スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いゴミが・・・思い出と共に

.15 2012 音楽とカーライフ comment(2) trackback(0)
んまぁ~~ またしても 雪か・・・

帰る時間が  あらまー やーめた

白いゴミが降りしきる 週末となれば このクソッタレが降るんだ

やっぱ こんなもん 喜ぶのは 犬とガキだけだ 多くの意味を含め



交差点


交差点付近で お祭り騒ぎをしているのは?



乗っかり


その車高じゃ 乗越えれないぞな 判ってるさ

白いゴミのせいさ・・・



こんな日は



アイドル


気持ちの回転数も アイドルから 上がらん



まったく 早く終わってくれ この季節



夕焼け番


時折見れる 夕焼け



夕焼け番2


太陽さん こんな季節でも どーせ異常気象だと騒がれてるんだから


本気の魂 焦がしておくれよ 焼き尽くしておくれよ・・・白いゴミ


来週末 22~23日 は お店お休みします

毎年恒例の 全グループ会議集会の為 あしからず・・・

















最近 耳にした 懐かしい曲 コイツは 15~16才頃の思い出の曲

あま~いバラード  こんな気分になった あの日を思い出す




音楽は素敵だ 懐かしい歌は 思い出を鮮明に蘇らせるし

ノリの良いビートは 気分を高揚させる 嫌な事だって吹っ飛ばせるし

心を打つ ソウルフルなイイ音楽は 今も 当時の喜怒哀楽を豊かにする

最高なモノだ





その時の彼女  当時の自分には ドンピシャに 気が合ってた

自分が彼女にかける キツメのジョークなど 返し方が これ またセンス良く返ってきたり

彼女とのやり取りは とても気分がイイ 素敵な感じにさせ

お~ そー来るか って感じで 一緒に居る時間が すごく楽しかった





いつもデートの時 何故か 彼女の友達が居た そいつに言わせると

まるで 二人の会話は 漫才だ と よく笑っていた

例えで言えば 男女7人ほにゃらら物語の

さんまさんとしのぶさん の様な 会話だったらしぃ


そのお友達 あまりにも 何時も 二人のお邪魔虫だったので 

彼女が 怒ったらしい 二人にさせろ 

そんな話 後から聞いたほど 二人のお邪魔虫だった

 

私も 後に聞いた事がある なんで何時も オマエが居たんだ?

お友達 曰く  あんた等の会話が もう 楽しくて面白くて一緒に居たかった 


何か オマエさみしいんだろう ツレが俺と一緒じゃ 一人になっちまうもんなぁ


判らん訳でもないが たまには二人にさせてくれよなぁ と心でつぶやく





PUB.jpg


そんなかんだで そろそろ二人きりの時間を 確かめ合おうぜ と


馴染みのPUBへ 出かけた そう お互い その時が来た と

思っていたんだろうなぁ


まぁ 馴染みの店 ソコには 馴染みの奴等が居る 忘れてた・・・


ほ~~アイツ 珍しく女の子と二人じゃん って感じで


飲み仲間 準看護婦軍団が チャチャを入れてくるのだった


まあー ネーさん格の 確かRU-ちゃんが気を利かせ

二人きりにさせてくれたんだよなぁ





今も おぼろげに覚えている  あのシーン その瞬間

その時間 後にも先にも この時だけ こんな歌の様な気分になったのは

今までの人生で この時だけだな

あんなに甘い気持ち 二人だけの時間

潤んだ 彼女の瞳だけは 今も 覚えてる 目だけは・・・




そんでもって この思い出には ちゃ~んとオチ?見たいなモンがあり

ご機嫌になった 彼女と私ぁ~ ペースも上がり そりゃー楽しい酒で


気分は 最高潮  一息入れるかと お互いトイレへ立つ と・・・

彼女 一向に 戻って来ない  アレ?? うんこ?



