スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの日曜日 ぱ~と ツー

.16 2010 車暦と気になる車達 comment(4) trackback(0)
つづき・・・

カフェ・ハリウス

そんなかんだで ご到着 カフェ・ハリウス~~~

英国な雰囲気タップリな この空間 お店は まさに情緒豊かな
眺めと 内装  I田君 夫婦も 気に入ってました

カフェ・ハリウス英国車

お店の 外には 

車好きで ロマンを求めた方なら 必ず通る道の一つ

オールド・クラッシックが並んでいる もち 販売兼ねてネ

私も ず~と昔は 車好きだった 私の中の車好きな人とは
必ず 欧米自動車文化を知る人 だと想う 好き嫌い関係なく

車を好きであれば 必然的に辿り着くはず そのルーツに・・・



そう 知識は その世界を広げるし 選択の幅を豊かにも出来る
そして 困った時悩んだ時の助けにもなる
知っているのと 知らないでいるのは 大きな違いがある
ただ好きと 本当に好きの違いも在るが ソレを怠ると

実は  ただ それだけが好きって話になってる事が多々あり
話を聞いていると ??? なる事が多い 
それしか知らない為 見解が狭いのだ

色々な中で 自分が選択して コレが好きってな話なら判るし伝わるが

それって 車好きとは 違うんじゃなぁ~い って事に
それは 何なにが 好きってだけで 車じゃ ないじゃん・・・
確かに車は登場するんだけど・・・

まぁ 言葉は言いよう 人の想いも色々あるし 
楽しみ方も沢山あるが チョッとそれ
車好きって話にはなってナイじゃんって 

私ぁ~別に そう思うだけで

どーだってイインだけどさー

 話は戻って






そうです 当時の日本 バッタンコ!バッタンコ!しか 走れない車
庶民にすれば 自転車・バイク・馬車等
そして人々は 馬のクソを踏みつけて 足が速くなった!なぞ言ってた頃
チョッと言いすぎかァ? 


アチラでは 既に ドラッグレースからツーリング・カー
ラリー クロカン カスタム・カー チューニング
など色々 既に文化としてあった 

自動車文化の先進国である

この差は 今でも埋まってはイナイ 人と車 そしてカー・ライフスタイルは
絶対に縮まらないのではないでしょうか 余りにも 幼稚な日本自動車文化

進化したのは 快適性・装備・耐久性・スペック等 万人向けの 大衆性だけ・・・
便利な乗り物としては とーっても進化したようです 
もの凄い技術の進歩でココまで来た

それはそれで とっても素敵な事なんですが 何かが足りない
車として 人が運転するモノとしての 何かが
 
ソレを真似てきた部分 本質的な何かが 欠けてきて
オカシナ話に変化してたり認識してきたのかかも

また それに輪をかけ 嘘っぱちのエコロジーなどが混ざってきて
そりゃ~ もう 大変 そう 車にロマンを求める方達にとっては
???となるのも うなずける そんな考えは 時代遅れなのかもしれないがネ

営利・大衆ウケ そう 消費者 ユーザーなる方達が支持する限り
何時までもそれが 正しいのかもしれない

そんなかんだで 私も30歳過ぎ頃 その後 日本の車文化などに幻滅し
各メーカー・メディアの発表する車達や記事 日本独特の流行等に
うんざりして車好きの情熱は冷め 

今じゃ 只のタイヤ屋さんとなった

欧米で作られた 車達には 世界中の車好きに愛され 古いモノでも
いまだに愛される車達が多々あるのだが 

国産じゃ 極一部の車種だけだしなァ・・・世界相手じゃ 無理もないか
しょーがねーなァ・・・

ジャガーコクピット

そんな中 今も昔も 心の底に在る 
ある想いを 甦らせてくれるであろう また 確認したくて
この場所へ どーしても行って見たかった てな 話である・・・

まぁ そんな 私的な事は 再び どーでも良く





ココのパスタは 絶品でした 私ぁ~半年位 パスタとピザトーストを
夕飯に喰い続けているモンで たまに人の作ったものを食べると
ほっぺたが落ちる思いです ははは 久しぶりに聞いたなぁ~この言葉・・・

ちなみに I田君 夫婦も同じ意見でした!

マスターと従業員も とってもイイ感じで ある意味ナチュラル!
私の中では ココのマスター? 社長は 想ってた通りの方

なんか 少ない言葉のやり取りの中で 結構私 素っ頓狂な事言ってたような・・・
全ての答えが 彼から出てくる様で それが実に 的を得ていて
納得してしまう 素敵なプロフェッサー

ココに来る お客様達は 家族連れから登山客 また 車に想いを込めた方など
多種多様で この 英国調でオシャレな空間が 人を引き付けてるようだ

そして 彼の情熱 本気のモノには本気で答える
全然 そんな風に 見せない風貌が 何故かジェントルで

あ 私 全てがライフ・ワークですから なぁ~んて聞こえてきそうで


そう  想いが強ければ ソレは無敵さ~って 誰かが言ってた

その言葉 思い出した 挫折・悩み・想い 全てを繰り返し
辿り着く 自分だけのスタイル 全ては自然のまま 全ては必然なんだよ
全ての答えなんて 自分の中にあるんだよ~~ ただ 後押しされたいだけさ
なぁ~んて 言われた様で ココに来て良かった

