スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末・年始 営業のお知らせ かぁ・・・

.26 2012 店舗日記 comment(0) trackback(0)
btAC.jpg


ほぁ~~~と クソ寒い この頃 ホント 参ったぜ



このACデルコのバッテリーさん は

ご予約済みなのだが お客さん やって来ない

2度ほど このサイズ 人助けをしてくれた 偉いヤツ

なかなか来ないので 先出しを2回ほど

基本 バッテリーは今期 在庫していない 場合によるが
14時までオーダーくれれば翌日 昼までに入荷するシステムになっている為だ

それは それで 良い様な悪い様な なんとも言えん感じですな



日中でも-5℃以上 気温上がらん数日 

これからマスマス寒くなる季節 死にそうなバッテリーで我慢してると 


大変 イカシタ ドラマが絶対やって来るでしょうなぁ




と 今シーズン 営業も 数日を残すのみ 色んな事がありましたが 

贔屓にしてくれた 皆様方 ホント感謝します 無事 年を越せそうです 

色んな意味で 今シーズン 迷いの中で

営業して来ましたが そんな不安な心を 忘れられるような

皆様の 後押しのおかげで 心も折れず やって来れました

また また来年も 宜しくお願いします。






タイ&W


今期 最後に心に残る 作業 はコイツ


某メーカーのメカニック S君 アメ車好きな 馬鹿野郎なのだが

インパラから フォードの何チャラの4駆に乗り換え

約半年経ったかなぁ~と思う頃 コイツ おもえば夏タイヤ新調したんだよなぁ



冬タイヤに交換 数週間後 突然現れ 預かっていた夏タイヤを引き取りに来た

再び 数週間後 突然現る  なにやら嫁と一緒に・・・



K-1500S.jpg


GMC K1500 を 衝動買い・・・ 
 

なんで 今なんだ? 前のヤツ買ったばかりじゃん・・・

年明けでも 良かったんじゃないのかぁ 買うのはよー


まぁ この方 我慢って言葉 知らないし 覚えられなかった


夏タイヤで納車  慌てて 納車翌日 嫁と現れたのだった


土下座


オジさ~~ん タイヤはネットで落したんですけど ホイールが無くて と



まぁ タイミング次第だけど どーにかなるのが ココの店の特徴

おまけにタイヤだって あっちゃうんだなコレ  ほれ!ハブボルトM14だろう

コイツでいいじゃん 安くするしね



と まぁ 嫁との会話も楽しかったし この画 土下座してる様で面白かった



S夫妻


わざわざ96年の 比較的カクカク スタイルのコイツ

大好きな トラッキング チョイ ハイリフで ん~ワイルドだし

私も 大好きなんだなぁ コッチ系は このモデルがまたイイよ

古き面影を残しつつ 今も感じる この辺の年式 ギリギリかも手軽さは

今の丸っこいの 私も 余り好きじゃねーし GMCって所もいいネ

どーせトラックなら アメ車最高さ~ カッコいいもん これ絶対



よく 壊れませんか~?と あまり興味も無い方に聞かれますが 

はっきり言えば壊れます

それは 全てにおいて 形在るもの壊れて当たり前 消耗だってあるし

古ければ古いほど そう 全てにおいて アメ車がどーこうじゃねーよ

みな同じ ただし・・・

まぁ こいつら そんな所をしっかり手を入れれば

あんた等が 勘違いしてる ヘタレな国産車より はるかに壊れません

基本の作りが 違います 可笑しな作りもありますが

80マイル以上で数千キロを走る環境 コレがアメ車

ボディだってシャーシだって ははは へタレは国産でしょう

腐って朽ち果てる 昔から変わらん 数百万の価格のクソッタレは アレはねーだろうよ 

 
と 私は思うのだが・・・





S君 嬉しそうで  わ~ カッコイイ 俺のトラック~~

それを見ている チョッと呆れ顔の嫁


この瞬間  なぁ~んか 忘れていた 昔を思い出した



自分も若い時に こんな感じで ん~ こんな感じな時が 確かにあった

嫁と一緒にクルマを買いに行って 納車 ん~ ご機嫌な時を感じた





二人を見て思う 嬉しそうなS君の顔  そう コレなんだよなぁ

この瞬間が この仕事を 今だ続けている 一つの理由でもアルと

愛があるんだよなぁ クルマに対して コレ大事



大好きなモノを 手に入れる もちろん 経済状況にもよるが

本人が今 精一杯出来る 大好きなモノを手に入れる

まぁ 多少 背伸びもするさ 今後のカスタムなどで

でも ソコに妥協なんてないんだ 理想はあってもなぁ 

自分の想いに 真っ直ぐに 素直に 乗るのはテメーなんだから


そして 素敵な嫁も そいつを 理解していた  イインじゃないS夫婦よ




来年も 頑張らねば クルマ好きの この瞬間が在る限り

それを 感じられなくなる時まで・・・




年末の営業は 12月28日 まで となってます


年始は 1月7日より 午前9:00開店です






今期 最後の曲は コイツで

イイ事も悪い事も あった 今期まだ数日残っている 終わりまで

もうチョッと こらえて行こうか








スポンサーサイト

本日は イブ・・・

.24 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
雪国2


クソッタレの雪 まったく イヤになるぞ と

先週の金曜の夜から ご帰還してみた

今期初の 冬道 2ヶ月以上 家には帰っていないのだが

何時もの峠は コンディションGood!

