スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bug Ride Party 2011 未来も過去も・・・

.08 2011 イベント・競技 comment(2) trackback(0)
しんちゃんバグ2

バグライド後編

先方に現る オレンジのカブリBUGは 同級生しんちゃん奥さんのクルマ


後に送られてくる この日のDVD撮影・製作担当だ

昨年届いたDVDは それはそれは 最高の出来だった
人とクルマの関係 そして 家族 カップルの表情など
思わず涙した位 センスがイインだ!カットがメチャ良いんだよなぁ


後部座席に乗っかり 後方から1台1台撮影してくる しんちゃん夫妻

天候の回復により そのオープン・エアーは格別な絵を送ってくれた

ドライバーは嫁 風を浴び その爽快感で 後ろの旦那を忘れて
アクセルを満開に踏み 全てをぶち抜けば しんちゃんはアスファルトと仲良くなる

後に旦那が居ない事になってた 悲しみに暮れる嫁 

なぁ~んて 不埒な妄想を していた


しんちゃんバグ

それほど オープン エアーの開放感は この時最高なシーン
映し出していたんだ おかしな例えなんだけども・・・

まぁ 第二休憩時点に着けば その妄想もまんざらウソじゃない
なんたって 全台ぶち抜いて 撮影してたもん Egから煙が・・・

しんちゃん 第1回目は出発前 Egから火を噴いたらしい
今回は 煙 皆で 火じゃないから 大丈夫だ! と言われていたのが
道中 毎年何か起きる 楽しさでもある・・・のか?


現地到着晴れ

現地到着寸前 スコールにやられましたが 皆さん無事到着

なんか道中楽しかった 次々に天候が変わる
霧雨 曇り 雨 晴れ 全てを満喫 コノ変化は
走ってる感 満載な感じだったんだ

思い思いの空冷軍団 そりゃ~絵になるってもんだ
札幌 北見 旭川 地元 函館のTYPE-3なんて
アレ 良かった モール・レスで白 何故か嫁も アレ気に入っていた

ちなみに コノ時点で 自分のデジカメ命の炎が事切れてしまった

しんちゃんに撮影頼まれた 後の話だった・・・

ココの画像は全て 西P-画像です


現地到着T-2

水溜りの画

鏡の様に 水溜りから見える 顔は なんかイイ表情だ


その頃 メインMCの佐々木君

佐々木君


バケツを引っ張り出し 洗い出す 毎回見る絵だ
愛する愛車を 何時でも  大事な事だ






秋味

ん~ 秋の気配がスグそこに  って 私ぁ~コノ後

ピッカリ太陽さんが出てきて 年々薄くなる頭に日差しを浴び
やられていた 日射病か 頭が痛い・・・ほとんど ボーとしていた

来年は 帽子かカツラが必要じゃねーのか・・・



佐々木君2

一通り見回って 戻って来ても 佐々木君 ひたすら洗っている
佐藤君夫妻 見守る中 後ろで声が


もーイイだろう 次 俺の!

隣にある オーバルの ホコさんの声

今回は エロい 黒ブラを装着していました!

