スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青いタイムマシーン

.29 2011 妄想車物語 comment(0) trackback(0)
今月 最後の更新は 恒例の 妄想車物語

描になる車達と人の関係は ドラマティックじゃなければならない








ガレージ

ガレージを一人占領している コイツ

アルピーヌ ルノー A110 は フレンチ・ブルーを基調とした
ブルーメタリックに塗られ ボディはFRPである 

1968年式 1300S 年代を重ね 幾度かのモデファイはされている
始めて出合って もう30年程経つか・・・

幼き頃 近所に住んでいた 航空整備士をしてたオヤジさんが
よく 休日弄っていたんだ 後にそのオジサンは義理の父となる

オヤジさんの子供達は二人いた 歳が近い為 俺達は 兄弟の様に育った
一つ年上の 空(そら)と言う男の子 5つほど離れた妹 恵美(めぐみ)

幼年期

俺には父親が居なかった ヤツ等には母親が居なかったんだ

恵美は 何時も俺の家にいて 俺の母から色々と学んでいたようだ

俺は空と 何時も オヤジさんが弄る車の周りで遊んでいた
俺の中の父親像は 空と一緒 そのオヤジさんだったなぁ

もの心ついた頃から ずーと一緒だった あの日が来るまでは・・・

13歳の春 オヤジさんは突然 天に召されたんだ
残された 2人は 親戚の家に引き取られ 俺達は離れ離れになった

運命の神様は 親愛なる者を 俺から奪っていく
幼き心は 深い悲しみに落ちていく

その後 空とは何度か連絡を取り合いながら やり取りしていたが
お互い 目指すものがあり 忙しさの為 何時しか疎遠になってしまった

青年になった俺は オヤジさんの影響か 大手メーカーの系の
ディーラー整備士として入社し8年程勤めたんだ

幼き頃の環境は 人生に大きな影響を及ぼすのだった
それは  どれだけ感じて生きていたかによるが・・・

オヤジさんは 生前 俺に よく言っていた

篤志(俺) オマエ 機械好きか?  ジーッと見ていて
面白いかぁ~ 大きくなったら コイツを弄るかぁ~
 

うん 俺 コイツを弄りたい と そんなやり取りが思い出だ

そして オヤジさんは 必ずこー言っていた

篤志 よーく聞け 修理・整備は推理でもアル そして
壊れた箇所には 必ず原因があるんだ どーしてこうなったか
どーすればいいか それが修理 整備なんだぜ 
壊れたから 交換なんて簡単には考えちゃ駄目なんだよ


うん わかった 約束だよ! と
 オヤジさんとの小さな約束だったんだ




8年勤めたディーラーを辞める理由は コレだ
近代化された 現行車両は何時しか 俺を只の交換屋さんにした

俺が思い描いた 整備・修理とは もうソコにはなくなったんだ

知り合いの 町工場に移り 数年経った

まさしくソコには 思い描く 整備・修理が残っていたんだ
色々なドラマや 車に想いを込めた お客さん達も多く
それはそれは まさしく 想い通りの環境だった 

そんな時


走り出す場所は

10数年振りに蘇る思い出 鮮やかな ブルーメタリック
そして ヤツだ 姿形はチョッと変わっちまったが 空だった

偶然とは恐ろしいモノで 調子を崩したA110は 何処の店でも断られ
駄目もとでココに来たそうだ そう アレはオヤジさんの手が入ったモノ
オリジナルではナイ 他が嫌がるのもうなずけるさ・・・

Eg_20110529134141.jpg

Egは1600に交換され その他 モロモロ モデファイされている
A110は 当時のままだった。

オヤジさんは どーやら幼き日の約束を守りに来たんだなぁ

なぁ 空よ~と 二人にとって 会わなかった時間は一瞬で消え
あの日のままの会話となる そして コノ車は
俺の自宅のガレージに納まる事となったんだ

コイツのメンテは 全て 俺の手に任される事になった
あの日の オヤジさんの様に


メグ

その後 大人になってコノ町に帰ってきた 空と恵美

暫くが過ぎた頃 恵美と俺は 必然な如く愛し合うようになり
結婚してしまった・・・

これにはチョッと 兄貴の空は 余りイイ顔しなかったんだ

兄弟の様に育った 俺達にとって 空は言った

コレじゃ 近親相姦みたいなモンだろう え~~オイ!

何 馬鹿言ってんの~~ と 恵美

コレで 篤志 オマエとは 本当の兄弟になったな オメデトウ!

