スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Air Cool な オヤジ達・・・

.27 2013 未分類 comment(2) trackback(0)
ここ数日 雷と嵐の暴雨が 数時間おきに続く この街

なんじゃコレ ここは沖縄か~  てほどの 天候変化

どないなってるんじゃ・・・


ネタもないので 最近 気になった想いを


前回 道東Bugイベントでの話し


TOKIO.jpg


東京から 2度目の 北海道上陸の ダンディなオジサマ

先月 昭和新山での バグピクに登場

また 北海道の緑が見たくて と 翌月18日に やって来た

1750ccを WEBER44 IDF で 渋い乾いた エキゾースト・ノートは

どこか品を感じさせる 私のとは大違いだった


なにやら 再び 長期有給休暇を使って やって来たそうな

十勝の緑と 空の広さ そして この気候 涼しいと おっしゃっていたが


今期 十勝 イヤ 道内ほぼ こんな湿気の多い状態は まれだ と伝えた

ましてや 十勝は どちらかと言えば カラッとした気候が特徴だとも伝えた

そう もっと素敵な感じなんですよ 今期は異常ですと・・・


それでも彼は イエイエ 東京に比べれば 全然イイですよと

道も広いし 信号も少なく 走るには最高ですね とも




ふと 思い出す 今回の Bug Rideの道のり・・・

全然 道東らしくねーじゃん  国道を ただ走っただけ あらま・・・

確かに 巡航 アベレージ・スピードは 速い方だが

こんなもんじゃねーし  裏道走れば そりゃ~ 気分はヨーロッパだが


もっと 素敵な場所 道東らしさ みたいな道 あ~ ありました

行きましたか? と ふと浮かんだ 自分の中のBEST5に入る アノ場所


ナイタイ高原牧場


ここは 公共牧場の敷地内なんですが  まぁ 頂上にレスト・ハウスがありまして


その道の カッコイイこと 最高ですよ と

ヒルクライムは 空に向かう様で そりゃ~ 何でしょう


ナイタイ高原牧場2

小さな アルプス山脈を登って行くような感じ  て 

私ぁ~ アルプスなぞ 行った事などないが・・・

入り口から 約7kmほどの 素敵な道は そりゃ  たまらんですよ



免許をとってから 必ず走っていた あの場所は 十勝を離れてから

数年 走っていなかった 昨年 久しぶりに走ったのだが

道は広くなっていたし  道南・道央の クソッタレの道に

ウンザリしていた 私を  最高な気分にさせてくれた  ん~やっぱコレだよ

フル・オープンでも走った そのときの気分は そう 最高さ


東京ドーム 350数個分の 敷地 頂上から眺める 風景は

この時期 緑のカーペットを引きつめた画が 見えるでしょう

晴天よりは チョッと雲が在った方が さらにイイ

上空の広さは 半端じゃない さえぎる物が 何もない

そして 流れる 雲の速さは 圧巻です 時間が経つのも忘れるほどだ


帰りのダウン・ヒルは コレマタ最高で 数百メートル先まで見通せる

曲がりくねった各コーナー UP DOWN で見え隠れする 道も

その 先の先が覗いている  気分は 最高 ラリホ~~ と叫びたい気分だ

そして 何故か 必ず思い出す アルプスの少女 ハイジ を・・・

ぺ~~タ~~! ハイジ~~~! と 叫びたくなるはず?