自分が逝かした オネーちゃん達の様に べチョべチョ濡れ濡れ 滑る事も無い

が 十勝に突入後 うちの親父の頭の様に ツルンツルン・・・


しかも気温はー10℃をはるかに下回る



我が愛機 必殺空冷EGには 一般バンビーの おっかなびっくり運転に

合わしていると 凍えてしまいそうになるぜ アイドリング走行って あんたら・・・

そんなら走んなければイイのに と 何時も思う 最新の国産車なのによー

どーなってんの???君達・・・


道も空いてるし 反対車線使わして貰いま~~~す と 

私ぁ~ 今から ココはアメリカだ と 心に言い聞かせながら 暴走行為開始



ほんとスンマソ 寒さには勝てん 歳と共にこたえるようになった

そして こんな時は さっさとその場を去りたいんだ 何時までも

ダラダラと走っていたくねーし 逆にアブネーよなぁ イキナリ 何も無い所で

ブレーキ踏むし 道も譲らんし こえーよな ホント・・・





家に着けば 何故か 娘1号も帰って来ていて ファミリー勢揃い

なにか~ こいつら 翌日手渡しの 俺様の 汗と涙の結晶 

茶封筒の中身が狙いなのか と 皆さん 妙に優しかったのだ




写る夕日1


前回のブログで 22~23日 休み と書いてしまったが

いきなり24日 全休となっていました 連絡ミスでした スイマセン。



と 本日 -18℃を下回る十勝を 朝から出発

ほんと寒かった EGだって 何回もセル回して やっとだった



そんな時 何時も言う口癖


キュルキュルキュル・・・ とセルが鳴り

小声で カモ~~~ン カモーン と 右足に神経注いで

カモーンの声が 段々デカクなり そして連呼する頃

我が愛機 ブッと 1っ発デカイへをコキ 掛かり始めるんだ


さぁ 今年も 内窓 凍らせながら 全開キメヨーぜ




苫小牧到着 部屋に着いて 洗濯しながら 気が付いた 


本日 クリスマス・イブだった


どーりで 昨晩 あいつ等 チョコレート・ケーキなんぞ 作ってた訳か

なぁ~んか ココ数年 何時も一人 

そして サンタもやって来ない


まぁ 私ぁ~ クリスチャンでも ねーし ドーデもいいか~~~ 



さぁ 今年も残りわずか  明日から また がんばるかぁ・・・








クリスマスと言えば コイツだろ  何時か 笑顔で むかえたいぞな



22日  毎年恒例の  お泊り忘年会 若い奴等と同じ部屋になる

奴等がもつ 葛藤など聞きながら 叱咤激励する

何時しか そんな歳になっていた  勤続15年 そんなになったんだ

流れる月日は はえーよなぁ 


そんなEGが 欲しい 今日この頃だった 思いは昔と変わらない





                      チャンチャン♪


白いゴミが・・・思い出と共に

.15 2012 音楽とカーライフ comment(2) trackback(0)
んまぁ~~ またしても 雪か・・・

帰る時間が  あらまー やーめた

白いゴミが降りしきる 週末となれば このクソッタレが降るんだ

やっぱ こんなもん 喜ぶのは 犬とガキだけだ 多くの意味を含め



交差点


交差点付近で お祭り騒ぎをしているのは?



乗っかり