空は そう言って 笑っていたんだ

そんな幸せな日々も 運命の神は 与えてくれる様だったのだが


その 大好きだった兄貴 空も3年前に 突然 天に召されちまった・・・
医師から 働き過ぎの 心不全と言う話を聞かされた

空は パイロットの機長を夢見ていた
国際線の 副機長になり フライトすれば暫くは帰ってこない

そして帰ってくれば 必ず 俺を横に乗せ このA110で
何時も峠に向かったんだ

地上を感じたい と言って・・・


夜の峠

空が天に召され 3年目  空よ 今日は俺がドライバーだ
大人しく乗って入れよ!


街を抜け出す


街を抜け出し 何時もの場所へ そう オマエと何度も行った
俺達の特別な場所だ

夜の峠2

このワイディング 最高だな! ココじゃコイツ今だ無敵だろうなぁ
なんたって コイツの生い立ちは アルプスの山岳部を 気分良く速く
走りたいって アルピーヌの創設者 ジャンが感じて作ったモデルだもんなぁ


今の市販車には そんなコンセプト 微塵もないし はははは
71年 WRCのモンテ 123フィニッシュは伊達じゃないぜ

計器


幼き頃 空はオヤジさんが運転する横で 聞かされた事は

空よ大きくなったら 世界中を飛びまわれる男になれよ!

その言葉が ヤツをパイロットにした様だ

このメーターパネルを見れば 何となく感じる
計器が詰まった このデザイン オヤジさん 本当は
整備士じゃなく パイロットに成りたかったんだろうなぁ

その想いは 空に伝わった様だ・・・



星の夜空

峠の頂上から見る 散りばめられた夜空の星たちは

男達の思い描いた夢が 砕け散った夢の破片だ 光は失われはしない

何時か 拾い集めて 大きな形にしてやるんだ と・・・


夜の街2

空が生前言った言葉 

コイツは 俺にとっちゃ青いタイムマシーンさ!
今を感じながら 過去にも未来にも 心は行けるんだ
最高だよな コイツ



幾人ものオーナーを虜にしてきた 過去の車達は
多くの時間と歴史を刻み 夢ロマンを乗せ 今だ生き残っているんだ

所有した者だけが感じれる その個体の持つ味は
多くのドラマを作り出す 特別なものさ

俺の夢は そんな車を 少しでも多く この世に残す事だ
消耗品のような車には興味などない

車は 何時だって素敵じゃなくてはならないんだ・・・

そうだろ オヤジさん それが 俺に言いたかった
メッセージなんだろう




                     チャンチャン♪





女・オカマには 届かない想いがある 

クルマにロマンを求めた愚か者達 何時か生涯 愛せるモノに
出会える事を祈ります。

スポンサーサイト

吸込む 週末のエア~♪

.22 2011 音楽とカーライフ comment(6) trackback(0)
ある日 突然現る スィート・ガレージFeel 代表 ブッキー

ブッキー

関東出張 横浜方面を渡り歩いて 何かを見つけたか?

エブリー1

エブリー2

着々と進行する ブッキー・プロジェクトは 北の国より
国内の海の向こうで注目! そう 何時だってそうなんだ 私は知っている・・・

ガンバレ ブッキーよ! コイツは日本の文化の車だ
もっと離れた 海の向こうのヤツ等に取られちゃ お終いさ!


まぁ 何だかんだと色々話してみる
車を楽しむ方法は  色んなスタイルがあってイインじゃない?

色々在ればネ!とだけ答える



私ぁ~ 何時だって変わらない 普段が大事
何かの為や 見えるモノだけが全てじゃない
何時だって 自分のスタイルで行くだけさ ライフスタイルの一部

車だけが良くても 乗ってるソイツが見えなければ
そったらモン ウソと虚像の ショボイ見栄 ビンボー臭くて
係わりたくネーのだった。 ガンバレ ブッキー!

車の持つ 本質を失うコトなくねネ

出来るなら 出来のイイ オカマのファッション・ショー見たいには
ならないで欲しいぜ! モノは例えだが 意味は深い 判るかなぁ






基本的に私ぁ~ ココ北の国の環境が好き
考えれば 地方都市 田舎丸出しだ 都心部では無理
その環境は 見解を狭くし心を貧しくさせる
スケールが違うんだよなぁ・・・


何しろ北の田舎の大地は
そいつが素敵な環境でもある 特にクルマ・バイクその他にとって

ストリートにはそいつを許す状況が多々残っているんだ
感じ方によっては素敵なドラマを魅せてくれるんだよなぁ



鉄仮面2

鉄仮面1

何故か 何時からか 知り合った 鉄仮面 
共通の知人も多々居る事もわかって
同じストリートを愛する 馬鹿野郎でもある

インパネ1

ストリート・ドラッグマシーン 馬500頭の
イカシタ マシーンは その昔の面影を残し今を感じている

VVC.jpg

VVCを装備するコイツは そう コレでイインじゃない
只のスペック・現代技術だけが全てではナイ

競技等に魅せられ 何度もチャレンジ そして気が付いた

最初はストリートで 楽しく そして本気で遊んでいたんだ
そして 普段も乗っていた ストリートで そう そうなんだ

技術は進歩した 遊びも変わった でも 変わらない想いだってあるんだ
コレでイイんだ 道には色んなドラマが転がっている
只 速さ数値だけじゃない 人とクルマの可笑しなドラマが・・・

Sタイヤ

ラジアルSタイヤ コイツに拘る イザとなっても使えるように
週末のストリート・ドラッグ どこかのツーリング そう
普段から 楽しくなくちゃツマンナイ 。だよネ!

