スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今もその存在感は キングの称号が相応しい・・・

.07 2010 車暦と気になる車達 comment(8) trackback(0)
春も もうスグ 各趣味性の高い方のオーダーが
ココ最近 続く・・・まぁ 先にOFF系が多いのだが

彼等の想いを聞きながら 商品を決めるのだが
その想いのお陰で 楽しくも在り 個人的には
欲求不満も募るのだ そう 自分も同じ気持ちなのだ

走りて~~~!

今年からは 昔のライフスタイルに戻るとキメ
今から アッチへ行こうとかあそこを走ろうとか
妄想一杯で ワクワクしちゃってる 我慢したもなぁ~~

何時までも変わらない気持ち やっぱ大事だ

そんなかんだで このシリーズ ついに登場なのだが
今更 この車 私がとやかく能書きたれても仕方が無い

日本ヒストリック・カー 旧車の王様 スカイライン C10型

そう 誰が何と言おうと 私ぁ~そう思っている キングだ!
その事を 想うがままに描いてみよう

ハコスカ

過去に数々の伝説 (サーキット・ストリート)を生んだコイツ

多分 永遠に語り続けられるスカイラインC10系 通称:箱スカ

R

コイツのサーキット伝説は今更書くまでもナイ
色んな書物や専門誌で 今も紹介されているし

私の世代 免許取立てはコレ系 石を投げればスカGに当たる!
な時代だった ケンメリ ローレル セリカLB 30Z ジャパン
TE27レビン・トレノ等 もうサニーB110は少なかった
あ 510もまだ少数居たなぁ そう 排ガス規制ギリギリと
かぶっちゃった時代背景 キャブ車とインジェクション車に
別れていた 時は規制後 牙を抜かれた羊の皮をかぶったヤギ時代突入!

当時 スカイライン最強なる風潮があった そう
イメージと妄想が誇張されていたんだと思う
ノーマルなんて んな アホな・・・位 遅!

前


私ぁ~決してスカイライン党ではなかったから あの当時の
風潮笑ってみてた ケンメリなんて あり得んかったなぁ・・・
ジャパン・ターボだって ノーマルじゃ・・・
が しかし 皆 判っていたんだと思う

作られた虚像と妄想だって それでも 私達
想いを込めて 楽しんだもんだ

箱スカ 4ドア コイツを乗ってた仲間は3人ほど
想いを込めて R仕様になっていた 黒の2台は
80年代後半まで走っていたなぁ 速かったんだよなぁ

そして シルバーのアイツは・・・最高に笑った超遅いのだった
後にそいつは お金とプライドを掛けてGT-Rを買ったのだった

走る

そう 仲間には黙って! なにやら調子が悪かったらしく
電装屋さんに暫く入院してた為 誰も気が付かなかった様だ

後に 彼が語った話では 

GT-R・・・峠でアルト・ワークスに抜かれ
あのシティ・ターボにも軽くチギラレタ・・・
調子悪かったのかなぁ あのS20・・・



そう 最近旧車 再び持ち上げられているが
良い事ばかりじゃない 本質的には

はっきり言う ノーマルじゃ 現行モデルに歯が立たない
それどころか 車はボロイ ガス臭い ハンドル重い ブレーキ効かない
近代の感覚では 乗るのがツライ コレは間違いナイです

だって 今の車 楽だモン スペックだって凄いし
誰でも操れるしネ~~簡単だもん

但し 大事なもの そう思ってるのは私だけかもしれないが
そいつが 無くなった・・・ 

誰でも簡単には乗れないが コイツ(愛車)は俺が一番良く判ってる
コイツはこんな癖や あんな癖があって 俺じゃないと駄目なんだよ
コイツと一体になれた時 俺にとっちゃ~最高の瞬間なんだよ!


想いを込めれば 化け物だって存在するし 今の現行車じゃ
絶対かなわない部分を一杯持っている ドライバーがドライバーである為に

私ぁ~ 仮にガレージに車を5台所有出来るとしたら
間違い無く コイツを選ぶ もち2ドア ハードトップ
Rじゃなくて L28改 3リッターのR仕様で
ソレ・タコ・デュアルでOKだ!

ソレックス


コイツは 私をドキドキさせてくれた 実はスカイライン嫌いの私

当時 私ぁ~ 30Z所有 ツルンでたアイツは 箱の2枚
腕もそうだが アレにはかなわなかった あとに乗らして貰ったんだが

4ドアには何度も乗ってたんだけど・・・え?って感じ
コイツ良いじゃん ははは 何 何 運転しやすい
全長4.3メータ 幅1.7メータ弱 車重 1,2トン弱
もち R仕様 でケッツ極太タイヤだったが

リアバーフェン


ツキの良いEgと運動性の良いホイールベース はは
あの伝説は ウソじゃないじゃん・・・

そーです AE86より 更に一回り以上コンパクト
そいつにL型6発改3リッタ~ など乗ってれば 遅い訳などねーのだ

直進安定性は 確かに劣るが 中低速の加速 運動性能は
腕のイイ ドライバーが乗れば 現行モデルなどに負けはせん!
ん~・・・負けられんのだ!

あの日から 何時かはコイツをって 想ってます

また 後に後輩が L28ターボ改をぶち込んで

最高~~!負けませんよ!その辺のヤツには~~! 