この場所は 自分の中では 特別な場所の一つだ

どーでもいいクルマや 絵にならんクルマで行けば こんな気分も半減するでしょうな


あと 心の貧しい方には 絶対 判らない  風景 です はい 間違いありません。


と オジサマに伝えておいた




オジサマ その後   私 どーしても 1度

北海道の冬の道を コイツで オープンにして走りたい と・・・


実は この時 私ぁ~ 感激していた  クルマに乗る ってことの

1番大事な部分  コイツで こうゆう道を走りたい  この言葉


多くの 自称 クルマ好き と 言う人に出会って話をするが

ココ最近 聞いた事がなかった  コイツで この道を こんな感じで走りたい


私の中では そこが1番大事  何故 コイツに乗るのか の答えでもある部分だ

カッコがどーとかタイヤがどーだの ホイールがどーだの デテールが とか

そんなモン 2の次だと そう 自分が乗ってる姿が浮かばない そんな

クルマほど カッコ悪いもんはない  と どこか何時も感じている



聞けば オジサマ トノカバーを ワンオフ 運転席だけ 開いてるヤツ

ヒーターだって バベストを装備  ははは 本気なんだ


コタツに 入ってる様に 暖かいんだ と 自慢していた



私ぁ~ こー言われちゃうと 本気で考えた  やっぱ 道東だよ

路面がイイ季節  グチャグチャな 道南 道央より 冬の冷たさと

北海道らしさの道を満喫させたくなった



浮かんだものは アノ場所



阿寒


足寄から 阿寒まで の アノ道を


足寄の町を抜ければ 阿寒のホテル街までは 一時停止が1箇所しかない


林道を切り開いた様な アノ道 3月中旬~4月上旬の午前10時 位なら

よく晴れた日なら 行けるんじゃねーか と

道東の 冬は 乾燥しているし この時期 うまく行けば

路面は ドライが多い  その年の積雪量にもよるが

端に弾かれた雪は 数メーターに及ぶ  昔 走った事を思い起こす


ん~ 自分も オープンで 走ろうと思っていた事も

この時期の 日差しなら 意外と行けそう なんたって さえぎるモンがねーしなぁ と

しかし 雪のため 道幅も狭く 停るには危険 

阿寒までの数十キロの道のりは どんなに寒くても 耐えきるしかないぞな


にしても このオジサマ イカシテました 想い描く事を 実現する行動力

その感性すべて  カッコイイ と 感じた


一生懸命働いて ある時期になり 余裕もチョッと出てきた頃


何時かは 叶えて見たい想いを 今実現しているようで なぁ~んかイイ

カッコイイ65歳の Air Coolなオジサマだ




自分と多くの知人と 違う 生き方  私ぁ~ 思うがまま

今出来ることは 今やる 何時かはって 話は 信じないし やらない


それと 正反対  ん~~ どちらも良いんでしょうネ

何もしないより 何かを感じて 行動した方が と 


何か 身近な 自分より若い世代の奴等より 色々 出会う オジサマたちの方が

ずーっと エネルギッシュで タフで カッコイイ

最近 つくづく思うのだった  まぁ 私の場合は そんなオジサマになんて

なる事はねーな 途中で ガス欠に決まっている そんな感じがしてならんし・・・


ん~ カッコ良く 歳をとる って むずかしーねー


やっぱ 男は 想い描く想いを 少しでも実現しなきゃ カッコ良くないちゅーことだ


素敵なオジサマ  Oh~ 身近にも 居ましたなぁ


Air Coolな オジサマ と言うより


ERO MARUDASIな イカシタ オジサマが・・・



HOKOさん


間違いなく 彼も 私の中では カッコイイ オジサマだ!



by Hokoさん  最高さー!








                               チャンチャン♪




ん~~ 無性に ジンギスカンが 喰いたくなって


何故か 思い浮かんだ




アメマガキャラバン1


コイツへ 行こう  さ~て 皆にTELだ

有楽町のシンギスカン タケチャン お願いします。


大好きなモノに囲まれ  美味いものを喰う コレが一番



アメマガキャラバン2


昨年から はじまった このイベ 昨年200台オーバーの 北海道 アメ車乗りが 集まる  


そう ドレコン とか カスタム なぁ~んて感じじゃなく

リアリズムが濃い  俺は コイツが好きだ だから乗ってんだ て感じがイイ


ダッチVAN LONG に 焼き台 テント を 詰め込んで 最後の夏?を

楽しみに 行こうか


コノ日は 色んなイベントが 各地方で 行われるが


やっぱ サホロ で 集結しましょう たまには 気を抜いて

旨いもの喰いましょう 主催者 JACKさんにも 了解とったし


スペースが 空いてりゃ テントでも何でもどーぞ と

焼肉だって ガソリンに引火しにゃきゃ  どーぞ はははは と 笑ってました


クソッタレの気分に さよならだ!