また 偶然ストリートで出会ったら 遊びましょうネ!





バグナイトP

話は変わって 昨日の夜の話・・・

東の国 お仲間さん 知人達が 200キロ離れている
私を 距離感無く 気軽にお誘いするのだ

しかも夜8時集合とキタ  そんなもん無理に決まっている

普通なら お断りなんだが  その日は気分が違ったんだよなぁ

5月5日より まともに愛車を走らせてないし 土曜日だし
週末のエアーをコイツにも吸わせてやりたいし もちろん自分にも

昔はサタデー・ナイトと言えば もう ソワソワしたもんだ

花の金曜 燃える土曜 そんな感じ 暫く忘れてる・・・

雨

そうそう 競技やサーキットなぞ どーでもイイ
何時だって ご機嫌でいたい 私ぁ~ 雨の土曜の朝

バグ・ないと ぱ~て~♪と言う大名義分に乗っかり
ぶっ飛ばせば一時間遅れ位で着くだろうと ハイオク満タンだ
そう 爺になるにはまだ早すぎると 

そして 土曜の夜じゃん しかも第3土曜と来れば

7時に店をハネて 片付け終えて Let’s Night Run!

ご機嫌なFLAT4のサウンドは 雨のストリートを
駆け抜け ん~ イイ  と 日高に入る前に悪魔の出来事

バシャ!と鈍い音と共に 右に茶色い物体が飛んでいく

なんじゃ アレは・・・ ウサギか? クソーー!

コリャ 結構逝ったかも バンパー・レスは カッコはイイが
無ければナイで失敗だった パンパーはクルマを守るものなのだった・・・


まぁ ストリート上 何が起こっても不思議はナイ
私のBUG君 コレで 天に召した動物の数 4匹を迎える・・・

今回のヤツは チョッとデカかった 何時もは ボディー下の
硬いトーション・バーの餌食で グダグダに木っ端微塵なのだが・・・

ソレさえなければ ご機嫌な雨のNight Runだったのに
峠の下り清水側は 霧で真っ白 超スリリングだった・・・



バグナイト

集合場所には 間に合わなかった が 焼肉屋に集合
午後9時40分頃 到着

んまぁ 二次会って話 オジサン 腹へって限界だし・・・


まぁ~ 集まった皆さん 基本的にはクルマ好き

話は決まって 車話に花が咲く そのコダワリなど

その日の メインな話は 西帯のシューマッハ! タケちゃん

タケちゃんBugはストリート仕様でメッチャ速い

タケちゃん 速いのはクルマだけじゃナイんだよー
      年をとる アッチも速いんだよなぁ・・・ 
     ネェ そうならない オジサン?

タケちゃん 何故 私に振る そんな話・・・

よく聞けば 気を抜けば萎える 集中すれば あっという間?

答えは 簡単だった 膨張率とストローク・スピードで調整すればイイ

タケちゃん あっ 相方のシリンダーが もうスカスカだ~

そこで 年長 hokoさん ボア・UPしかネーだろ!
               ピストン・リングにコンロット クランクも
            やらなきゃナ~~


なんだかんだと エロい話はエンジン用語で交わされ 良く判りやすかった。

最終的に 答えの例えは 火だるまになるか血だるまになるか? と

コレには一同 爆笑 血だるまに 皆さん 特に若手は大反応してましたとさ!

楽しい一時 皆 アリガトウございました~~~。

まぁ Bug乗りは 基本的に 頭と感覚がチョッと人とは違う様で
バグって 意味 動物じゃなく インプットする時に出来る
不具合と考えれば 納得だ 
皆 頭にBugが一杯なのだ!
そして 数十日ぶりに家に帰って寝るのだった 時間は午前0時30分


最後に 私の 第二の目的  早朝の ストリートを感じる

コイツ 昨年走った アノ気分を 今度は一人で感じたい

何時ものコース

本日 朝5時30分起床 顔洗い 歯を磨き シャワーを浴びて
数十日振りに会う 愛する妻との再会 会話は 約40秒で終わる

馬鹿 アホ 何しに帰ってきた! まだ早いから 私は寝る!

