽しんでやるさ 
何時だって車は楽しくなくちゃイケナイんだ
そしてドラマティックじゃなくちゃ




 
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。