広い道路幅 に 広く広大な土地 十勝の道は 最高さ

デカイ アメ車が よく似合う まるで 普通さ

キッチキッチに詰まって 信号ばっかある場所より

やっぱ こっちがイイ  クルマにとって天国の様な 田舎の方が

どこか 田舎のアメリカを感じさせる そんな風景


まぁ 私ぁ  アメリカなぞ 行った事などねーけどネ
   


               

スポンサーサイト

意味が判らん 不安感・・・

.20 2013 店舗日記 comment(0) trackback(0)
盆休みも 終了し 何でしょう

今シーズンの 気候は 何処へ行ってもジメジメと

北の国 こんな気候 年明けから変 季節感が あまり感じられん

体の調子も 年明けから イマイチ 気分もずーっと イマイチ

得たいの知れない 不安感だけが 続くんだよなぁ・・・パッとしないし


かもめ



何時も 港近くに居る カモメ達は 群れをなし


かもめ3



悲しきルート36線 内陸側に 朝から 集まって・・・

こんな事 この街に来てから 初めてだぜ


なんでしょうなぁ 気持ち悪いし 世の流れ 政治・経済等 

世の流れも 考えれば考えるほど こーなっちゃイケナイって 思ってた方に

人々は 生活に追われ 夢を見ることも ままならなく

より チープで稚拙な方向に流れているみたいで

クソッタレな気分にさせる  まぁ 夢じゃ腹も膨れはしないが

現実ばかりを 見たって 何も変わりゃしない 

何かが 崩れて来てるのは 間違いない 今までとは違う何かが と・・・


まぁ そんな事は もう何年も前から気が付いちゃいるが

どーもならんって事で 見ないフリ そのツケが 回った来たのでしょうかネ~

そろそろ 新しい時代への変換期なんだろうな

今まで通用してきた お偉方さんの考えは もう 終わりなんだろう

だんだんと その考えの せいで 悪くなっているもんなぁ

新しい力や発想が 必要なんでしょうな 此れからは きっと


話は変わり 盆前と盆明けの チョッとした話


300C h


クソ暑くて ムンムンの日に 300C君登場

フロントタイヤ交換なのだが・・・


300C h4

5.7のHEMIを積んでる こいつ E/Gの熱気で 更に暑い

ゆっくり こんか~~~い ブッ飛ばして来たんだろう と

22インチ を 汗 だくだくで 交換・・・


300C h2


室内は 涼しい温度で ま~ うらやましい

正直 言いたい タイヤもリーズナブル 工賃安め で ひ~~ふ~~と


はい 外気温度 30度超えると 割り増し工賃とします

こんな時は 体力も2倍は使う  22インチの1Pホイールは 重いし と

まぁ 世の中 そんな都合よくにはナリマセンな


ぶー たれても仕方がないのさ  にしても暑い 私ぁ 暑さと湿気が苦手だ




続いて また おかしな奴がやって来た・・・


ABBY 初期型


初期型の ABBEY君  なぁ~~んか 懐かしい 結構 程度もイイ


昔は コイツ 原付免許で乗れたはず 今は 小型免許が必要


常連の 某自動車ディ~ラ~マン  NEW君 また嫁に内緒で購入



ABBY2.jpg


NEW君 嬉しさのあまり 私に見せに来るのはイイが


あんた アホだろう このクソ暑いのに バスタブ密閉空間見たいな

