スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車の楽しさは やっぱコレでしょう!

.26 2009 車暦と気になる車達 comment(0) trackback(0)
久しぶりに このカテゴリー更新です

ここ1年ほど 気になる車が現れ
久しぶりに ドキドキ胸が・・・

それ程 最近 乗りてー と思わせる
お車が なかった訳で

そうコレではないんだが・・・

fiat-500-concept1[1]

FIAT500 チンクエチェントくん!
イタリア国民に愛され 大衆車の原点でもある
2代目デビューから数十年を経て 50年だったか?
21世紀に現れた コイツ・・・

ちなみに2代目は お馴染コレです

チンクエチェント

ん 顔面に髭がないので 最終型でしょうか
OHV 空冷2気筒 497cc のプアなこの車
大人4人を 乗せ 頑張って走るその姿は・・・笑っちゃう
おまけに 室内の騒音を逃がす為の
キャンパストップ なぁ~んて 今のやつ等なら
耐え切れんでしょうなぁ だって・・・ 
中古タイヤありますか?って
聞いた後 それって 静かですか?
聞いてくる とんでもない方や 
車を車と分ってない運転免許保持者達が多い・・・
あえて 彼らを 私ぁ~ドライバーなんて呼びたくありませんし・・・・

まぁ そんなこたぁ~ドーデもいいが
時を経て 甦った チンクくんも
当時の販売コンセプトからは 当然外れてしまった

発売コンセプトは 当時のイタリア 
町ゆく移動手段は スクーターが主流で
自動車なんか高嶺の花 日本もそうだったよなぁ

どーにか国民に 4シーターの自動車をって感じで
FIATさんが 2代目FIAT500を 手軽でリーズナブルな
形で発売した筈です もちろん イタリア国民大衆車になり
1950年代~1970年代後半まで製造されていた・・・

プアな構造もコストを抑える為で 当時のミッション
ノンシンクロだったり クラッチだって・・・・
それでも コノ愛らしいモデルは 国民に永く
愛され また 他国のエンスー達にも愛されたモデルでしょう

また チューニング・キットが出たりチューナーが
カスタムモデルを作ったり これ程 永く楽しまれた
車は イギリスのミニとイタリアのチンク位じゃないでしょうか?

今現代に甦りはするが
オシャレなライトウェイト・カー?いや スモール・カーとして
復活し コレから どーなるのか気になる存在です。

そして 一番気になっちゃったのが そう
チンクが復活となれば おのずと アレでしょう
アバルトが復活! 
フィアットの傘下に吸収され
何時の間にか そのネーミングも消えてしまったが 
ちゃ~んと その工房は名前を変えて残ってたんですネ~

過去のWRCでランチャー・デルタをチューンしてたのは
アバルト軍団だったのは 知る人ゾ知る話
ワークス・トヨタが最後まで戦ったインテグラーレ・シリーズも
プライベーター セミ・ワークスの体制に代わった コイツラに
手を焼いていたんですな! まぁ ランチャーが出てない
WRCなんぞ カレーの乗らないカレーライスの様さ!
え?どんな例えだ・・・・
ましてや ランチャー・アウディを倒さない限り
私ぁ~本物とは認めん!っと 勝手に決め付けているのであった

あ いけない・・・アバルトの話だった・・・

500AB.jpg

カルロ アバルトのおっちゃんのスピリッツは
21世紀になって 再び世に出てきたのが
私ぁ~超ウレシィ~~!

この紋章は 伊達じゃない! スペックじゃなく
肉体の細胞に入り込む 毒 コレにヤラレタ方も
多いでしょうなぁ まぁ アバルト・ヒストリーを
知らない方には 何の事か 分かる訳ないんですがネ!
ジャイアント・キラー アバルトが復活か?

ここで 何故アバルトを贔屓目に書くのかは 私が
小さいおじさん だからではない事を断っておきます・・・

昔 若かった頃 車を弄って 楽しく遊んでた ノリを
この カルロ・アバルトさんも 同じノリでやって来て
そして 成功を収めたのがカッコいいんで
車を楽しく走る! そう コレが 絶対的な原点です!