そんな感じで 後は 情熱を燃やす燃料が 何時 注入されるかだけ 
私の中にある想いの答えは出たようだ



ちなみに 会社の相方 西Pーも ココの先 小樽に この日は居た

花の展覧会

彼女のお供で 花の展示会らしぃ・・・ コッチは
モロ じゃぱにーず

おばちゃん ばーさん ばっかでしたよ~と 後に語る

しかし コンクール作品を見れば コレまた
結構イカシテいるんです! 私ぁ~ 嫌いじゃないぞ

作品2

作品3

午後4時ごろ 西P-にメール

まだ居るから 来るかぁ~~と 

もうチョッとしたら出れマース と返信

そう ココのコーヒーも絶品らしく 私とI田君奥さんと
西P-カップルが来たら ホットドックと一緒に頼もうとしてましたが

待てど暮らせど やって来ない・・・

ジャガー エンジン

ジャグァーEタイプの 12気筒エンジンの様に スマートで シルキーじゃないな
西P-は きっと トラブッってんだな アイツ・・・


カフェ・ハリウス2台


夕飯の仕度も在る為 I田君 夫婦は ご帰還願いをしてきた

そーだね まぁ また来ればいいか 帰りましょう 帰りましょう♪

そして 約2時間の道のり 再び 原始的な キャブ・サウンドを響かせ
チョッと空いてきた R337を 気分良く 走り出した





ご機嫌な 気分で 気持ちイイ速度で 走っていて思った

I田君の 奥様がうらやましぃ・・・ はたから見れば
クソボロイ コノ車達 ましてや彼のベレGは フロント・エンジン 
ガソリン臭さは モロ室内へ ハイオク仕様で燃費も良くは無い
オマケニ 下げた車高で 乗り心地も 決して良くない
トドメは爆音だし

しかし 同じ時間と瞬間を 彼と共用してくれるパートナー
しかも楽しげに 文句も言わず イイ関係だぞなァ~ 

そんな事考えながら ケツを走っていると

何時か そう もうチョッと歳をとったら アレを買おう
昔から描いている あのシーンを アイツと2人で

20090718161736b9f[1]

秋の紅葉の中を フル・オープンで

私  寒くないかい・・・

嫁 寒くなんか無いわよ あなた

私 もう少しすれば 飛び切り美味しいコーヒーが飲める
   暖かいコーヒーを飲ませてあげよう


なァ~んて 妄想してたら 江別市内 やってくれました
裏道抜けて さっさと江別・恵庭線に出ようとしてたら
     
時速20キロ以下で フラフラ走る LC-80 10インチUPハイリフト

なんじゃ アノ足は・・・今時 しかも オールじゃん・・・
よく判らん コンセプトの車だ 何でも良いから 居なくなってお願い

我慢できずに ウインカー上げ わき道にそれる私なのだが
イジメの様に 後だしウインカーで 同じ方向へやってくる・・・

とうとう カブリ出し コンビニ駐車場へ避難・・・

はァ~ コッチの車もどうかと思うが アレもねーだろ フラフラと

変な妄想してたから 焼きもち焼きやがったかコイツ(ビートル)・・・
まったく 罰当たったぜ それとも 嫁の祟り

アイツは 絶対 こんなシーンする訳ねーもんなァ
コイツにだって 二度と乗っちゃくれんのに・・・

しょせん ロマンだなんだかんだ言ったって 興味の無いヤツには
こんなもん ヘンタイ オ○ニー妄想で気持ち悪い話だぞなーーと

現実に 戻されたのだった・・・



ちなみに 西ピーも ある意味 同じ感じで走っていた

寝ている彼女



必死に家路を急ぐ LC60君の エンジン音 何時も彼女は
心地良いのか ぐっすり眠る・・・

今回は やけに姿勢がイイ寝方じゃん と 私ァ~笑っていたが

行きも帰りも ぐっすりでス コイツに乗ると 何時も・・・
乗ってくれて文句も言わないんですけど 会話が・・・無い



そ  そうだな・・・



楽しいのは 人それぞれ違うのだが 何かなァ・・・


小さなドラマが逢って やっぱ 面白くて良いじゃん

便利で楽な車も良いけど なァ~んにも起きなきゃ詰まらんしなァ
コレはコレで イインだよ 普通に走ってて 楽しいじゃんか




                        チャンチャン♪



スポンサーサイト

小さいおじさん
satoさん

ははは 雰囲気変えました
相方西P-君と話 うちはタイヤ屋 そして
車は日常的に楽しくなくちゃ駄目ってな事になり
お客様も 基本 日常中心ですもん

これからは日常的な話中心で行きます・・・

そうなれば おのずと現行モデルの話は少なくなるでしょう
快適楽チンフル装備な車 悪くは無いんですが 
どんなに 想いを込めても ドラマが何も起きない 便利だもん

私等 ポンコツ2台は 只走るだけで 小さなドラマは日常的に
起きては欲しくないのだが 多々起こる まぁーコレも楽しい
基本 車は人が動かすもの 

2010.06.23 09:55
sato
なんか、雰囲気変わって、記事の内容まで変わりましたね~(笑)

いい感じですね~

頑張ってください!!
2010.06.22 23:35
小さいおじさん
うらちゃん

西P-の彼女は お花を数年やっていて
今回は 先生の御用達も兼ね 行ってたそうです。

アレは 私 イメージ変わりました 昔、親戚のオバちゃん華道の
先生だった頃のイメージしかなく 今 完全にアートじゃないですか!

素敵です 
2010.06.18 10:10
うらちゃん
だは、小樽の池坊の展覧会行ってきたんだ~
オイラは、良く母親に連れだされてます~

今回、ここの手伝いだったらしい
あれって、単純そうに見えるが、カナリ難しいんですよ~
2010.06.17 21:29

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shoporange.blog18.fc2.com/tb.php/240-823df926
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。