散々人を ののしり 寝てしまった・・・

午前6時 キーをひねり Egを掛け 始まる今日一日


峠

北の国 中央部にそびえる 日高山脈 コイツを越え
道南方面へ200キロ走る その道


道

その気になれば 200キロ オーバーなぞ 軽く 簡単に出来る

コノ北の大地の状況は 季節を感じ 自然を感じ
思いを乗せて 走る 絵になる瞬間も

ストリート 今 自分にとって 一番ご機嫌なクルマで
感じながら 走る コノ瞬間が 一番大事なんだ

ご機嫌なFLAT4のEgは 朝のストリートを 
心の響きを 何かの為じゃなく 普段が大事なんだ

カー・ライフじゃない ライフ・スタイルなんだ

可笑しな 仲間達と絵になるクルマで 思い描くストリートを



                    チャンチャン♪






ちなみに ちゃんとした古い車だったら 現行車並に
走ります ほら 朝なら

現着


余裕で仕事に間に合う


そして

ビフォー

今朝 昨日の殺人現場 下半身だけの 茶色い物体は カラスの餌に
上半身が無かったので アレはなんだったんだか 確信はナイ・・・

凹んだ場所は


アフター

ジャッキーで出すより ハンマーで地味に叩いた方が 良かったみたいだぜ
悪友よ・・・ 板当てた ジャッキーの後が線になっちまった・・・


とまぁ 意外と目立たなくなりました。






                 
音楽忘れてた・・・


ん~ 鬱だぜ・・・

.18 2011 店舗日記 comment(10) trackback(0)
そろそろ 春のバンビー作業が 一段落したようだ
決まってやって来る 嵐の後の ほにゃららの精神状態・・・


まぁ コレからの作業キマッテ チョッと趣味性が濃くなってくる

その前に 気温が上がった日など ピーカン青空なんぞ見たら
コノ状況が スゴーく恨めしく思うのだ まだまだ休めないんだよなぁ

は 走りて~・・・ 遊びて~ と んでもって状況は逆
早く進めなくてはならないプロジェクト・・・とほほ


世情も暗い 不景気後に爆発的天災に犯された日本国
どーも 何か失っちまってるコノ状況
どのニュースでも言ってる話が 誰かの責任にしたがる日本文化

んもー いい加減にしやがれ 馬鹿ども そんな事ばっか考えないで
受け止めれよ そして次へ進まなきゃ 始まんないだろう と
まともなマスゴミはイネーのかなぁ 報道の自由はイイのだけれど
もっと 次の明るい未来の為に進める話はできネーのか・・・

と・・・タイヤ屋には関係ない話だったぜ・・・



まりもさん1

いつしか 何処かのブログで しこたま つるし上げられた
ハミタイ バッチリの まりもちゃんの ハイリフ・エブリーワゴン

今回は おっちゃんしっかり 抑えたぜ


まりもさん2

リアはピッタンコ フロントは 角度を変えれば 気が付かない位

まー なんでしょ 出てるのは出ているので 結局同じ
1cmでも5cmでも 出てるモンは出ているのさ

私ぁ~ そんな話 目糞鼻糞の違いで 気にしたモンではナイ
人の目気にしちゃ イケマセン 全ては自分の事とですから




ある日の昼 またまた 聞こえて来る 爆音ヘリの音
バタバタバタ~~~~と



K_20110518202456.jpg

近所の 中古車屋さん Kら君登場!

3号機目の SRのカスタム  ん~イイコレ好きだ


K君

小さいおじさんでも 足が届きそうとマタイで見るが
アンタ タンクに跨いでないかい・・・

私 実はバイクは大好きなのだ 

死んだ婆さんの遺言の為 バイクは乗らないと決めているが

実は ガキの頃から 乗っていた しか~し
3度ほど 地面から離脱を繰り返し 頭の弱い私でも気が付く

二輪は向かない って きっと楽しくなって コレでは済まなくなると・・・


でもなぁ~ 心は動く 私ぁ カフェ・スタイルが大好き
あのメカニカルな所も あ~して こーしてと妄想する事も


哀しきルート36線では ココ最近 ジェッペルから
長い髪をなびかせ 右車線を 法定速度を超えるスピードで気持ち良く
VツインのEg音を響かせ 走る ネーちゃん達 ん オバサン?
を よく見かける ソレがまた カッコイイのだ ナチュラルで

ピンで走るその姿 絵になっていてカッコイイのだ
ドドドド!!!!と その辺のツルんだ野郎達より

ズ~とナチュラルな感じでイカシテいるぜ!