エンブレ

そう 車には車のヒストリーがあって スッごく
素敵な物語もコンセプトも詰まっています


ただ 便利だったりスペックだけが凄くても
ドライバーとして車を愛せはしないんだなぁ~

ちなみに アバルト500の過去のマシーンは
こんなんでした!

Fiat500_Abarth_595SS.jpg

Fiat500_Abarth_595SS_1[1]

どーですか 相当 馬鹿っぽいでしょう!
まんま 今のプライベーターチューナーのノリでしょ!

でっかいバーフェン Egの熱を逃がす為の コノ仕様
今も昔も 変わらないよなぁ 皆さんも
形はどーあれ 放熱方法は同じでしょ!

そして現代の甦った アバルト500も

500AB 1

AB500.jpg

しっかり 継承してますなぁ! 言い方変えれば 
やるな FIAT!
販売戦略が キッチリしてます 話題性もコンセプトも しかも
こんな時代に出すなんて! でも 
そう 歴史が在るから出来る技でしょう
 
それに比べ 国産メーカーの しょぼい事・・・・とほほ・・・
エコだのセレブだの燃費がどーとか 価格がどーとか
スペックがなんだかんだと・・・ それはそれで在りなんだが

いい加減にしろ~ 馬鹿の一つ覚えの様に 
何でもかんでもしやがって! 
本当の姿を そろそろ見せてみろ!
車メーカーとしての姿を!
過去の伝説やヒストリーを 呼び戻せよ
誰もが 今のコンセプトを望んじゃいないんだよ!
各メーカーの生き残った 50過ぎの重役さん達よ
車種は一杯あるだろ~ 何種類かはさぁ~・・・・
ガンバレ~オヤジ共 どーせ先はないんだし!!

このままじゃ どーでもイイ奴等や ただの
運転免許保持者みたいのが 湧いて出てくるんだ おまけに
そんな奴等の為に 車?を作るから売れネーんだよ!

奴等 車が走るもんだって~のが よく判らんのでしょ

何か便利な応接間?部屋?とか 飾ってナンボとか
勘違いしてますね きっと・・・プラモデルか 君達は・・・

楽な車って~のは 走ってても 疲れませんし楽しいモンです
はい 私ぁ~ ナビや後部座席に乗ってるもんは 全て
荷物としか 考えません! なぁ~んぼ ホザイても
荷物はしゃべるな!っと一喝です そう 私ぁ 運転手でも
お抱え運ちゃんでもない ドライバーが楽で楽しくないとイケマセン!

今のそんなつまらん車なんて 買う気も起こりませんし
愛着など欠片ももてませんワ! 金が勿体無い

どんだけ 便利になればイイの? そんなの車じゃないじゃん
自分の家より 豪華なモン付いてるし 機械任せの
ただの塊です 運転するより 勝手に空でも
飛んでいた方が 似合うんでないでしょうか?

まぁ・・・
買う時が来たら それは 車に対する気持ちが
無くなった時か
多分・・・体の自由と気持ちが 老いた時に考えるでしょうな
ようは 爺~になった時でしょうな

おっと いけない ちょっと言い過ぎました・・・・

まぁ 何はともあれ このサソリの毒
私にとっても 判る人にとっても
解毒剤なんか 在るわけないでしょうね・・・・

ヘッド

ちなみに 私ぁ~ 過去に一度も アバルトを
保有した事も乗った事も アリマセン!
はははは・・・

アバルト仕様に一度だけ 乗った事があるだけです・・・・
しかも リバースギアの入れ方が分らず
手で押してバックした 思い出が・・・
最低の人間です!

昔 本気で欲しくて・・・当時も高くて・・・
本物だって無かったはず・・・

いまも 妄想中! コレに乗って 笑って走ってる
自分がいます・・・こんな感じ 数十年忘れてた・・・
車はPOPにHOTに 楽しくなくちゃ 愛せませんって!

そんなかんだで  甦ったアバルト500 チンク君は
今 私の中では 一番HOTな お車でした~

                            チャンチャン♪






スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shoporange.blog18.fc2.com/tb.php/158-4bac8147
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。