その車高じゃ 乗越えれないぞな 判ってるさ

白いゴミのせいさ・・・



こんな日は



アイドル


気持ちの回転数も アイドルから 上がらん



まったく 早く終わってくれ この季節



夕焼け番


時折見れる 夕焼け



夕焼け番2


太陽さん こんな季節でも どーせ異常気象だと騒がれてるんだから


本気の魂 焦がしておくれよ 焼き尽くしておくれよ・・・白いゴミ


来週末 22~23日 は お店お休みします

毎年恒例の 全グループ会議集会の為 あしからず・・・

















最近 耳にした 懐かしい曲 コイツは 15~16才頃の思い出の曲

あま~いバラード  こんな気分になった あの日を思い出す




音楽は素敵だ 懐かしい歌は 思い出を鮮明に蘇らせるし

ノリの良いビートは 気分を高揚させる 嫌な事だって吹っ飛ばせるし

心を打つ ソウルフルなイイ音楽は 今も 当時の喜怒哀楽を豊かにする

最高なモノだ





その時の彼女  当時の自分には ドンピシャに 気が合ってた

自分が彼女にかける キツメのジョークなど 返し方が これ またセンス良く返ってきたり

彼女とのやり取りは とても気分がイイ 素敵な感じにさせ

お~ そー来るか って感じで 一緒に居る時間が すごく楽しかった





いつもデートの時 何故か 彼女の友達が居た そいつに言わせると

まるで 二人の会話は 漫才だ と よく笑っていた

例えで言えば 男女7人ほにゃらら物語の

さんまさんとしのぶさん の様な 会話だったらしぃ


そのお友達 あまりにも 何時も 二人のお邪魔虫だったので 

彼女が 怒ったらしい 二人にさせろ 

そんな話 後から聞いたほど 二人のお邪魔虫だった

 

私も 後に聞いた事がある なんで何時も オマエが居たんだ?

お友達 曰く  あんた等の会話が もう 楽しくて面白くて一緒に居たかった 


何か オマエさみしいんだろう ツレが俺と一緒じゃ 一人になっちまうもんなぁ


判らん訳でもないが たまには二人にさせてくれよなぁ と心でつぶやく





PUB.jpg


そんなかんだで そろそろ二人きりの時間を 確かめ合おうぜ と


馴染みのPUBへ 出かけた そう お互い その時が来た と

思っていたんだろうなぁ


まぁ 馴染みの店 ソコには 馴染みの奴等が居る 忘れてた・・・


ほ~~アイツ 珍しく女の子と二人じゃん って感じで


飲み仲間 準看護婦軍団が チャチャを入れてくるのだった


まあー ネーさん格の 確かRU-ちゃんが気を利かせ

二人きりにさせてくれたんだよなぁ





今も おぼろげに覚えている  あのシーン その瞬間

その時間 後にも先にも この時だけ こんな歌の様な気分になったのは

今までの人生で この時だけだな

あんなに甘い気持ち 二人だけの時間

潤んだ 彼女の瞳だけは 今も 覚えてる 目だけは・・・




そんでもって この思い出には ちゃ~んとオチ?見たいなモンがあり

ご機嫌になった 彼女と私ぁ~ ペースも上がり そりゃー楽しい酒で


気分は 最高潮  一息入れるかと お互いトイレへ立つ と・・・

彼女 一向に 戻って来ない  アレ?? うんこ?