イージー・ライダーで バイクを感じ
思春期は マッパの煙に憧れ ZⅠ・Ⅱでワルを感じ
ヨシムラ 集合カンは青春の象徴だ

その後 フレディーとKINGケニーの一騎打ちに
ライディングの芸術性に心引かれ 今だに

あと20cm程 身長が伸びたら バイクに乗ろうと決めているのさ



そんでもって 暖かくなればコッチ系がやって来る


クラウン1

ん~ この時代はカッコいいんだ
今期はどの様なスタイルに変身する?と


クラウン2

思いっ切り ナローで行こうか と
何だかんだと試行錯誤しながら 仕様を模索



クラウン3

3代目クラウン 2枚 HT は その内装
今じゃ 微塵も感じない スポーティー・ムードをかもし出す

現行のT社の車は ほとんど興味のない私だが コイツは好きだ


なんたって この馬鹿さがイイ パワー・ウィンドーなのに
三角窓は コイツ


クラウン6


おっちゃんは思う 三角窓 コレ大事じゃん 
何で無くしたんだメーカーさん達よ・・・

クラウン5


華奢なATシフトもイイ味出てるし


クラウン4

ガソリンの匂いを感じて イグニッション・キーを回す
右足に力を入れ その固体の心臓を目覚めさせる 
チョッとしたコツが必要なキャブ車

生命を与える瞬間は 簡単であってはならない

所有した者だけが 味わえる その各プロセスやクセ

そんな所にも車を感じるんだ

誰もが簡単に扱える物には 味など微塵も感じない

そして コレが俺の車だ なぁ~んて 口が裂けても
言えやしないんだ  そう感じさせてくれる時代の車達



クラウン7



おっちゃん 鬱気味の気分だったが やっぱイイねー


コノ年代 どの車も そう世界各国の車
1975年位までだなぁ~ こんな感じで
ご機嫌な気分にさせてくれる 味がアル車は~

今シーズンも また ストリートを感じに行きますか~






なんか ハートを ドキドキさせる 熱い思いの様なもの
そろそろ 感じてみたいぜ・・・

あ~  やっぱ 鬱なのかなぁ・・・








                            チャンチャン♪

夢のつづきは・・・

.11 2011 店舗日記 comment(1) trackback(0)
すぐれない天気

連休後の天気は どよ~んと続きやがって

まったく 気分がすぐれない

ここんとこオーダーが多くなってる 四駆達は 何時しか歳をとって来て

ホイール サイズも 今じゃ少なくなってきているなぁ

70_20110511203032.jpg


特に40・70系のナロー系のホイールは 選べるほど在るわけがナイ


70系

今シーズンの プロジェクトとかぶって 自分の中の一つのテーマでもある
コイ等サイズのタイヤとホイール・・・

運動性能を落とさず ナロー系のタイヤ 255/85R16
16X6.0J -15 サイズ 強度的に7Jも考えて など

基本的に私ぁ~ コッチ系は 遊び四駆より実用性で考えている 

東の国時代から 狩猟民族相手 数百キロの獲物を運ぶ方達を
相手に育ってきた為 ベースとなる四駆系クロカンとは
コッチなんだよなぁ 

何とか実現してみたい 折角 海外出張が待っているし
かつて数度となく開発してきた アノ会社に行くのだから・・・

まぁ 今回は 違う本命の目的なのだが 話だけはしてこようと

にしても リアに貼ってある このステッカーを見ると・・・


70系2

彼の顔が浮かんでくる・・・ ずーと昔の アノ頃が

その時も 私ぁ~ 国内に 入荷しなかったモノを
一生懸命 入荷させていた 売れるか売れないかも考えずに ははは・・・

最後にゃ タイヤ開発まで・・・ ん~ 再び罰ゲームの予感じゃ



そんなこんな 雨降りのある夕方 メンドクサイ ホイールを
2SET持ってきて 交換依頼


ある日1


ある日2


このビート・ロック コイツはまだ良い方だが
ネジを 回すのが大変だ コイツを一人で8本もやれば

完璧に 箸が持てなくなっちまう 晩飯が近い時間であれば
なおさらだ・・・ そんな訳で 皆さんで さ~一緒に!

そこに居た 全員で ワッセワッセと  最後は



ある日3


ある日

オレンジ・なな のオーナー かおりちゃんの
内縁の夫 と呼ばれる 彼が取り付け

O氏によれば 内縁の夫じゃなく 彼は妻らしぃ・・・

なんじゃ? それ・・・

私ぁ~ それ以上 深くは聞かなかった

そう 聞いちゃいけない気がしたんだよなぁ 彼の為に

何だかんだと 何時もやって来る 四駆野郎達は
生きてる自体が マンガの様で楽しいのだった




話は ぶっ飛んで 本日 新規プロジェクトの打ち合わせをしに札幌

その前に なかなか 会えなかった なおさん 所に

独立新規開店の 彼の店へ 顔を出しに


マークル

忙しい中 突然訪問 お邪魔しました~~~


マークル2


頑張ってくださ~い!