っと言っていたが 後日 自分に負けたのか 空に飛んでいった…

また ある雨の日 郊外をソコソコで走っていた
後方からなにやら えらい勢いのお車が来て
軽くブチ抜かれた 水しぶきで見たものは・・・

雨

並んだ瞬間見た いいオッちゃんが 半笑いをしてた…
きっと あの日の高橋国光にでもなった気分なんだろうと…

コクピット

私の中でのスカイライン伝説は レースやメディアやメーカーが起こした物ではなく
プライベーターやチューニング・SHOP そして 多くの
スカイラインに想いを込めた 全ての一般ユーザーが作り上げた物だと感じる

スカイライン最強伝説 それは メーカーをも苦しめる結果にも
なったと思う ショボイの出したら 旧型にやられるしネ~~

だって 街を走る あの中には 化け物じみた奴等が 昔から
想いとプライドを掛けて 今だウヨウヨしてる…

コーナー

下手に手を出したら 必ず噛み付かれる 

そんな 風貌を
デビューして40年以上経つアレは今だ放つ

40年以上の間 今も想いを込める 多くの方達が後を絶たない
それ程の魅力を放つ

後にも先にも国産車歴史上 箱スカ だけかもしれない
誰が何と言おうと コレほどヒストリーが在る車は無い

ソレックス・ウェーバー・SUツウィン タコ足
デュアル・ストレート いずれも コイツをチューンするに
不可欠 今だ最強を目指すヤツには RB搭載も居るし

Egを掛ける儀式から始まり あのクソ重いハンドルを握り
後方にぶっ飛ぶ排気音 車の原点はココに在る
ドライバーがドライバーとして 伝説とプライドを胸に噛み締め
スカイライン最強伝説は 消えはしない

車の歴史ヒストリーはユーザーが作るんだ
想いを受け止めた方達 想いを込めた方達がず~っと




そして 箱スカ コイツのイメージにピッタリだと思う
私だけの感覚だろうけど

多分 もう 今後 私ぁ 観れないだろう生ライブは

2009 東京ドーム 行けた方 うらやましぃぞ

既に還暦を向かえ 今だ輝き続ける スーパー・スター
矢沢永吉
世代を超えて 矢沢ヒストリーが在る
好き嫌いなど どーでもイイ事

コレが 事実だ 





輝き続けるもの 世代を超えて  コレぞ Rock Show!

ワイルドでヤバクて 誰もが 簡単では手に入らない 熱い思い

本物にはソレがある

しょぼくれた想いじゃ ノリ(乗り)切れません
もちろん楽しめませんって! 



それは 走るカスタム系の どのジャンルにも 言えてると思うのだが



目糞鼻糞みたいなモンで ガタガタ言ってるよーじゃ
普通でいなさい!ノーマルで 常識って言われてるままでいなさいな!
1度きりの人生

せめて 心の中は

今も昔も 変わらない筈 思いの丈は

Roc’k’n Roll って ワイルドで暴力的で熱くなくちゃ

Happyになれませんな!


                        チャンチャン♪






 

 

スポンサーサイト

ORANGE
satoさん 

satoさんのブログに登場する車全て
当時の開発者・メーカー達が 想いを込めて作られた
車達で satoさん含めオーナーさんが 更に想いを込め
楽しんでいる カー・ライフスタイル 素敵です

車は走るモノ 本質はそう言う物
それに ありったけの想いを込めれば 例えば
それは宝石にも等しいモノに変わるんです

お体に気を付けて 頑張って下さい
satoさんは 今の日本の車事情にとって
大変 大事な方ですので はははv-91
2010.03.20 20:48
sato
あは、いいですね~

やはり、ハコスカは旧車の代表ですからね(笑)
2010.03.19 21:33
orange
おー久です きどっち!

71も今だ走ってるネ~~
車のヒストリーって ある意味 ユーザーが作って
来たんだと思う そうだよなぁ~POPでHOTに
楽しいモンなんだよ日常的に ライフスタイルなんだよネ
今も昔も変わっちゃいないと思います カタチや思いは変わったけど

あそこにワックス…やっぱ あそこはローションだって あそこ なら…
2010.03.08 21:09
きどっち
自分の青春は71のハイソカー時代で(笑)

箱スカは乗ったことありませんが、シルバー色でリヤフェンダーのラインが大好きです

あそこにワックス掛けしたい^^

2010.03.08 20:38
ORANGE
がははは そう ノーマルじゃ しのびない…アノ頃

だからこそ それを自覚して 自分の愛車 誰がなんと言おうと
好みに弄るんですよネ! 想いを込めてさ!

カスタムってのは そこが始り 目糞鼻糞なこと言ってちゃ
なぁ~んにも変わりゃ~しねーって 想いが強ければなおさらだ
追い求めれば 解かる筈なんだが

何時から こーなっちゃたんだろう・・・今の風潮
本当に楽しいのかねぇ? そんな奴等…
 
ははは そう 判ってマス 求めるモノが違うんでしょう 今は
2010.03.08 19:53
ぐんちゃん
元ハコスカ乗りなんで、機会があればまた購入しようと思います。!

得意のエンジン載せ替え!?なんかで自分流に仕上げる楽しみがある車ですよね~♪

そのままじゃ~しのびない車ですもん。。(笑)
2010.03.08 19:39
ORANGE
noriさん

キャブ車は めんどくせーです Eg掛ける儀式がありまして
スグには走っちゃくれないし… アクセル・ワークもめんどくせー
でも ドライビングはサイコー 何もかもダイレクトで
自分が運転しなくちゃ走らないですな 楽しいけど疲れます

ハコの2枚 真横から見るとドキドキします 特にCピラー辺りが
何か良いんです!6発だぜ~って感じのロングノーズもGood!
2010.03.08 19:28
nori
やっぱキャブ車がいいですね…
でも実用的にも家族的にも俺には許されないのでキャブはバイクだけで我慢します
うちの嫁は普通の現代のオートマしか乗れないっていうんですもん_| ̄|○

年代的に実は箱スカ見たことはあっても運転したことはありません
俺の昔のスポーツカーのイメージ…足が届かないwww
2010.03.08 16:48

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shoporange.blog18.fc2.com/tb.php/224-440cf281
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。