心配になった私ぁ~ 馬鹿騒ぎしてる 馴染みの準看連中に

トイレに見に行ってもらった


彼女 余りにも ハイな気分になりすぎて Oh~リバース状態

ヘベレケ ヨッパライ ヨロシク


その後は 大騒ぎ 水を飲ませ トイレに通い フラフラ ヨロヨロ

アルコールを少しでも 体外摘出

仕舞には 準看軍団に 怒られ 責められ 


あんた 一体どんだけ飲ませたんだ 馬鹿じゃないの! と


その日 チョッと落ち着いた頃合をみて 彼女をタクシーに乗せ帰した


その 数ヶ月後 彼女とはプラトニックな関係のまま終焉


今思えば あんなに気が合うヤツも 居ないんじゃないか と

楽しい会話と時間 ん~ そう 思い出は 美しいままで それでイイ


あいつは 今どうしてる なんて

野暮な事は想像しても良いモンではない あの日 あの時だけの事だ

過ぎたことは 美しい思い出のままでそっとしておくのが一番だ

思い出は 妄想の一部と化して 過剰に美化されて

だから 美しいのだ 



しかしなんだ あんなに気の合うヤツだったのに

二人が別れた理由を なにげに考えた それが野暮って事なんだが

自分の中で 今思えば こう感じる

ティーンエイジャーの頃は皆さん 特に女の子恋に憧れをしているんだろうなぁ 


自分を通して その思いを映している


憧れのシーン 想像 見たいなモノを その時の恋愛を 自分を通して映している様で

そうそう こんな感じで とか そして あなたは こーする とか


そーじゃないのかもしれないんだが 本当の 俺を見てない そんな気分に

させる事が 多々 あったんだ



例えば 結婚 そう 結婚って言葉に憧れ 結婚したとする

思ってたものと 違う事が起きると

こんなんじゃない て感じで 想像と違う 憧れてたのと違うって感じで

ぶー垂れだす ヤツも そんな感じだろう

 

相手を受け止めて 今その時を感じてるとは違うんだなぁ 


憧れを そいつを通して 描写しているような 疑似体験の様な


そんな感じに 思えて 別れてしまった


自分は ありのまま その時間と 相手を感じていたかったんだが

向こうは そんな感じだったんじゃねーのかなぁと



人はめんどくせーんだよな そんなの何度か繰り返し

何時しか 納まるべき所に納まる はたまた 再びさまよいだすのだろうなぁ

真っ直ぐ相手と 向き合えて そいつが 自分にとって

良いのか悪いのか 合うのか合わないのか 自然な感じで

心が答えを出すんだろうなぁ




クルマも 同じ様な感じだ 色んなモノと出合った数の中から

ピッタリなモノに何時しか出会う コイツだ と




一つの事だけに囚われると それは やって来ない

コダワリや憧れは 大事な事なのだが 多くを知らなくては無意味

比べる事が出来ない そいつが 本当に良いのか? と



自分にとって 本当の気持ちを もって 感じていれば


何時しか 素敵な出会いが やってくるハズなんだ


 最良なモノに




                         チャンチャン ♪




嵐の後の・・・

.13 2012 店舗日記 comment(3) trackback(0)
Kさん1

とある さむ~~い朝から 問い合わせ



オジサン アレ在る? 235/85R16なんだけど


アレま! こっちに居るのK君 向こうで練習中じゃ?

それに 冬に何故 それなんだい?