そして 忘れていた アレ・・・


カスタムシティ


カスタム・シティー   こいつ 今だ行った事がない
何とか 今回こそと 何時も 違う用事が入って 行けない


今回も5月は無理だ・・・




カスタムシティ2


9月こそは  そう

数年間 忘れかけたモノ 崩れかけた気持ちを 取り返す
イイ機会かもしれない 今年こそ・・・










ん~ 懐かしい 歌だこと






                   チャンチャン ♪



 

ぐっとたいむだったか~

.08 2011 店舗日記 comment(4) trackback(0)
現在5月7日  6日より通常営業なのだが
始まりのっけから 濃い~ヤツ等の作業が続いている

ん~ 3連休で充電完了なのだが おじさん 体がバッキバキ・・・
何故かと言えば 連休中 便利で快適な 車速センサーパワーステアリングの
おかげで そりゃーもう おかしな力が入って肩と首がこっちまった

なんなんだ アレは・・・ 街中お買い物時には気が付かなかったが
3桁巡航すれば アレほど具合の悪いモンはナイ はぁ~やられた・・・

やっぱ原始的な車が一番性に合っていると 再確認の連休だった

皆さん連休は 満喫されましたか 道内各地 天候は良くなかったようで

そんな話の一部を


西P1

約一月半ぶりの お休み 相方西P-は
彼女と北部へ出かけた・・・二人の愛を確かめ合う為にかぁ コラ!

私ぁ~ 連休前 忠告したんだよな~ 場所によっては雪だって・・・

我慢出来ないアイツは 夏タイヤなぞ履きおって ザマーミロ!

西P2

上湧別 チューリップ公園へ ははは チューリップ何処に在る?


tulippark01[1]

本来なら120万本の舶来チューリップが咲く この場所

咲いていたのは コレだけだったらしぃ・・・















西P6

なんじゃコレ 花が開いてもイナイじゃん

連休前 目を輝かして 

温泉が良いんですよ~ チューリップの花が湯船に沢山浮いてて♪  

などと 言っていて どの顔して言ってんじゃ オマエには似合わん!

時期が違うらしく モチロン花びらは浮いてもいなかったと言うオチだった

仕舞いになんじゃコレ?


西P3

流氷科学館側にポツンとある 5m級のカニの爪 オブジェ

オイ バックの海大シケじゃん・・・さむそー


西P5

ノルディック ファームのアイス・・・


西P4

サロマのかぼちゃアイス と

3日4日と毎日2個は喰っていたそうな  この寒空にか オイ・・・

寒さ満開 我慢大会か~ オイ・・・


一体彼は 何を求め 何を期待して行ったんでしょう 
彼女は ご満悦したんかい?・・・


私には 良く判らん話なのだが ご機嫌な西P-だった・・・



おっちゃんは と言えば

2日の夕方 悪友からのTEL

今晩 帰ってくるんだろう? 明日は朝からBBQするからな


オイオイ 今晩は帰らないさ 峠は吹雪だぜ~~ヤバイじゃん と

大丈夫だって 早く帰ってコイよ 明日は10時 俺の家集合!

と 勝手気ままに スケージュールは決定する しかも
200km離れた私に 近所に住んでる様な言い方なのだった

大丈夫? なんの根拠があるのか ヤツは何時も大丈夫なのだ・・・

その後スグ 東の国グループ店長からTEL

明日帰って来ますよねェ 貼り付けバランスウェイト切れちゃって
持って来てくれません? 出来れば営業時間前に・・・


最近 ヤツ等は 私を便利な運び屋として使うのだ
今回は 時間指定までしてきやがった・・・んなろーーー!


何だかんだと 一月半ぶりの休日 明日朝出ればイイじゃんと
グッタリモードの私ぁ~ その日は寝る・・・


翌朝はパニック! うっかり八平をやらかし朝寝坊だ!

午前6時半をまわっていて あ~あ コイツは9時には無理だな
おまけに 女の子がよくある天候不順 しかもGW 道が混んでいる

まぁ仕方が無い 気を取り直して出発だ

一月半ぶりの 相棒は ハイオク満タンで 超ご機嫌さ

案の定 道は混んでいたが 何時もの峠で我慢限界

シャーベット状の路面は 皆さんビビっているのか
時速60キロ程・・・

登坂車線から おじさん 我慢できませ~ん と
3桁巡航 ぶっ千切り開始 ん~イイね コノ音
FLAT4のサウンドは 超ご機嫌だ

車に静粛性を求めるヤツの気が知れん 爺は別だが
そんなヤツは 家で大人しくしていればイイのだ!


とまぁ 心配していた時間は 何事も無く やっぱ車は速くなくてはイカン!
アクセル踏んでも走らない車は車とは言わんのだ 
女 爺さん婆さんが 快適便利に乗る 乗り物とは違うんのだ

キッチリ 開店前には到着 汚れた相棒を

従業員に洗わせるのだった ははは ご褒美じゃん!