心配になった私ぁ~ 馬鹿騒ぎしてる 馴染みの準看連中に

トイレに見に行ってもらった


彼女 余りにも ハイな気分になりすぎて Oh~リバース状態

ヘベレケ ヨッパライ ヨロシク


その後は 大騒ぎ 水を飲ませ トイレに通い フラフラ ヨロヨロ

アルコールを少しでも 体外摘出

仕舞には 準看軍団に 怒られ 責められ 


あんた 一体どんだけ飲ませたんだ 馬鹿じゃないの! と


その日 チョッと落ち着いた頃合をみて 彼女をタクシーに乗せ帰した


その 数ヶ月後 彼女とはプラトニックな関係のまま終焉


今思えば あんなに気が合うヤツも 居ないんじゃないか と

楽しい会話と時間 ん~ そう 思い出は 美しいままで それでイイ


あいつは 今どうしてる なんて

野暮な事は想像しても良いモンではない あの日 あの時だけの事だ

過ぎたことは 美しい思い出のままでそっとしておくのが一番だ

思い出は 妄想の一部と化して 過剰に美化されて

だから 美しいのだ 



しかしなんだ あんなに気の合うヤツだったのに

二人が別れた理由を なにげに考えた それが野暮って事なんだが

自分の中で 今思えば こう感じる

ティーンエイジャーの頃は皆さん 特に女の子恋に憧れをしているんだろうなぁ 


自分を通して その思いを映している


憧れのシーン 想像 見たいなモノを その時の恋愛を 自分を通して映している様で

そうそう こんな感じで とか そして あなたは こーする とか


そーじゃないのかもしれないんだが 本当の 俺を見てない そんな気分に

させる事が 多々 あったんだ



例えば 結婚 そう 結婚って言葉に憧れ 結婚したとする

思ってたものと 違う事が起きると

こんなんじゃない て感じで 想像と違う 憧れてたのと違うって感じで

ぶー垂れだす ヤツも そんな感じだろう

 

相手を受け止めて 今その時を感じてるとは違うんだなぁ 


憧れを そいつを通して 描写しているような 疑似体験の様な


そんな感じに 思えて 別れてしまった


自分は ありのまま その時間と 相手を感じていたかったんだが

向こうは そんな感じだったんじゃねーのかなぁと



人はめんどくせーんだよな そんなの何度か繰り返し

何時しか 納まるべき所に納まる はたまた 再びさまよいだすのだろうなぁ

真っ直ぐ相手と 向き合えて そいつが 自分にとって

良いのか悪いのか 合うのか合わないのか 自然な感じで

心が答えを出すんだろうなぁ




クルマも 同じ様な感じだ 色んなモノと出合った数の中から

ピッタリなモノに何時しか出会う コイツだ と




一つの事だけに囚われると それは やって来ない

コダワリや憧れは 大事な事なのだが 多くを知らなくては無意味

比べる事が出来ない そいつが 本当に良いのか? と



自分にとって 本当の気持ちを もって 感じていれば


何時しか 素敵な出会いが やってくるハズなんだ


 最良なモノに




                         チャンチャン ♪




スポンサーサイト

小さいおじさん
ベルさん

恋愛はイイね~ 情熱とトキメキ

まぁ 歳くってくると めんどくせーとなる

尚更 思い出は美しくなっていく それでイイ

その時を 精一杯感じていたんだから

ダラダラと冷めた時間を繰り返しても 何も残らんしネ

2012.12.24 20:05
ベルボトム
いい恋ですね。。
ゲロゲローは驚きですね。うんことどっちがショックかな。

思うに憧れ、情熱は結婚とともに刺激がなくなり。
あとは家族としてしかないなあ(笑)
恋をしたり恋愛中の時が一番いいのかも。
現実は子供の世話、仕事に追われ。
おむつうー!!早くねなさい!など。。子供の世話に追われ。。
恋愛時期が一番たのしく、いいのかもですね。
現実は本当に現実なわけで。。。

常に情熱をもとめる人はアメリカだと結婚して1~2年で離婚のくりかえし、結婚4~5回してる人などおおいですよ(笑)
そういう人はたぶん、家庭、家族、慣れがいやなんでしょうね
常にあたらしい恋をしたい人がアメリカ人は多いみたいです(笑)あたしはいいやー。。。もうめんどくさいから。
2012.12.21 14:20

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shoporange.blog18.fc2.com/tb.php/368-d9e56dab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。