何だかんだと 言いながら 雪が無い 今がチャンスの日に
突然と現れ タイヤ交換が 始まる


Kさん2

Kさん3


んま~~ よく掛けたネ~~足回り もう手を入れる所なんて無いネ

取引先 J-UP カンパニー 酔っ払い社長の 作品


大変 よくできました。 と言う 賞があげたくなるほどの足回り

ははは 想像しちまう J-UP 森君の 困った顔が

何でしょう ざまーみろ とでも言ってやりたい オカゲで

オーナーは 大満足だったのだが 今度はタイヤサイズに不満 ちゅ~事で

矛先が 今度は 私かい・・・



この ジムちゃん 何度かのモデファイを繰り返す 最後に

腰下に迫力が 感じられん!と お仲間に言われつづけられて

どーしても

冬眠車庫にしまう前に 交換したい  て 話だった・・・


車庫にしまうなら

来年でも 良かったと思うんだが そんなの許されないんだよなぁ・・・







N君1


何故か 店の中に SUZUKIバンバン君が ココ最近居座ってる

コイツは 嵐が去った 後日 昏々と雪降る中 運ばれてきた

なにも この雪降る中じゃなくても イインじゃね? とは言っても

無駄な事なんだよなぁ・・・



まぁ 本題は AWの全オーバーとリペアの話だったんだが

コイツのセミ・レストアも ついでに頼めないでしょうか と 来た


何度も言ってるようだけど うちはタイヤ屋だって バイクのレストなぞやっとらん

と あーだ こーだと言った ところで 聞く耳 持たんのも 常連達だ

コイツは それ相当のお店を手配 連絡する


あのなぁ~ 私ぁ~ ドラエモンじゃねーのよ とほほ・・・



こんな様な色んな事の お願いをしてくる常連さん達は 口をそろえて言う言葉


おじさんに 取合えず相談して言ってみれば なんとかなるでしょ  と

あんたらなぁ~~ 何か それって おかしくないか? 