そしてビックリ 奥方が一緒だった様で・・・
コレには 後に 悪友と 

イヤ~ホコさん またナンパして来たともったら奥さんだった
余計な事 言わんで良かったなぁ~~
 


と まぁ ホコさんのキャラ 仕方が無い 不良オヤジ代表ですもん・・・




タイヨウ

娘達

王様

本日のプリンス・プリンセス達は どんなメモリアルを持つのか

未来は君達のものだ  大人達は 伝えなくちゃ駄目なんだ


恒例のBBQ

恒例のBBQが始まる 15分おきに天候が変わる中
そりゃ~楽しい時間だ

真ん中のお父さんは 親鳥の様に焼けた小さめの肉を運ぶ

言葉のまだしゃべれない プリンスは あ~~ う~~~
催促の声を発する



子供達の遊ぶ姿を見ながら 思い出す

幼き頃 オヤジの車で 助手席に乗り 何処へ行ったのかも
何をしたかも忘れたが 忘れない事がある

フロントウィンドーに 雨が激しく当たり ワイパーが
もの凄いスピードで動いていた 窓は曇り
手でぬぐえば 外の景色は 雨とスピードで溶けている様だった


幼き日の メモリーは しっかり車と言うものを感じていた

何をしに行ったのかも 何処に行ったのかも忘れた
しかも幾つの頃かも忘れた ただ 走るクルマだけは覚えている

空冷の 茶色いホンダH1300

きっと アノ頃の車だったのが 脳のメモリーに
強烈にインプットされたんだと思う


近年の 居間の様な乗り物では 感じるわけが無い
道や道中の景色など 気温 匂いでさえ 感じるわけが無い

家より便利な機能が付いてる空間に クルマなど感じない

暑ければエアコン 暇つぶしにTVにDVD 空気清浄機に
フッカフカのシート 静粛性の室内 ほとんど家だ

現地に到着して クルマを降りてから気が付くのだろうココが何処かを

そこへたどり着く道中のドラマはナシだ


近年の若者の車離れ これ ある意味当たり前

そんなモンで 育っちまったら分る訳ねーし

便利で快適 そりゃ~悪い話じゃないさ

でも それだけじゃない筈 クルマの楽しさ




雨は上がった


この日 ここに集まった 方達は それをよ~~く知っている

子供もオヤジもカーちゃんも ネーちゃんも 皆 笑顔

人とクルマがもたらす 大事な時間 

もちろんコイツラだって知ている筈

今日の江藤家


何時も会う この二匹だって 分っている 豊かな心とは






20数年ぶり


帰りの道中 何気に気が付いた思いを 嫁に言った

20数年前も こうして コノ道 よく2人で走っていたよなぁ

道路も綺麗になっちまって 俺達 姿 形も チョッと変わっちまったけど

変わらない時間だって あるんだなぁ・・・



嫁は一言 ナニ気持ち悪い事言ってんだ バーカ!






                              チャンチャン♪




年に1度の このイベント  悪友は イカシタ時間や
目に見えない カッコ良さを ぶつけて来る

昔から ヤツの想い描く 全ての事は 何故か 忘れた想いを 現実化させる

そして 感じさせてくれるのだ

腹立つほど 素敵な感覚 時間を 何時も与えてくれる

いつも 感謝してるぞ 集まる仲間達にも・・・







スポンサーサイト

小さいおじさん
二代目さん

いつもアリガトウございます。

歳をとったのか クルマと人の関係を見つめ直す

クルマのもつ楽しみ方は人それぞれ ソレでイイ
しかし 家族の同意が無ければ なかなか上手く行かないオヤジ

諦めちゃったヤツも居れば 無視して自己満足でやってる奴もいる

ここに集まる ヤツ等は 思い思いにカスタムメイドされ
そりゃー簡単 安く などいかないものだ 趣味性も強いし

しかし 嫁の笑顔 子供の笑顔 それを見りゃ答えは出る
年に一度 そこに幸せな時間がある 答えはソコにある

子供達に 伝える 車が持つ楽しさ これはきっと
幼き心の何処かに メモリーとして残されるでしょう

この古き良きBug達は イイ味出している
ノーマルだって カスタムメイドだって

オヤジのクルマに対する想いは 家族に伝わっている筈さ

2011.09.09 06:02
二代目
なんとも羨ましいイベントですね~
DVD観てみたい!

ご友人のセンスと人柄もあるから、このイベントは
素晴らしいんでしょうね~

ただ集まって車自慢のイベントでは無い
一体感と共有感が伝わってきます。

プラス、おじさんのナレーションが最高にツボです。
最後の夫婦の会話もね(笑)

BUGの魅力にハマってしまいそうな予感・・・
非常に困るなぁ~^^;
2011.09.08 23:13

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shoporange.blog18.fc2.com/tb.php/311-91c68c2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。