コイツに乗って来るとは 死んでしまうぞ・・・



ABBY3.jpg


去って行く その姿 スピードは 危険だ  キュートなたたずまいとは裏腹だ


あ~ ガキの頃 近所に住んでた ばーさん思い出したよ

金持ちの家のばーさん こんなヤツ乗って 近所に買い物来てたなぁ

杖突いて 足悪かったんだよな と

NEW君 あまりハシャイで 国道を走らないようにネ

大型トレーラーに吸込まれるからネ  なんでしょう のどかな絵が見れ

なんか 楽しかった 一瞬でした。



なんか 何時も思う こんな方達が 何時も 自分の心を救ってくれる

自分が想い描いて カッコイイと思うものを楽しむ

素直に率直に  ん~ それで良いんだ  人生はそんなに長くはナイ

今出来ることを 楽しまなくちゃ! 何時かは そんな事は やって来はしない


今と言う状況は 何時かは と考えている その時と 状況は同じではないのだから


何かが変わり これから起こる事など 誰にも判らんしネ


もっと 素直に 今を楽しめばイイのさ~~



                            チャンチャン♪













BRP5 2013


2013年 第5回目を 迎えた Bug Ride パンティ は


SO GOODな気分で 終了  コイツが終われば 夏ももうスグ終わる


天候は 生憎だったが  それがマタ 私ぁ 道中 楽しい道のり


MAC音更


年に1度のこの時間  朝5時に 相方 西P-と この街出発

約260キロ離れた 集合場所に 2時間半で到着

朝の日高道は 年に数度 最高な時間をくれるのだが 相方西P-それを感じたようだ

一番乗りは 旭川からお越しの オーバルさん  OH~ 私等よりハエ~~じゃん と


BRP1.jpg


雨 晴れ 霧 と 天候は変化し それマタ 楽しい1日

今回は 関東からお越しの カブリオレT1さんとの話など

あ~ やっぱ 道東の道は 最高と 話しこんでみたり


集合

相変らず 緑に包まれた この場所は いい絵が感じる

天候はイマイチなんだけど また それが イイ色をかもし出してた


DVD製作の為  今回の画像は 友人の下へ 戻り次第 UPとインプレを と


んま~ 楽しかった  ん~~ やっぱ イイ 往復500キロ以上の

日帰り Bug Run も やっぱ 空冷最高 ってな感じで 満足


一つ 再発見した事も 悪友に 再び 感謝



EG 2013


ロング・ファンネルを付けた コイツ(E/G) 3速の伸びが 俄然良くなった

土砂降りの雨でも 問題なく行けたし 驚きは 燃費


相方西P-と 現地へ向かう為 ノーマルE/Gに合わせた 走りを 心がけて

自分なりに 優しく走ると んまぁ~ リッター 約18キロ以上をマークした

2000~2500回転で ゆるりと走って  途中 トレーラーを

数台抜く時は 3桁にはなるのだが



室



そこそこ速く  高燃費を叩き出す事も出来る ヘンテコリンな このE/G


ムチャクチャ ぶっ飛ばす時も在るけど 故障知らず


悪友に感謝  コイツのおかげで 楽しめる ストリートで見れる

自分だけの 最高な時間 その走り  速さだけではない ストーリー的な

道の時間 また コイツが 好きになった なんか 今の私にはピッタリな