何でも知ってて 何でも出来る訳では ナイぜ 皆さん・・・

しかしなぁ~ 懐かしい バンバン君

ふと 札幌の 可笑しな あの方を 思い出す

来春 あたり ダックスで やって来るんだろうな~と

どいつもこいつも 馬鹿だネ~~~ まぁ 楽しい事は

何でもアリなんで OKだ 趣味も合うし ん~ 良しとしよう。




そんなかんだで 丁度 ユニックで来ていた 彼にお願い

前回の暴風雪で 漏電の元を作った 配線カットをする為に

ちょっとイケナイ事を頼んでみた




西P-SP


レスキュー 西P-登場 あそこの線を切っておくれと 頼む



西P-SP2


私ぁ~ 極度の高所恐怖症の為 こんな事は 西P-に任すのが一番だ


コレで 漏電の心配も無くなった どーせ そこの看板は使ってなかったし

風で ぶっ飛んで 使いモンにもならねーしな と


雪降る中  チョッと面白かったので こんな画を撮って見た

良い子の皆は まね しないように。


しかし 本日 気が付いた


電気に まるで疎い 西P-  余計な線まで切っていた・・・


コンテナ倉庫の 電気の線までも  なんで・・・






チン○ン 縮ませながらでも 自分でやるべきだったぜ









                              チャンチャン♪








高校最後の冬 ある日 親父にクルマを黙って借り 彼女を送った

その後 自宅へ向かう道中 ラジオから流れてた コノ曲 懐かしい・・・

忘れないなぁ なぁんか 切なさが込上げる



冬になると 思い出す曲の一つ

心がエンプティになると コイツが流れる


皆 何処かへ 消えちまえばいい

それとも この俺が逝けばいいのか~~


今週末は 2ヶ月ぶりにご帰還するぞ~ 雪なんか

降るんじゃねーぞ クソッタレ と

もしかしたら 峠に消えるかもなぁ・・・


冬の北の国 最近 ダイッ嫌いだ 寒いのも雪も

ウィンター・スポーツなぞ やらん私ぁ~ って もう出来ん歳だよなぁ

大体 雪降って喜ぶのは 犬とガキだけだろうなぁ と

勝手に決めている 今日このごろなのだ





そんなヤツ・・・

.06 2012 未分類 comment(3) trackback(0)
豪雨

12月の嵐 各地域で 被害をもたらす

んまぁ~ ご機嫌な位 横殴りの雨は

雹

直径5mmほどの 凶器と化し

叩きつけてきた


つぶて

数十年ぶりに こんなの見たような・・・

一体全体 ココ最近の天候はどーなってるんだ

こんなに荒れたのに  夕方には 絶景が


夕日


山に沈み込む 太陽は 全てを焼き尽くす様に 真っ赤


夕日2

晴れ間と 雲の間を 真っ赤に焼き尽くす

幼き日の あの頃を 思い出すなぁ~~


本日は 大嵐  強雨風 看板からゴミから 人から犬まで

色んなモンが 吹っ飛んでいた 送りのタイヤまでも・・・

漏電のおかげで 店の中停電になったり テンヤワンヤだぜ・・・


どーせなら 全てが吹っ飛んでしまえばイイ等 不謹慎な事を思う

あ~ 心までヤラレテいるんだ 今週から休もう・・・と



大平原

十勝名産 大平原 と言う お菓子を 久しぶりに喰った

十勝っ子は 皆 コイツで育ったんだ 知らないヤツは居ない

ガキの頃の大事な栄養源 腹が減った時など2つも食べれば もうOK

ふと コイツの事で 悪友の事を 思い出した


ある日の事


大平原 なんだか 小さくなったと 思わんか? と

突然 ヤツは言い出した

確かに 小さくなった様な? ガキの頃 コイツを口いっぱいにして
喰った記憶がある・・・


が 数十年を経て そんな事 気にする事も無かったんだが



六花亭 いつの間にか 千秋庵が コイツに名前を変更していた帯広

数々のヒット菓子を作り上げ 伸びに伸びて行った 六花亭

コイツのヒストリーは 結構素敵なんだよなぁ~ モノ作りの挑戦みたいな

昔 コノ職業の前 ココの専務の家の基礎工事 やった事を思い出す

立派な家の基礎だった 手の込んだヤツだったなぁ・・・


私ぁ~ ヤツに答えた


やっぱ コストとか何だかんだで 小さくなってんじゃねーの と


ヤツは 言った

俺も そー思ってさー 電話したんだよ  と


私:はぁ??? 六花亭にか? え~ オイ そして なんて答えてきたんだい?


ヤツ:昔から 大きさは変わっていないってさ!

俺達が ガキの頃 思っていた大きさと記憶は
大人になった 今でも 変わらないって事で 実際は俺達が変わってしまったって事だ



私:へ~~ 変わってないの・・・そうか ガキの頃の記憶と現在のギャップなぁ


何かな~ 時は流れても 思いは変わらないんだが 現実は変わっちまった

変な感じだなぁ と  複雑な気持ちになった 
 


ヤツは たまに 可笑しな観点の話をするのだが ホント

普段 忘れかけた どーでもイイ様な 話など  それが

何故か 私には 妙に そして新鮮で 大事な感情でもあると気が付く時がある

愛すべき 悪友なのだ へんてこりんなヤツだぞなぁ




それにしても 電話ネ~ アイツが そんなに大平原に執着心があったとは・・・

一体 六花亭に何て聞いたんだろう 大平原 昔に比べて小さくなりました? って聞いたんだろうか



その後 ビンのコーラ 懐かしいヤツ 飲む? と



瓶コーラー


お~~イイね と 盛り上がる 二人


そして そんな話の後だったのか  私は 気が付いた


コークボルト コイツは 俺達 ガキの頃のデザインと違う 
もっと グラマラスだった筈だと


ヤツ:そーかぁ? こんなんだったじゃねーの 


私: イヤ 違う もっとボッキュンボッキュンしてた て

 なんなら 電話してみるか? キャップにTEL載ってるし


もちろんTELしちゃったんだが その日は休日 誰もでんわ!