洗車


ここの店の なんだかキーパー洗車は 古い車だって
ピッカピカ☆にしてくれるそうな  オイ 塗装剥げない?
私の頭は どーでもイイが コイツは別だぜ・・・


とまぁ 時間通り 悪友の家 10時集合にも間に合い

ヤツの家に着けば タケちゃんが先に来ていた

ヤツのドラッグ仕様 チョコレート・バグも元気な音を出して
調整中だったのだが 近所の おばーちゃんが顔を出す

ん~ ヤツは近所の老人達にも愛されているんだ~


毎日大変だね~ 車弄り  と 声を掛けていく


後で 良く考えりゃ 毎日 うるせーぞ! 言ってる意味だろうなぁ

そりゃ そーだろう アノ2.3リッター オーバーのアノ音聞けばなぁ・・・

ココは住宅街だぜ 悪友よ~~~ 




りゅうちゃん2


食材を買出しながら 同級生 木こりのランバージャック
りゅうちゃん宅 到着! 

ココは ビックリ 坪4,000円 の絶好のロケーション

りゅうちゃん アンティ~ク家具職人

昨年9月に建てた お家は お仲間さん達で賑う!


りゅうちゃん1

3台並んだ バグ君達を 見ながら ココまでの道中
なんか 滑稽なシーンだったなぁ 爆音撒き散らす3台で
走る事なんて 滅多にないし タケちゃんバグ速え~~し

若かりし昭和の時代 こんなヤツ等 普通に走っていた

オシャレな喫茶店に溜まっていた キャルルックバグや
カラフルなTYPE2 爆音なカルマン シロッコだって

昔は コノ街 普通に走っていた 色んな車が

ホンダS600 ヨタ8だって トヨタ2000GTも見た

ジャガーなんて XJ-6の12気筒 XJ-Sだって

MG-BだってSR311も結構いた ん~ オシャレな車達沢山いた・・・

何時から こうなっちまったんだろうなぁ 寂しい事だぜ


柳ちゃん


総勢10数名が 遅刻しながらも集まり BBQは続く


りゅうちゃん6


腹も一杯膨れ上がり 酔いもまわった頃 年老いた不良親父は・・・


りゅうちゃん7



りゅうちゃん お手製の竹馬ではしゃぐのだった・・・


ちなみに りゅうちゃんの 愛犬


りゅうちゃん3


元ゴールデン・レトリバー  そう 年老いて もう面影がないって

だったら コレも そう呼ぶのか りゅうちゃんの愛車


りゅうちゃん4


元 75年?ポルシェって・・・



りゅうちゃん



なにはともあれ 自分にとっては 連休中この日が一番楽しかった
色んな事件と爆笑が起こり 時が過ぎて行く

特別な事は 何も無い 仲間達と はしゃぐその時間が
今の自分には 心地よい幸せの時なのだ



ゴルフ1


何故か 日が沈む頃 このゴルフ1が むしょーにカッコ良く
コレありだなぁ~ と 欲しくなった








傾く日差しの中で こんな暮らしと ロケーション なんか
イイなぁ~ 人間らしくて 街の喧騒から離れて 何時かきっと・・・









                    チャンチャン♪

GW OK?

.01 2011 店舗日記 comment(4) trackback(0)
本日は あいにくの雨~~ と

先週後半は GW前の入替ラッシュから なんとか解放
私等も やっと 休めるのだった 

5月 3・4・5日と 連休を頂きます。


A8.jpg

とある朝 相方 西P- 出勤 車が変わっていた
17系クラウンで 出勤・・・

ついに乗り換えたのかぁ ん~ 便利で快適な車が
やはり これからは大事なんだ 今までがなぁ~~ と

午後を過ぎた頃 また車が変わっていた??


A8 2

満面の笑顔で 何処かに消えていく 西P-

て テメー 仕事放棄か~~~~!


A8 3


アウディA8クワトロは 彼を超ご機嫌な世界に導く

やっぱ コレが車ですネ と 戻ってきた西P-は

何時ものLC60だったのは言うまでも無い
この日の西P-は タイヤ屋サンではなく
車屋サンの様だった・・・



4月29日 とある メーカーさんが 飛行機でやって来て
午前2時過ぎまで 会社幹部と接待 打ち合わせ

オマエも来い と午後6時に 拉致に合う・・・
久しぶりに食する 豪華なディナーに腹を壊したのは秘密だ
おまけに 数ヶ月ぶりに飲むアルコールは ご機嫌な気分で

これまた久しぶりに会ったBIG BOSSは
超ご機嫌で 新たなプロジェクトが始まりだしたのだ

どーやら 私 また数年振りの罰ゲームの予感・・・

早いうちにパスポートとっておけよ~~!と業務命令

今シーズン 飛び切りの場所を探しに 車を感じようと
決めていたのに・・・ どーやら 状況はソレを許しちゃくれない様だ

まぁ 昔ほど濃いモノではないので何とかなるでしょう

その他 近い将来 車開発と言う 夢のプロジェクト
決まれば チョッとお手伝いできそうな予感かも・・・
その時が来るまで もっと車を感じて感性を進化させなくちゃ・・・