この特性は  ただ ただ 感謝です。



8月か~

.05 2013 店舗日記 comment(0) trackback(0)
まー あっちゅーまに 8月

ん~ 今年は この街 ヘンテコリンな気候

夏? ん~夏だよなぁ と思えば 何処へ行った夏ってな感じ

気分は最悪さ・・・


OP AT

んまぁ お仕事は 相変らず 変な?奴等が 想いを込めて

TOYO オープンカントリーAT 285/75R16

コイツ デビューして 何年経ったんでしょう 昔から在る

日本で作られてるのだが TOYO JAPANでは売られてません ははは

OP AT2

このカクカクしたスタイリング 私ぁ~結構 好みです  ハイ


装着車も カクカク LC76 ハイリフ 街乗り仕様で

んまー 似合ってて 良いんじゃない 私ぁ LC系は 4・6・7までは大好き

その他は 別にLCのネーミング 似合わん と思います へへへ個人的意見です






ある雨の日 突然やって来た 某アスリート


5GTI.jpg

噂の マシーンで インプレッション求めて 乗れ乗れと・・・


高い車高調装備 19インチ 引っ張り系 アチラ スタイルの

ゴルフ6Gti 走行距離1万チョッと 極上品


5GTI2.jpg

コイツの購入金額 アナタ・・・盗んできたんか~ ってほど


まぁ コイツに乗って見たかった なんつったけ あの6速ミッション

DSGだっけ 確かめたいし  と アレ?4発 直噴ターボだったっけ


と  チョイ乗りであったが  そりゃー私 変な自慢じゃないが

そんじゃそこらの インチキ評論家 超えてますから こーいうの


んでもって 雨の中 Go! と  まぁ チョイ興奮 と 降りてから必ず思う

国産車の 嘘つき  てめーらなんて クルマじゃねーと

剛性感とステア フィールは こーだよなぁ オーバー200キロだもん と納得

E/G特性 んまぁ~ Gtiだもんなぁ この上(モデル)あるし 良いんじゃねー と

ターボを感じさせん 何か 下から ヒュ~~~~イン と あっちゅーまに

電光石火のパドル・シフト メッチャ頭の良いATモード 反応は 笑っちまう

賢すぎるぜコイツは  私 侮ってました コイツは感激だ
 

コレだけ便利で フィーリング良ければ そりょあ~ 最高だ

何時も言ってる 便利でイージーなモンには なんちゃらかちゃら なんて話はなしだ

実は もっと 詳しく まともに書こうと思っていたんだが ヤメタ

乗って感じれば 判る そう それが1番だ 

ただ おばはんとじーさん オカマ野郎と ミーハーには 絶対判らん 

コレは断言する  しかしなぁ~ 世界のミドル・コンパクトって クルマなんだよなぁ・・・

あ クルマじゃない部分 関係ない部分は チープな所もありますがネ



国産車よ もっとガンバレよー 北の国じゃ 長くは乗れないよ アノ作りは とほほ・・・

ダンボールで出来た クルマみたいだし 価格もな~ アレじゃ暴利じゃん・・・

隅々の作り込み そしてフィーリング 価格を別にしても チョッとなぁ 比べちゃ駄目

足とボディ剛性 コレだけとっても 一生追いつかんのか?

日本の道路環境基準に合わせましたは 言い訳じゃないの 私には 不安で冗談じゃない

渋滞の中を快適に走る為 そんなモンは クルマとは呼ばんのじゃ ボケ!

