スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAXXIS Creepy Crawler M8090 650・700について

.13 2008 ジムニーパーツ comment(8) trackback(0)
最近 やたらと 問い合わせが多く・・・

このタイヤの性質 コンセプト 使い方 などが
間違った 感覚で聞いてくる・・・特に 何も知らない業者

タイヤを販売しているハズなのに タイヤの知識は・・・無い方
とても多く・・・ 何も知らないユーザーさんは そこで買う・・・
そして 間違ったインプレッションが伝わり その商品の
本当の良さが 失われていく・・・

はい このクリーピークローラー 650・700サイズ
MAXXIS社がラインナップにあった M8090を
わざわざ 日本のクロカン ジムニー ユーザーの為に
作ってくれた 特別なタイヤです。 

コンセプトは クロカン・モーグルで最強なタイヤ
走破性を追及し トラブル無く 帰って来れる性能で
競技性とか町乗り静粛性等は 2の次 コテコテの
クロカン系タイヤが目的でした 本来持つ モデルM8090の
耐久性を十分に利用し タフネスな強度を武器にバイアス・タイヤを
そのまま継承し デザインを変更したんだが・・・

650-16-2.jpg


それに 決して ロッククローリングには向かない このタイヤじゃ
コンパウンドと剛性が 国内車輌のトルク特性では無理!  しかし
間違いなく クロカン走破性には向いているハズです。

またサイドウォールにあるM字型のブロックが サイドを
障害物から守るだけではなく地面に引っかかる程のグリップがある

側面ブロック


林道・廃道・泥での枝・石などタイヤが回転していれば ブロックに引っかかり
見事に 弾いてくれる そして このタイヤの一番美味しい使い方は
その鋭角な彫刻で切った様なトレッドパターンにあります

700のショルダー


この角を路面に引っ掛けながら 絶大なトラクションを生み出すように
走って行けばキャンバーだって簡単に登って行くんだが・・・
イマイチ ジムニーの足の構造が分らないのか 又はタイヤ構造が
理解できないのか 過剰にエアーを落として使う方が多い

そう・・・面圧を上げる話になるのだが・・・基本的に
ラジアル構造のタイヤでシナリを利用し 接地面を多角的に
効かそうと 今まではやって来たんだが

このタイヤ トレッドとサイドにブロックを持つ性質上
そんな事は必要(時と場合による)ないんだが
このタイヤ 面で走るんではなく サイドとショルダートレッドを
有効に使ってこそ その性能を得られるんです・・・

余りエアーを落とすと・・・

エアー抜きすぎ


見たとおり ショルダーが変形して 使えず 赤い斜線に向かって
タイヤが食い込んでエアー抜けを 起こします・・・
それは サイドのM字ブロックが サイド剛性を上げている為
リムとビード側に負荷が掛かるんですな・・・
リムガードを付けても ココに負荷が掛かり隙間に
泥や異物が詰まるんだなぁ~

それと ホーシングタイプの足の動きを クローリング中
特に地面とタイヤの接地場所を 観察してみよう
面でなんか 地面を捕えてないはずです

サイドブロックを使う


サイドブロックを使う2


使い方が 従来のタイヤとチョッと違うんだが 余りにも
考えて使ってないようですなぁ

一番の特徴は こんな使い方です

側面を引っ掛ける1


壁に若干 ハンドルを切って サイドウォールを擦り付ける様に
当てて・・・

乗り上げる2


ゆっくり回せば ほら 引っ掛かりながら登って行くんだ
この時 ハンドルを切り過ぎて 面で引っかいて行くと
トルクの細いジムニーじゃ チョッとキツイんだよなぁ
また 切ったまま登れても ハンドルを戻す事を考えないと
てっくり返ります・・・よく ユーザーさんで
何処でも 勝手に登って行くから コケた!! なぁ~んて

そんなタイヤ あるんなら くれ! 勝手に登る?そんな素敵なタイヤがあるんなら
私ぁ~ こんなもん 開発や図面なんか書かなくてよかったじゃんって・・・

そう 腕や特性を掴めない方にとっては このタイヤ
危険って 言われてますが  ただ単に コントロールが
出来なかっただけです 簡単に言えば ヘタクソだっただけ
言い訳ですな・・・はははは そんな話は鵜呑みにしちゃいけませんぞ!

私 思いますが どんなに良いパーツチューニングをしても
操るのは ドライバーです  そのドライバーがへタレだったら・・・
意味無いでしょう そんなヤツに限って 文句タラタラ言ってるのを
よく聞きます・・・ そう 私もその一人で 自覚してます はははは

この様に このクリーピークローラーは 単にタイヤとしてではなく
クロカンを楽しむ為の 一つの部品なんです
御分り頂けたでしょうか? 舗装道路での走行性がどーだとか
減りが早いだとか 煩いだとか 食いすぎるとか
色々 聞きますが そう あなたの言う事は間違ってはイマセン!!