31Z 1

同じく29日 午前 懐かしの31Zがやって来た

ん~ Zは どのシリーズも ドッから見てもZだ
そして どのモデルもソレで感じれるし愛せるのがイイ


31Z 3

ただ 私 この31Zならチョッとしたコダワリが

ロング・ノーズのショートデッキ 
コイツまでならVGより 直列6発の方が似合う
特にストリートなら と 思うのだった

31Z 2

んまぁ 綺麗なボディで イインじゃない


コイツのオーナーは

31Z 4

同じタイヤショップ 札幌店の店長

きみ~~~!このクソ忙しい時に サボってんじゃねー
働かんか~~~い! と 嫌味をブツケル!

ははははは 君の所は一段落 交代休みだった様だ




からしー1

とある日曜日 約2年ぶりに やって来た からしー君
相変らず距離感のない彼


からしーリア

今じゃ 少なくなったスペギは まだまだ健在

からしー3

想いを込めたコイツは 北の大地に良く似合うよ!
そのスタイル ライフスタイルも変わらない

そう ソレで良いんだ また 何時か会いましょう


続いて またデカイヤツ


サバー1

とってもPOPな彼の シボレー・サバーは
何時しかお化粧直しがされていた

サバー2

私ぁ~ このサイドビューが好きなんだよなぁ
ん~いい味出てるよ やっぱアメ車はどの年式もイイ~


サバー3


昨年 去って行くその時 路上に出たとたん
リアゲートが 開いていた・・・

ソレを至急TELで伝えると フルブレーキで前荷重にして
ゲートを閉める まるでコントの技を見せてくれたのが懐かしい

この燃料高騰の中 負けずに元気で走り続けて欲しい一台だ

ちなみにコイツ もとビッグブロックの7,4を積んでいたそうな
ソレで山をガンガン走っていたそうで おかしな外人オーナーだった

スモールブロックに乗せ変えて 譲りうけたらしぃ・・・
ん~ 出来れば フルサイズで 譲り受けて欲しかったと
勝手な事を思うのだった



最後は コイツ 昔懐かしい

ルーチェ2

お仲間 某ディーラーマンが 再び購入
一体 君は何台所有すれば気が済む・・・


ルーチェ1

西P-は コレ マツダのなんて車なんですか???と


ルーチェ3


まんまオリジナルで 程度は最高だ


ルーチェ5


このピラーとラインのデザイン 何かイイねー
好きだなぁ~ この感じ 今の車じゃな~~


ルーチェ6

ホイール・カバーまで オリジナル

ルーチェ7

当時 あまり興味の無かった ルーチェ

今見ると コレはコレで いいなぁ 過去の車達を見ると

何か 今の車 大事なものを 忘れてきてる気がする

そのモデルの モデルたる所以は 一体何処に在るのだろう

車を車 モデルをモデルとして 愛せる彼等

そんな君達が 私ぁ~大好きだ そのまま楽しんで欲しい
もっと 車を車として感じていて欲しいですな




とある ドレコン趣味の方の話 人それぞれです とか
自己満足です なぁ~んて 言い放っていましたが

私にすれば アナタ その定義の中に 何処で車を感じているんだ?
ドッから見ても 人それぞれには見えんし 同じジャンやってる事が 


ツライチ 引っ張り 低さ ソコは一番じゃ ねーだろう車は
若い時は 私もやっていたが・・・ひとつのアイテムとしては判るけど

後 流行の光モンも なんかなぁ・・・
昔見た 香港マカオのネオンサインじゃあるまいし

オーディオ モニター て 判らん訳じゃないけど

そこに どーやって車のドレスアップを感じろと云うのか

それって 車じゃネーじゃん そんな所は一番じゃないし

そんな所にドレスアップって 車は何処にいった?

誰もが金出せば 簡単に手に入るものに 特別は無いんだぜ
自己満 て ははは 寂しい話だ・・・

時代と共に 車に対する思いも変わっていいのだが
そのモノの 本質は 今も昔も 変わらないだろうと


なんかな~ 営利的なモノに踊らされちゃいないかい?



まぁ 何でも良いけど GW 満喫できる状況の方は
テ~~いっぱい 満喫して下さい!



                    チャンチャン♪












 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。