時速60kmでの快適性など チャリンコでも乗っておれ馬鹿者

何がECOじゃ トロトロ走って 燃費がイイ? そんなモン

20年前 イヤ その前から そーなっとるわい 

ECOって意味 はき違えとるんちゃう いい加減うんざりだぜ


話は戻り

まぁ なんにせよ 私の中の ゴルフとは 3までで 4以降は チョッと

イメージじゃナイ 高級志向になって  時代の進化なのだろうが チョッと ついてイケマセン。

7のGtiが 向こうでは 発売されてて 絶賛らしいが ニッポンには来て欲しくないなぁ

だって  なんか やんなっちゃいそうだモンな・・・







EVO.jpg


っと 翌日は この方・・・ 若き日の 本気で買おうと思った マシーンの最終型


憧れのマシーンで 終わっちまったんだが・・・


EVO2.jpg


この HF 伊達じゃねーんだよな  


EVO3.jpg


あらゆる場所に 設けられた エアー インテークだって ははは

苦労のタマモノだったのが 判りますな コイツ 生まれたままの姿です


EVO5.jpg

ブリフェンも このモデルだけ チョッと広い 私の中では

伝説のマシーン  8Vの前期型は 何度か 手にするチャンスは 合ったのだが

ハマるのが 怖かったし 今の所 イタ車だけは 手を出さない と 決めている


EVO4.jpg


このお方 10年ほど 乗っておられて 奥方も 元?アルファ乗りらしく

生粋のラテン・ブラッド夫婦・・・ お仲間達も 昔から 噂ではよく聞く方々

チラ見では 何度も 見ている  やっぱ ラテン・ブラッド達には 

係らん方が 身のためと 確信 アレほど ドラマチックなスタイルはねーよな


私ぁ~ きっとイギリス車が 大好きなんだ と 心に言い聞かせて

今まで生きている まー乗ってるのは 今 オールドじゃ~まんだが

きっと 何かの間違いが 起きれば 間違いなく アルファの何かのシリーズに

乗るでしょうな 昨日見た イエローの ジュリア アレが脳裏に焼きついて

離れない  アレは ツボにはまった きてたなぁ~




往年の欧州車達は 歳をとった今でも 心を ドキドキさせる

近年の欧州車モデルにだって やっぱ クルマだよなぁ~ と感じさせる

ますます 国産モデルからは とーざかって行く この気持ち

決して 外車フリークでは ナイのだが 何かなぁ どーでもいいかぁ・・・





んまー クルマは 楽しくなくちゃネ


早めの告知です ブログ放置気味ですので


お盆休み

8月 13・14・15・16日 となっています










                        チャンチャン♪






昨日は 会社の 同僚と 取引先数社で 行われてるイベントに顔出し


数年振りに 合う方達と 楽しい時間を 馬鹿話で盛り上がる


OO祭と 名づけられた 2回目のイベだった 会場のクオリティーは

ウェルカムと言うに ピッタリの 設備  やるなぁ~ 良いんじゃない

ある意味の 隙間 も ちゃ~んと クリアー してたし

彼等の熱意みたいなモノは ヒシヒシと 感じました ご苦労様です


CROSS-Bの皆さんも ピッタリ 思った通りの連中だった

その姿を 画像に納める為に 行ったはずが まーなんて事でしょう

カメラを 忘れ・・・  何しにきたんだと





サンダーバード2号


と  全然 場違いな場所に ブッキーが 軽トラ サンダーバード2号で来ていた

まぁ 展示品を運ぶのに コレほど 便利なモンはナイし


BFブッキー3


コイツも このスタイルではないが タイヤSETをぎっしり詰め込んで


コイツは


BFぶっきー1

コイツを リアに ROD系にして

ダッチVAN風に ただ今 カスタム中 でした


フリー走行のモーグル・コースを 例のサンダーバード2号で クロカン性能テスト

リアの軽さの為 トラクション不足なのだが 足も固め サイド・ブレーキを

うまく使って アタックすれば  ホレホレ と


なんかさあー SJ-30みたいな感じだよね コイツは  と

しかし フロントは 結構 いい感じじゃん 行けるね~~ と


ライト・クロカン なら 全然OK  まぁ それ以上だって 行っちゃうネ

まぁ それだけを望むのだったら コイツ(軽トラ)は 選ぶ事はナイ 

コイツは アクマデモ 働くクルマ  そのコンセプトは 外さない


OK ブッキー コイツは 良いよ120%の性能だ

アレから6年 ATVタイヤの頃から初めて ここまで来た

LSDと27のMUDタイヤで コレほどの走りが出来れば 上出来

絶妙なロード・クリアランス 下回りに ダメージもナイ


ブッキー それ サンダーバード2号 ずーと貸して


ずーーーーと ネ!  気に入っちゃったぜ オイ










 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。