そんなあなたが 求めてるタイヤじゃなかっただけです
ただ それだけでしょ! 間違っちゃったんですな アナタが

そんな方の為 今回はコンセプト・使い方・特性をUPしました。

あと バイアス構造のタイヤ特性は よく専門分野で調べておいてくだせー
特に タイヤ屋さんは タイヤ扱ってんだから 判ってるよね 欠点とかは
ラジアルとバイアス 構造も違うし 特性も 売れれば何でもイイのか?あ~ん!
文句ばっか 言ってる無知な方 恥じかきますよ・・・バーカって
訳も分らず 騒ぐんじゃねーって 知らない事は調べようね人間なんだから!



そんでもって 650と700の違いと そのコンセプト

比べて見ると 外形の差だけではアリマセン!

パターンのラインの違い


ブロックの大きさが まるで違うでしょう!

ココが問題で 650ユーザーと700ユーザーを考えて 分けました
まず 2インチUPで650ユーザーは その使い方に
車のチューニング度合いで この程度のブロックをチョイスしました
ロードクリアランス を そんなに求めない その仕様には
限られた不整地を 走行する仮定で決定? 実は・・・
ココには大きな 問題が 私の初期開発の中では
リムガード・ブロックの隙間ももっと取ってあったんだが・・・プロトタイプ
モデルが出来た時 私には送られてこなかった・・・そして
国内○A○○ISの代表が 勝手に決定してしまったらしく・・・
既に 改良の余地・時間は残されてなかったんです・・・

後に コレが元で 私ぁ~彼とメーカー交えて大喧嘩に発展したのは
ナイショです。はははは

まぁ このタイヤ ライトクロカン的な 要素を最大限引き出したモデルで
SJ-10~30から JB-23 まで 割と簡単な改良で履く事が出来るし
使い易さにも優れているんですが・・・そう あくまでも2インチUP程度と
想定して 作ったんですから 2インチ程度のクロカン走行です!

クロカン走行モーグル走行において そのリフト量 そう
カッコ良く言えば ライドハイトに制限がある これは
動かぬ事実 デフ下のクリアランスを上げたければ
おのずと 外形のデカイタイヤを入れるはず それしかないもん
そんな事で 650のその性能に文句を言ったって 私ぁ・・・
そう この2~3インチUPの方々の中には かなりの
ハイ・チューン度マシーンと怒ヘンタイが数多く居まして・・・
文句の雨霰をうけました はははは・・・・

コイツは 結局 ライトクロカン仕様ですから
これから 始めたい方やパワーのナイ方向けですから・・・・
650のブロック高さ


それにしても 細かいブロックだ事・・・でも とっても使いやすいし
通常の山仕様には十分対応してますよ そう きっと
文句の言うヤツは きっと 仕様や走りが・・・人として
ドライバーとして 逝っちゃってるんでしょう そーだ
そーに 決めた・・・・無視 無視です


続いて 700のモデルは  先に書いた経緯の中から
この図面は そう 一から 私・・・書かされた
忘れもしない 真っ白なFAXが送られてきて・・・・

勝手にブロックの寸法から隙間の幅まで書け!!
そーです 責任はオマエが取れよとでも 言いたげな
FAXでした・・・・ もちろん 神経の繊細な 私ぁ~
3日3晩 寝ないで あ~でもない こ~でもないと
考えながら コイツを・・・作った訳だが まったくこの後
こんな罰ゲームの様な 人生を歩むとは思いもしなかった・・・トホホ

700-650 kuri


基本的に4インチUP以上ベースに かなりワイドなクロカン
楽しめるよう その特性 ドライバーの満足度を 堪能させれたと
思ってますが・・・どーでしょう? ある本州のお仲間さんは
コレを使って かなりアクロバッティーな走りをしてたり
林道・廃道・スノーアタックが大好きな 怒ヘンタイさんには
満足してもらったようで・・・まぁ 競技重視の方には ソコソコの
評価な様で・・・

そう このMXXIS Creepy Crawler M8090
650・700 は 日本のジムニー乗り クロカン・モーグルユーザー
為 だけに作られた 特別なモデルなのです

そこらにある 安売り東南アジアのタイヤとは その差は歴然
そして 乗り手と使い手を選ぶ ダイナミックなタイヤなんですが
分って貰えたでしょうか? タイヤも一つの部品の一部という事が