まぁ ガキの頃 よくボーリング場のゲーセンで遊んでいた私

その頃のコカ・コーラの販売機は ビンのみ 慣れ親しんだ コカ・コーラのビンの形状

記憶は間違いナイ そう 絶対だと が 真相は判らず


しかし自分も 十分に変なヤツなんだと思う・・・



きっと 変なヤツ同士 今も気が合うのかもしれない


こんなのが居ても イインじゃねーのかなぁ こんな世の中だから 






んで もって 話は コークボルト コイツを見て連想する





コークボルトと言えば やっぱコイツ



スティングレー


そうさ SEXYな ピンナップ・ガ~ルじゃないぜ

スティングレーさ  私の中じゃ コイツが真っ先に浮ぶ


3次曲面が グッとイカシタ あの時代のクルマ達は 今も変わらず

思い焦がれる ガキの頃 出会った 全てのクルマ達が 大好きだ


自分の中の グッド・スタイリングなクルマとは こいつしか居ない



ミウラ


ランボール・ギーニー ミウラ 

何時か  現代に 蘇って ほしい


クソッタレの この世に 絶世の美女が現れるように

ダセー 現代のクルマ・デザインを ぶっ飛ばして ほしいぞなぁ・・・





ガキの頃 感じた思いは 大人になっても そんなに変わらないって 

話でした。


まぁ ネタもねーし たまには こんな感じもイイだろう




                           チャンチャン♪


Run&Run が終わって・・・

.02 2012 店舗日記 comment(2) trackback(0)
氷11

あっと 思えば もう12月

目まぐるしく変わる天候 ワーク&ワークで

世間から外れ やっと 2日ほど前から 一息・・・


影1


つい最近まで 太陽が低くなってきたなぁ~

コノ季節の 午後 影が こ~~~んなになって

なんか良いんだよなぁ  背も高くなるし 足なんて と

相方 西P と 一時の 冗談を交わしてたのになぁ


こんな仕事する前を 思い出していた


長く伸びた 車の影 走っている 田舎道 最高な時間を 感じてた

アノ頃・・・


EG11.jpg


今じゃ 無理  今期 最後のドライ路面での走行は

コンビニまでの数百メートルの 往復で 終了

信号待ちから 全開開始 2速5000回転で メーター読み80オーバー

3速ぶちこみゃ ギャ~っと タイヤを鳴らし

4000回転 120をオーバー 速めにシフトUP

4速4000回転付近 140を オーバー このままスムーズに

160まで伸びる勢い ファンネルのお陰か? と あれまぁ・・・着いちゃった と


衣替え112


なんとも シケタ行為で 衣替え スタッド装着・・・


最後はシマラン終わりだったが 来年はキャブ変えようと 心に誓う





吹雪2


クソッタレの吹雪だったり 猛へヴィーなラッシュ交換劇も

怒涛のTEL攻撃も つい最近なんだが ずいぶん前の様に感じる 本日


そろそろ 来週から 日曜日は 休もう

心も体も 相方共々 エンプティ~~ リフレッシュしなくちゃ

心が 腐ってきてるぜ  あ~~ ヤナ奴になって来てるしなぁ・・・




物体1


あるタイヤ交換劇だった  結構 太い物が ズップと



外してみたら




物体2


一体 どーなったら こんなモンが 刺さるんだ???



コノ街には 不思議な事が 続くし 相変らず 馴染めないのだった


自分の 心も こんな感じに なるのが怖い・・・






                  チャンチャン ♪






お仲間 タケちゃん 忙しい私を 虐めるように?

はたまた 嬉しさの為か 画像を送ってきた



TAKE1.jpg


カラーリングも 自分で塗り替え


タケちゃん 青って  確か エンジがイイって言ってたような?

ふ~~ん なんか 若いナスビの色が好きなんだ



TAKE2.jpg


ふ~~ん センターライン205ピッチで そう・・・


TAKE3.jpg


シフトに ラインロック  ふ~~~ん


take4.jpg



出来上がった どーよ と 言われても・・・

何故 アナタは 我慢できないんだよ コレからスグ

クソッタレな白い季節が 路面を覆うというのに・・・


と  チョッと羨ましいので ヤナ奴に変身


あとは タケちゃん自身の改良だな 


来年の 春までに

           痩せましょう!









自分の仕様も じっくり 冬の間 考えよう

まぁ ストリートとロング・ドライブ  コイツは絶対条件なんだが



はて・・・



今年も あと少し 自分が元気でいれる時間も 限られてるし


急がなくちゃ 想いの為に Run&Run








 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。