それと 東南アジアのタイヤ なんでも 安いとかプアだとお考えの
頭の悪い連中に 一言 一部の種類を除いて 特殊なモデル
そのマーケットからの依頼で開発 輸出しています そう
本来気軽な タイヤではありません 価格も高くコストも高いです
だって その国には需要も無ければ車も走ってません
完璧な 特別モデルなんだよ 簡単には手に入らないもんなんですが
何でも一緒にしか考えれない方 もう一度見直して考えて見て
当たり前の事に気が付くでしょう 某国内メーカーの過大な宣伝の
MTモデルなんかは 言っちゃ悪いが そんなの履いて何処行くつもり?
知らないヤツは騙せても やはり解ってる趣味性の強い方は
履くわけないし そんなもん買わないし・・・もっと 普通に考えてほしぃなぁ
特に 業者さんは そんなとこから買ってるユーザーは なんか・・・
可哀相に思えてしょうがないのは 私だけではあるまい・・・前から
一度 言ってみたかった 専門店なら常に勉強だよネ  はい お終い!

まぁ 必要のない方には このモデル 必要がまるでなぁ~いです はい
それに ノーマルサイズ 作るわけ アリマセン!
ノーマルにこんなタイヤ 必要ある訳????どうなの?
MUDの走破性


どんなジャンルも 車は楽しくなくちゃネ 飾りじゃないもんネ
走る・曲がる・止まる・そして・・・コケル・・・・


それじゃ また・・・



スポンサーサイト

ORANGE
うらちゃん

タイヤインプレッション 協力ありがとう!
ほんじゃ 無くなる前に
1SET 抑えておきます
なんたって 入荷予定本数200本しか
入ってきません 既にB/Oが
50本を超えて かなりヤバイ・・・
もたもたしてると 間違いなく無くなります。

なんたて 北の国 昔から遅い
本州勢に持ってかれてから 始まる・・・
すでに もう無いって事がしょっちゅうです・・・
2008.04.16 22:41
うらちゃん
でた~変態一同さま~

でも、おいらはフェデラル次回狙いますから~

2008.04.16 22:25
ORANGE
じ さん

責任? あなた 国内で一番先に
購入した方が 何をおっしゃってます・・・

しかも 入荷が遅れてて 取り扱い店を
脅していた方が・・・はははは

ん~ 自然の恵みが 食べたい! 今度遊びに行きます?
って 行けそうにないなぁ~ ・・・
2008.04.16 12:31
こんなタイヤと出会ったばかりに
すっかり周囲からヘンタイ扱いされてます。

この責任は取っていただけるモノでしょうか?www


ちなみに、ジムニに履かそうとしてた冬タイヤ

すっかり出番がございません、、、汗)
2008.04.15 12:47
ORANGE
ぐんちゃん

はい クロカン系怒ヘンタイが好む
このタイヤ・・・ 間違って買っちゃう方も多く
その派手な外見は ファッションじゃないのも知らず
可哀相な方を見かけます・・・
ある意味 乗り手までも選ぶこの特性
クリーピーを使いこなすには それ相当の覚悟もテクも
要りますな・・・はははは 凡人には必要ないタイヤです!!
2008.04.14 22:19
ぐん
雨のアスファルト路面でドリフトが綺麗に決まるのも、このタイヤの魅力ですね!コントロールが容易です(笑)

offでもサイドウォール使いやすいし、今までで一番のタイヤです。



2008.04.14 19:40
ORANGE
菊ちゃん

だから ジムニー乗りは 怒ヘンタイが多い・・・
徹底的に 遊ぶ これだもの はははは

中途半端な輩が 誤報やインプレッションを
流し そんなもんに拘る そう 履いて試して
理解しない・・・・

あなたは 全国的に見ても 立派なヘンタイです
これから 例のマル秘Egで行くんですな・・・

Eg特性からして Federal タイヤが合いそう
但し 足の変更も視野に入れないと 踏めなさそうですな
235系は外形が かなり大きいです750並でしたゾ

それに今回は 生産が間に合わず 幻の数本となりそう・・・
2008.04.14 00:59
菊松
「違いのわからない男」のオイラは、
見た目も重要な性能だと思っています。

だから屋根を切り、不必要な場所まで縞板を張り、
ハミタイとかバーフェンとかボアアップとか全く気にしなくてよい白ナンバージムニーが大好きでして、、、
履いてるだけで普通の人に「なんだそれ?」って言われるクリーピーはやっぱイイです。

でも、フェデラルの安さには惹かれるなぁ・・・
2008.04.14 00:22

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shoporange.blog18.fc2.com/tb.php/50-b47c6531
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。